虹の両翼


ゲーム・アニメなどの情報日記ブログです。
by wing00nana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
お願い

【18禁】ギャルゲー・ブログ


PCゲームメーカー
*R-18

ALICE SOFT

light

みなとそふと

エウシュリー&エウクレイア

BISHOP

相互リンクサイト

faapoco

Caprice

萌えと燃えの日記。

猫耳と少女とメイド服。

FF13し~ねっと

Air the TOOL

アニゲーな日々

EBP

明鏡止水


期間限定応援枠

ユニオリズム・カルテットA3-DAYS


炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園
ライフログ
購入予定・注目ゲーム
お勧め書籍・アニメ
ライトノベル
購入・購入予定書籍

タグ:移籍 ( 153 ) タグの人気記事

海外サッカー移籍情報~スナイデル&ロッベン移籍決定~

・ B・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→R・マドリード、チェルシー?(報道ではFWロッベンのバイエルン移籍でレアルは来夏のリベリー獲得を内定させたと報じられたが、チェルシーはロッベンの加入を受けリベリー獲得に移籍金6500万ユーロを提示しているようだ。しかし最新報道ではペレス会長は未だに今夏のリベリー獲得を諦めておらず移籍金6000万ユーロを用意して最終交渉に臨む模様)
・ シャフタール・ドネツクのウクライナ代表DFドミトロ・チグリンスキー→バルセロナ?(同選手は欧州CL予備予選に出場した為、バルセロナ移籍は消滅したと思われたが、グアルディオラ監督が負傷がちなDFマルケスの代役として獲得を熱望しており今季の欧州CL登録は不可能でも長期的に考えて獲得を決断したようで既に両クラブ間は移籍金2500万ユーロで合意、チグリンスキー本人も大幅な減俸を受け入れ5年契約・年俸120万ユーロで合意した事を認めている。なお30日にもメディカルチェック予定)
・ マンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニー→契約延長?(同クラブはプレミア通算ゴール数を101としチームの中心選手となっている同選手との契約延長を検討しているようで現行契約では週給10.5万ポンドだがプレミア最高級のサラリーを提示する模様)
・ ラツィオのマケドニア代表FWゴラン・パンデフ→インテル、ゼニト・サンクトペテルブルク、ウェストハム?(同選手は移籍希望発言でロティート会長の逆鱗に触れ戦力外とされ、更に同会長の非難に対しパンデフの代理人が法的措置を示唆するなど両者の関係は冷え切っているが報道によればラツィオはウェストハムと移籍金500万ユーロで大筋合意したようだがゼニトやインテルも獲得に動いている模様)
・ ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表MFファン・ロマン・リケルメ→マンチェスター・C?(同選手にはFWロナウドとのコンビを夢見るコリンチャンスが獲得に動いてるがシティも興味を寄せているようで高額なサラリーを要求するリケルメに1700万ユーロを投じる用意がある模様)
・ トッテナムのイングランド代表MFジャーメイン・ジェナス→アストン・ビラ?(同クラブのオニール監督は以前から同選手に興味を寄せているが交渉が停滞している為、一気に移籍金1200万ポンドを提示して獲得を決めたいようでトッテナムもMFパーカー(ウェストハム)獲得次第で放出に応じる模様)
・ サンパウロのブラジル代表DFミランダ、ボカ・ジュニアーズのアルゼンチン代表DFエセキエル・ムニョス→フィオレンティーナ?(同クラブはDFシルベストリの加入で今夏の補強を終えたが既に今冬の補強を計画し始めておりプランデッリ監督はミランダ獲得を熱望しておりサンパウロの設定する移籍金1500万ユーロではなく800万ユーロで獲得を決めたいようだ。また現在負傷中のムニョスも今冬の獲得を目指す模様)
・ バレンシアのスペイン代表FWファン・マヌエル・マタ→バルセロナ?(同クラブは依然として同選手への興味を失っておらず、頑なに放出を拒否しているバレンシアも経営状態が一向に改善していない事からも放出せざる得ないと報じられている)
・ シャフタール・ドネツクのクロアチア代表MFダリオ・スルナ→A・マドリード?(同選手の代理人によればアトレティコからの興味を認め、スルナ本人はシャフタールで満足しながらも欧州CLで戦えるアトレティコ移籍に興味を抱いている事を明かした。なお移籍金2000万ユーロと見積もられている)
・ ブレーメンのドイツ代表MFメスト・エジル→?(ブレーメンは退団したMFヂエゴの後継者としてドイツ期待の逸材であるエジルに大きな期待を寄せているが、一方でエジルにはアーセナル、シティなども興味を寄せておりブレーメンは現行2011年からの更なる契約延長を希望しているがエジル本人は契約延長を拒否した模様)
・ チェルシーのイングランド代表MFジョー・コール→トッテナム?(同クラブは以前から同選手に興味を寄せているがコール本人は一貫してチェルシー残留を主張しているようで、トッテナムは同選手が負傷中なうえ、来季は激しいポジション争いを強いられる事を見据え移籍金1100万ポンドで再度獲得に向かう模様)
・ フラメンゴのブラジル代表FWアドリアーノ→?(同選手は依然として素行に問題があるものの徐々に復調してきており、アドリアーノ本人も成熟したと語り来年のW杯後にも興味深いオファーがあれば欧州復帰する意向を語っている)
・ アーセナルのスペイン代表MFセスク・ファブレガス→契約延長?(同選手は来夏のバルセロナ移籍合意が報じられ、それについてはヴェンゲル監督が一蹴したもののクラブは来夏の引き抜き阻止に向け契約延長の準備を開始した模様)
・ トッテナムのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ→マンチェスター・U?(同選手は今季はチームの中心選手として大活躍を見せており、ファーガソン監督も開幕戦のリバプール戦でのモドリッチの活躍を絶賛したようで金銭+元トッテナムのMFキャリックという条件で獲得に動く模様。なおモドリッチ本人は残留を強調)
・ ブレーメンのブラジル代表DFナウド→契約延長?(同選手は今夏、フィオレンティーナ、マルセイユ移籍が噂されていたがブレーメンの要求する移籍金の前に獲得を断念しており、ナウド本人も残留となった事で契約延長に応じる意向で現行の2012年から1年間契約を延長して契約条件等も見直される模様)
・ R・マドリードのスペインU-21代表DFミゲル・トーレス→A・マドリード、ヘタフェ?(同選手は既にペジェグリーニ監督の構想外となっておりレアル側も買い戻しオプション付の条件で放出を容認する方針でトーレスは既にサラゴサ移籍を拒否しているがアトレティコ移籍が濃厚となっている模様。また土壇場に来てレアルと友好関係にあるヘタフェも獲得に動き始めた模様)
・ バレンシアのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ→シュツットガルト?(同選手は先日、エバートン移籍が合意したと見られていたがバレンシアが否定し、今回はシュツットガルトと移籍金700万ユーロでクラブ間合意したようだがエメリ監督はバネガを構想内としておりバネガ本人も移籍を拒否した模様)
・ ラヌスのアルゼンチン代表FWエドゥアルド・サルビオ→A・マドリード、フィオレンティーナ?(アルゼンチン期待の若手である同選手には一時、ユベントスも興味を寄せていたがラヌスのルッソ会長はアトレティコとフィオレンティーナからのオファーを認め、現在は検討中である事を明かした)
・ B・ミュンヘンのドイツ代表DFクリスチャン・レール→トッテナム?(同選手はDFブラーフハイド、MFプラニッチの加入などにより出場機会を失っており、DF陣の強化を希望するレドナップ監督が興味を寄せているようでバイエルンもオファー次第で放出に応じる意向)
・ ベティスのスペイン代表FWセルヒオ・ガルシア→バレンシア?(同クラブは構想外となっているFWジギッチの移籍金でガルシア獲得に動くようだ。なおバレンシアはジギッチの移籍金を1000万ユーロ前後に設定しており現在はゼニトと交渉中の模様)
・ ローマのブラジル代表MFジュリオ・バチスタ→リバプール?(同選手は今夏にインテル移籍が噂されたがエバートンやトッテナムなど複数のクラブも興味を示しており、リバプールはMFアクイラーニの移籍で良好な関係にあるローマに対し移籍金700~800万ユーロを提示している模様)
・ シャルケのブラジル代表DFラフィーニャ→ユベントス?(同選手にはバルセロナ、ミランが興味を寄せていたが報道によればユベントスが移籍金800万ユーロで争奪戦を制したと報じられている。その後、同クラブのセッコSDは報道を完全否定しており真の標的はDFグロッソのようだ)
・ R・マドリードのオランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト→B・ミュンヘン?(昨季、期待外れに終わった同選手はペジェグリーニ監督から戦力外通告を受けているがVDVはベジクタシュからの年俸500万ユーロのオファーを拒否したようだ。なおVDV本人はイングランドかドイツ移籍を希望しており特にバイエルン移籍を熱望している模様)
・ マンチェスター・Uのブラジル代表MFアンデルソン→?(同選手は最近、控えに甘んじている事に嫌気が指しているようでチーム関係者に移籍も示唆したようだが、逆にそれがチーム関係者の不興を買う事になったようだ。なおファーガソン監督は選手層を踏まえ今の所は残留させる方針でその後、アンデルソン本人も残留を強調)
・ CDプラセンテのホンジュラス代表DFオスマン・チャベス→トッテナム?(同クラブは負傷したDFウッドゲイト、ドーソンの代役としてバソングを獲得しているがレドナップ監督は更なる補強を要請しており同胞のMFパラシオスの推薦を受けチャベスのトライアルを実施している模様)
・ フェイエノールトのオランダ人MFジョナサン・デ・グズマン→チェルシー、バレンシア、エバートン?(昨夏にはアーセナル移籍が噂された同選手だが現行契約は来夏までとなっている為、フェイエノールトは移籍金が発生する今夏の放出を希望していると報じられ3クラブが注目している模様)
・ リヨンのイタリア代表DFファビオ・グロッソ→ユベントス?(サイドの補強に動いているユベントスのセッコSDはリヨンのオラス会長と交渉を行ったようだが移籍金450万ユーロを要求するリヨンに対しユベントスは250万ユーロと譲らず交渉は平行線を辿っているようだ。なおブラン代表取締役は報道を否定)
・ 元イングランド代表DFソル・キャンベル→イングランド4部:ノッツ・カウンティ?(同クラブはエリクソン氏をSDに招聘し再建に取り組んでおり、同SDの推薦として今夏でポーツマスとの契約が満了となったキャンベルに注目しており既に両者は加入に合意している模様)
・ A・マドリードのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン→契約延長?(同クラブは今夏に2選手へのオファーが殺到した事から契約延長の準備を開始したようで2012年まで契約を結んでいるアグエロは違約金を現行の6000万から9000万、2011年までとなっているフォルランは3600万から6000万へ引き上げ、フォルランについては来月にも交渉を完了させる意向でアトレティコでの引退を勧めている模様)
・ インテルのブラジル代表MFマンシーニ→ジェノア?(同クラブのガスペリーニ監督はインテルで構想外となっているマンシーニ獲得を要請しており既に両クラブ間は完全移籍OP付のレンタル移籍で大筋で合意しているようだ。後はジェノアがEL本選出場獲得次第と見られていたがその後、ジェノアは出場を決めている)
・ A・マドリードのコロンビア代表DFルイス・ペレア→サラゴサ?(同選手にはエスパニョールも興味を示していたがサラゴサのマルセリーノ監督もペレアを高く評価しており、現状では移籍金500万ユーロがネックとなっているもののアトレティコが値下げに応じる可能性もあるようだ)
・ ミランのブラジル代表MFロナウジーニョ→契約延長?(同選手はMFカカが去った今季はチームの中心選手として期待されているが開幕戦での活躍を受けミラン首脳陣は契約延長を検討し始めたようで新契約では現在の年俸650万ユーロから800万ユーロまで引き上げられる模様)
・ フィオレンティーナのルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ→長期出場停止?(同選手はチェルシー時代のコカイン使用により長期出場停止処分を受けチェルシーとの契約を解除したが、チェルシーはその損害賠償を求めており先日、スポーツ仲裁裁判所はムトゥに1700万ユーロの賠償を命じたがムトゥ本人はこの決定を不服としており今月中に支払われない場合にはプレミアリーグがFIFAへ選手登録剥奪の提訴も検討している模様)
・ ナポリの元イタリア代表MFマヌエル・ブラージ→パレルモ?(既に両クラブ間は完全移籍OP付のレンタル移籍で合意してるようでレンタル料は100万ユーロと見られている。なおブラージは昨季32試合に出場)
・ フィオレンティーナのペルー代表DFファン・マヌエル・ヴァルガス→B・ミュンヘン?(同選手は欧州CL予備予選やリーグ開幕戦で好調を見せているがバイエルンがヴァルガスに興味を寄せており今夏中の獲得に向け移籍金1000万ユーロを用意している模様。しかしフィオレンティーナは放出を拒否する意向である事からプランBとしてDFリーセ(ローマ)が浮上)
・ バルセロナのアイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン→ウェストハム?(同クラブのゾラ監督はチェルシー時代のチームメイトであるグジョンセン獲得を熱望しており、バルセロナもMFチグリンスキー獲得が合意した事で放出に応じると見られ、金銭面で多少の開きがあるものの最終的には合意すると見られている)
                                 ~正式決定~
・ R・マドリードのオランダ代表FWアリエン・ロッベン→B・ミュンヘン(4年契約・移籍金は推定2500万ユーロ、背番号は10。当初、レアル側は残留の方針だったが今夏の支出補填の為に止む得ず放出を決断した模様。なおこの移籍は来夏のMFリベリー獲得の布石とも報じられている)
・ R・マドリードのオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル→インテル(4年契約・移籍金は1500万ユーロ+出来高+400万ユーロ、背番号は10。司令塔を探すインテルはスナイデルを初め複数の候補者をリストアップしており、同選手は一貫して残留を主張していたが最終的にはインテル移籍を受け入れた)
・ チェルシーのウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ→ディナモ・キエフ(2年契約、背番号は7。同選手は2006年にチェルシーに加入したもののプレミアリーグに馴染めず、昨季は古巣ミランに復帰したものの以前ほどの活躍を見せられず今夏に復帰したチェルシーでもアンチェロッティ監督の構想外となっておりキャリアの原点であるディナモに10年ぶりの復帰を果たした)
・ 元ブラジル代表DFシウビーニョ→マンチェスター・C(1年契約・移籍金はフリー、背番号は16。同選手は今夏でバルセロナとの契約が満了となっておりその豊富な経験を買われてシティと1年契約に合意した)
・ エバートンのイングランド代表DFジョレオン・レスコット→マンチェスター・C(5年契約・移籍金は2400万ポンド、週給9万ポンド。同選手の移籍を巡ってはエバートン側が放出を拒否していたがモイーズ監督は開幕戦のアーセナル戦の大敗の戦犯としてレスコットを名指しして非難しておりそれが放出の決定打になった模様)
・ 元チェコ代表MFパベル・ネドベド→現役引退(今夏に現役引退を表明した同選手だが、最近はアマチュアクラブでの練習再開を明かすなど現役続行の可能性が浮上していたが、ネドベド本人は複数のクラブからのオファーを拒否した事を明かし現役引退を再表明した)
・ サン・ロレンソのアルゼンチン代表FWゴンサロ・ベルヘシオ→サンテティエンヌ公式(4年契約)
・ トッテナムのドイツ人MFケヴィン・プリンス・ボアテング、イングランド人MFジェイミー・オハラ→ポーツマス(前者は3年契約・移籍金は非公表で昨季はドルムント所属、後者は今夏に2013年まで契約を延長しており来年1月までのレンタル移籍だが来夏までの延長オプションも付与されている)
・ ポルトガルU-21代表MFアマウリ・ビショフ→アカデミカ・コインブラ(2年契約。同選手は今夏でアーセナルと契約が満了になっていた)
・ ラツィオのイタリアU-21代表DFロレンツォ・デ・シルヴェストリ→フィオレンティーナ(5年契約・移籍金は推定600万ユーロ。ラツィオの生え抜き選手である同選手はこれまで47試合に出場しているが今夏は移籍希望発言がロティート会長の逆鱗に触れ戦力外とされていた)
・ ボカ・ジュニアーズのアルゼンチン代表DFファン・ダニエル・フォルリン(21)→エスパニョール(5年契約。同選手は今年3月に代表デビューを果たした逸材で死去したDFハルケの後釜)
・ トッテナムの元フランス代表DFパスカル・シムボンダ→ブラックバーン(2年契約・移籍金は300万ユーロ。同選手は今年1月にサンダーランドから復帰したばかりで退団したDFウォーノックの後釜)
・ ロコモティフ・モスクワのロシア代表MFディニヤル・ビリャレトディノフ→エバートン(5年契約・移籍金は推定900万ユーロ。同選手はロコモティフの生え抜き選手でキャプテンも務めていたが昨夏からエバートンが獲得に動いていた模様)
・ バジャドリードの元スペインU-21代表MFペドロ・レオン→ヘタフェ(5年契約・年俸は120万ユーロ。今夏6人目の補強)
・ セビージャのポルトガル代表MFドゥダ→マラガ(完全移籍・4年契約+1年の延長OP付、移籍金は推定30万ユーロ。同選手は昨季からマラガにレンタル加入していた)
・ インテルのコロンビア代表DFネルソン・リバス、パルメイラスのブラジル人MFモザルト→リヴォルノ(前者はレンタル移籍、後者は完全移籍。リバスは2007年にインテルに加入したものの負傷などもありあまり出場機会はなく、モザルトは2005年までレッジーナでプレーしスパルタク・モスクワを経て今年4月からパルメイラスでプレーしていた)
・ ポーツマスのフランス人DFシルヴァン・ディスタン→エバートン(3年契約・移籍金は非公表。同選手を巡ってはアストン・ビラとの一騎打ちとなっていたがDFレスコットの後釜としてエバートンが争奪戦を制した)
・ バジャドリーのスペイン人MFアルバロ・アントン→2部:レクレアティボ(レンタル移籍。昨季はヌマンシア所属)
・ ランスのコートジボワール代表FWアルナ・ディンダン(レンタル移籍・完全移籍OP付)
・ リヨンのガーナ代表DFジョン・メンサー→サンダーランド(レンタル移籍・完全移籍OP付。同選手は昨夏にレンヌから加入したばかりだがわずか1年で退団となった)
・ インテルのナイジェリア代表FWヴィクトル・オビンナ→マラガ(レンタル移籍・完全移籍オプション付。インテルでは戦力外となっていた同選手はナポリ、ジェノア移籍も噂されていた)
・ ユベントスのスペインU-19代表MFヤゴ・ファルケ→バーリ(レンタル移籍。同選手は昨夏にバルセロナ・カンテラから加入し、トップチームでの出場機会はなかったがプリマヴェーラでは中心選手として活躍を見せていた)
・ セビージャのスペイン人FWアレハンドロ・アルファロ→スペイン2部:テネリフェ(レンタル移籍。同選手は昨季もテネリフェにレンタル加入していた。また同クラブはA・パラナエンセのブラジル人FWジネイもレンタルで獲得)
・ サンプドリアのイタリア代表MFパオロ・サンマルコ→ウディネーゼ(レンタル移籍・共同保有OP付。昨季は34試合に出場)
・ バルセロナのスペイン人GKアルベルト・ジョルケラ→スペイン2部:ジローナ(移籍金はフリー。同選手は現状でGKピントに次ぐ第3GKに甘んじておりグアルディオラ監督もクラブに契約解除を要請しており、緊急時に再契約可能な条件で契約解除に合意、そのままジローナ加入が決定した)
・ ヴォルフスブルグのイタリア代表DFクリスティアン・ザッカルド→パルマ(5年契約・移籍金は非公表。同選手は昨夏にパレルモからヴォルフスブルクに移籍するも昨季は14試合の出場に留まっておりわずか1年での母国復帰となった)
・ R・マドリードのスペイン人DFアグス→スペイン2部:コルドバ(レンタル移籍。同選手は昨季はカスティージャの守備の要として活躍し時々、トップチームにも召集されていたが出場機会はなく今夏もプレシーズンはトップチームに帯同していたが2部で経験を積む事になった)
・ リヴォルノのイタリア人FWアレッサンドロ・ディアマンティ→ウェストハム(5年契約・移籍金は非公表、背番号は32。既に両クラブ間の交渉は周知の事実となっておりディマンティが移籍を希望していた事からも残すは金銭面の合意のみとなっていた)
・ トリノのイタリア人FWニコラ・アモルーゾ⇔パルマのイタリア人MFマヌエル・コッポラ、ホンジュラス代表MFフリオ・セサル・レオン(トレード移籍。アモルーゾはパルマに完全移籍で加入し、コッポラとレオンはレンタル移籍でトリノに加入する)
・ リバプールのハンガリーU-21代表FWクリスティアン・ネメト(20)→AEKアテネ(レンタル移籍。なおリバプールはハンガリー人FWアンドラーシュ・シモン(19)もスペイン2部:コルドバへのレンタル移籍を発表)
・ セルティックのイタリア人MFマッシモ・ドナーティ→バーリ(4年契約・移籍金は非公表。ミラン、パルマ、トリノ、サンプドリア、メッシーナなどに所属経験のある同選手は2年ぶりの母国復帰)
・ WBAのイングランド人MFジョナサン・グリーニング→フルアム(レンタル移籍・完全移籍OP付。なお同クラブはグリーニングに続きゴールデン・アローズの南アフリカ代表MFカギショ・ディクガコイも2年契約で獲得)
・ ガーナ人MFジョルダン・アイェウ→マルセイユ(3年契約・ユース所属。同選手はOBで”ガーナの英雄”アベディ・ペレ氏の三男で長男のアンドレ・デデは既にマルセイユを退団しているが、同国代表にも選出された次男のアンドレ・アイェウはマルセイユに在籍しておりジョルダンは兄をも凌ぐ才能と噂されている)
・ ミドルスブラのドイツ代表DFロベルト・フート、トルコ代表FWトゥンジャイ・シャンル→ストーク・シティ(移籍金は両者とも500万ポンド+出来高+100万ポンドで600万ポンドとなった場合はクラブ史上最高額となる。両者は降格したミドルスブラからの移籍を希望しておりトゥンジャイには複数のクラブが興味を寄せていた)
・ R・マドリードのスペイン人FWミゲル・パランカ→スペイン2部:カステジョン(レンタル移籍。同選手は昨夏にエスパニョールから加入し昨年12月には”クラシコ”でトップチームデビューを果たしたものの以後はカスティージャでプレーしており今回は2部で経験を積む事になった)
・ ブラックバーンのイングランド人DFスティーヴン・ウォーノック→アストン・ビラ(4年契約・移籍金は非公表。アストン・ビラはDFラウルセンの引退などで弱体化していたDF陣の強化を急務としておりウォーノックも第2節のサンダーランド戦を欠場していた事から移籍が噂されていた)
・ スペイン人MFホセ・フェルナンド・マルケス→エスパニョール(1年契約+1年間の延長OP付。同選手は今夏でギリシャ:イラキス・テッサロニキとの契約が満了しており、エスパニョールのトライアルに参加していた。元アトレティコ、ラシン所属)
・ カルマルのスウェーデン代表MFラスムス・エルム(21)→AZ(4年契約・移籍金は推定300万ユーロ。スウェーデン期待の逸材である同選手は今夏のU-21欧州選手権での活躍から複数のクラブが興味を寄せていた。なお実兄のビクトルはヘーレンフェーン所属)
・ ウィガンのイングランド人MFマイケル・ブラウン→ポーツマス(2年契約+1年間の延長OP付・移籍金は非公表。ハート監督は同選手を高く評価)
・ グレミオのブラジル人DFフェリペ・マッティオーニ→マジョルカ(レンタル移籍・完全移籍。同選手は昨季はミランにレンタル加入しており活躍が期待されたが出場機会はなく完全移籍OPも行使されなかった)
・ ポーツマスは、アラブ人富豪家のスライマン・アル・ファイム氏によるクラブ買収が完了した事を発表した。買収額は推定6000万ポンド。同氏は昨夏にアブダビ・ユナイテッドのシティ買収の際の交渉役として名を馳せそれを機にクラブ経営に興味を持っていた。
[PR]
by wing00nana | 2009-08-30 16:36 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報~カカ、レアル移籍間近?~

・ ACミランのブラジル代表MFカカ→レアル・マドリード?(ペレス新会長はミランのガッリアーニ副会長やカカの父親で代理人も務めるボスコ氏に移籍金6450~7000万ユーロのオファーを提示し、ガッリアーニ副会長も破格の移籍金である事を認め、ボスコ氏も今冬のシティよりは劣るものの魅力的なオファーと認めている。同副会長も放出は財政的な理由と釈明し既にカカ本人の決断に委ねているようだが先日には知人に今夏のレアル移籍を認め背番号も22番と報じられていたカカやベルルスコーニ・オーナーがここに来て残留の可能性も示唆しており同オーナーの欧州議会選挙終了後の日曜日に会議を行い、月曜日に結論が発表される)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→レアル・マドリード?(同選手にはバルセロナやチェルシー、ユナイテッドなど多数のビッグクラブが注目しておりレアルも会長顧問のジダン氏直々に獲得を動いており、ヘーネスGMはリベリーの移籍を否定していたものの最新の報道ではMFカカとほぼ同額の移籍金7000万ユーロでレアルが争奪戦を制したと報じられている)
・ ACミランのオランダ代表MFクラレンス・セードルフ、ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト→チェルシー?(アンチェロッティ新監督は古巣ミランから愛弟子達を呼び寄せる事を希望しており、既にMFカカは諦めたがMFピルロ、ベッカムに加えセードルフやパト獲得も希望しており、ピルロとFWドログバ、セードルフとDFアレックスとのトレード移籍も浮上する一方でパト獲得は困難難と見られている)
・ アルメリアのスペイン人DFブルーノ・サルトール→バルセロナ?(同選手は今夏のベティス移籍が内定していたがベティスが降格した事で白紙に戻り、バレンシアやバルセロナが興味を示しているようだが代理人によればバルセロナ移籍が濃厚)
・ ウディネーゼのイタリア代表MFガエターノ・ダゴスティーノ→ユベントス?(既に両クラブ間では交渉が開始されており、移籍金2000万ユーロを要求するウディネーゼに対しユベントスは1000万ユーロ+MFジョビンコの共同保有という条件を提示し駆け引きは続いているようだが最新報道によれば両クラブは合意間近のようだ)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウド→レアル・マドリード?(最新の報道によればこれまで放出を拒否してきたファーガソン監督は同選手の移籍金を7500万ポンドに設定し、オファーが届けばレアル移籍を容認する意向のようだ。なお同監督はこの移籍金を使いMFバレンシア(ウィガン)を含め3選手を獲得する見通し)
・ チェルシーのイングランド代表DFアシュリー・コール→契約延長?(同選手にはバルセロナが注目しているが、チェルシーは移籍阻止に向け4年契約・週給13万ポンドを提示した模様。なおクラブ関係者によればアンチェロッティ新監督もコールの残留を強く要請しているとのこと)
・ マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ→ACミラン?(同クラブは引退したDFマルディーニの後釜としてDFの柱となれる同選手獲得に移籍金2500万ユーロを用意しているようだが獲得は難しいと見られている)
・ ユベントスの元フランス代表FWダビド・トレゼゲ→ASローマ?(ローマのプラデSDがユベントス退団が濃厚となトレゼゲの代理人カリエンド氏と会談を行ったと報じられているが移籍金は最低でも1000万ユーロで高額なサラリーもネックとなっており、ローマは代役にFWゴミス(サンテティエンヌ)やスアソ(インテル)もリストアップした模様)
・ 元リヨンの元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ→ジェノア?(同クラブは来季のEL(ヨーロッパリーグ)参戦に向け積極的な補強に動いており、既にFWクレスポ、フロッカリなどを獲得したが更にフランス市場でも動いているようでリヨンを退団したばかりのジュニーニョやボルドーのMFフェルナンド・メガネッツォに興味を示している模様)
・ ユベントスのブラジル人FWアマウリ→ACミラン?(同クラブは昨夏にも獲得に動いていたアマウリに再び興味を寄せているようでMFカカの移籍金で獲得に動く事を検討しているようだ。ユベントスに放出の意志はないが移籍金3000万ユーロ以上であれば応じると見られておりその場合はFWトレゼゲは残留の見通し)
・ アヤックスのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン→アーセナル?(報道によればアーセナルはアヤックスのファン・デル・ボッグGMと会談し、移籍金1000万ポンドで大筋で合意したようだ。更にアヤックス関係者がヴェルメーレンのアーセナル移籍を認めたとも報じられている)
・ FCポルトのポルトガル代表DFブルーノ・アウベス→インテル、バルセロナ?(複数のビッグクラブが注目している同選手は今夏の移籍の可能性を示唆しているが、現状ではインテルとバルセロナの一騎打ちになっており同選手の代理人がモウリーニョ監督と同じホルヘ・メンデス氏という事からインテル優勢な模様)
・ ヴォルフスブルクのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ→チェルシー、ACミラン、アーセナル、マンチェスター・シティ?(昨季、26ゴールを挙げ年間最優秀選手に選出された同選手には、ミラン、チェルシーが興味を寄せていたがゼコ本人は契約延長交渉中と明かし残留の意向を示していたが、アーセナルやシティも争奪戦に参戦し両クラブは移籍金1200万ポンドを用意している模様)
・ バレンシアのスペイン代表MFダビド・シルバ→レアル・マドリード?(ペレス新会長はチームのスペイン化に向け経営難に陥っているバレンシア勢の引き抜きを画策しており、ミゲル・パルデサSDが同選手の代理人と会談を行ったようだ。その席でレアルは5年契約・大幅な昇給を提示したようでシルバ本人もレアルからの興味は光栄と話している)
・ ASローマのイタリア代表DFクリスティアン・パヌッチ→フィオレンティーナ、ナポリ?(同選手は今夏で契約満了な為、去就が注目されているが代理人のダミアーニ氏は前述の2クラブへの移籍を示唆している)
・ マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→マンチェスター・シティ?(同選手はレンタル契約は終了しており当初、ユナイテッドはMSI社の設定した高額な移籍金に難色を示していたが、ここに来て満額支払う意向のようだ。しかしテベス本人は出場機会が限られるユナイテッド残留は拒否する模様)
・ アストン・ビラのイングランド代表MFアシュリー・ヤング→チェルシー、レアル・マドリード、トッテナム?(今季のビラで大活躍を見せた同選手には以前からレアルが注目しているが、チェルシーも獲得に動き始めたようで移籍金2000万ポンドを用意している模様。なおヤングはMFバリー放出を受けクラブの野心に疑問を呈しているようだ)
・ ヴェルダー・ブレーメンのドイツ代表MFメスト・エジル→アーセナル?(昨年1月にシャルケから加入した同選手は、加入直後から中心選手として活躍しており既にユベントス、バレンシア、シティなどが興味を示しているがアーセナルも争奪戦に参戦したようだ。しかしエジル本人はブレーメンとの契約延長を希望)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー、バレンシアのスペイン代表FWダビド・ビジャ→チェルシー?(同クラブはMFカカ、FWパト獲得が不可能に近い事から代役としてリベリー、ビジャに標的を変更したようだ。しかしリベリーについてはバイエルンが放出を拒否しているうえ、2選手にはスペインのビッグ2も獲得に動いている)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→?(同選手は今夏のレアル移籍間近と報じられていたが、リバプールが後釜として獲得に動いていたMFバリーがシティに移籍した事で一転、リバプールは拒否する意向のようだ。レアル側は金銭+DFエインセやFWネグレド(買戻しOP付)を提示する予定だったがリバプールは移籍金を2500から4000万ユーロに引き上げた模様)
・ レンヌのフランス代表DFロド・ファンニ→バイエルン・ミュンヘン、ウエストハム?(報道によれば今夏の大型補強を敢行するバイエルンが同選手に注目しているとのことだが、代理人によればウエストハムやスペイン勢もファンニに興味を示しているとのこと)
・ ニューカッスルのイングランド代表FWマイケル・オーウェン→エバートン?(同選手は古巣リバプール復帰を希望していたがベニテス監督にその意志がない事から同じマージサイドのエバートンと交渉を開始したようでエバートンは現在の週給12万ポンドから大幅減となる5万ポンドを提示したようだが交渉は前向きだった模様)
・ リヨンのフランスU-21代表FWアントニー・ムニエ→パリ・サンジェルマン、リール、ニース、トゥールーズ?(リヨンの生え抜きである同選手は昨夏も出場機会を求めてレンタル移籍を志願し、ピュエル監督の慰留によって最終的に残留したが現行契約が来夏までとなっている事からクラブと会談したがムニエ本人は継続的な出場機会を求めている)
・ レアル・マドリードのオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル、同MFラファエル・ファン・デル・ファールト→バイエルン・ミュンヘン?(ファン・ハール新監督はレアルでは出場機会に恵まれず今夏の退団が噂されているオランダの2選手に興味を寄せているようだ。なおレアルのペレス新会長も2選手を利用してMFリベリー獲得に迫る模様)
・ バルセロナのジョセップ・グアルディオラ監督→契約延長?(同監督は昨季、就任1年目ながらクラブ史上初の三冠を達成しており、現行契約が来夏までとなっている事からもバルセロナは2年間の契約延長オファーを提示する模様)
・ ヘタフェのウルグアイ人MFファン・アンヘル・アルビン→ACミラン?(同クラブのガッリアーニ副会長はMFカカの移籍交渉でスペイン入りしているが昨季、7ゴールを挙げたアルビンに興味を示しているようだ。しかし同選手の違約金は2000万ユーロでMFカルダシオ、ビウデスが交渉に含まれる可能性もある)
・ エスパニョールのスペイン代表FWラウール・タムード→パナシナイコス?(昨季、チーム最多の6ゴールを挙げた同選手は契約延長オファーを拒否したようで既にサポーターも退団濃厚と見ており、移籍先は複数のクラブが獲得に動いている中、パナシナイコスが一歩リードしている模様)
・ FCポルトのアルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペス→リヨン?(昨季、八連覇を阻止されたリヨンは今夏の大型補強を計画しており、会長顧問のベルナール・ラコンブ氏は補強リストの一部を公開し、特にバルセロナで出場機会を失っているMFフレブ、母国復帰が噂されるインテルのMFヴィエラ、そしてロペスに注目している事を明かした)
・ ニューカッスルのイングランド人MFケビン・ノーラン→ハル・シティ?(同選手にはクラブが降格した事で早くもボルトン時代の恩師であるアラダイス監督率いるブラックバーンが興味を示しているが、新たにハルも加わったようで移籍形態は問わず獲得に動く模様)
・ チェルシーのガーナ代表MFミカエル・エッシェン、アーセナルのトーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール→ACミラン?(レオナルド監督は今夏の獲得希望選手としてアンチェロッティ前監督が獲得を熱望していたアデバヨールやエッシェンをリストアップしている模様)
・ レアル・ベティスのブラジル人FWエドゥ→セビージャ?(同選手は今夏で契約満了なうえ、クラブが降格した事で契約延長を拒否するようでライバルのセビージャ移籍が浮上している。なお同選手の代理人のフエンテス氏はFWルイス・ファビアーノの代理人でもある)
・ マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFオーウェン・ハーグリーヴス→現役引退?(同選手は2007年にバイエルンから鳴り物入りで加入したものの両膝の腱鞘炎に悩まされ、ここまで25試合の出場に留まっており、ここ1年で両膝の3度の手術を受けたが改善の兆しはないようで暫く様子を見るようだが引退の可能性も報じられている)
・ シャルケ04のドイツU-21代表GKマヌエル・ノイアー→バイエルン・ミュンヘン?(今夏のGK獲得を計画していたバイエルンはノイアーに獲得を絞ったようで移籍金1850万ユーロを提示したようだ。現在はシャルケ側の返答待ちのようだが交渉次第ではGKレンジングも含まれる可能性がある)
・ ASローマのイタリア代表MFシモーネ・ペッロッタ→バイエルン・ミュンヘン、ヴォルフスブルク、フィオレンティーナ?(同クラブはMFペッロッタとの契約を延長せず、今夏の放出を決定したようだ。なおローマは同選手の放出資金でウディネーゼからレンタル中のDFモッタの完全移籍に動く模様)
・ アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン→レアル・マドリード?(ペレス新会長はFWビジャ獲得を希望しているが、移籍金4000万ユーロ以上は提示する気はなく、獲得に失敗した場合は違約金が3600万ユーロに設定されているフォルラン獲得に動く模様)
・ リバプールのイタリア代表DFアンドレア・ドッセーナ⇔ユベントスのイタリアU-23代表DFパオロ・デ・チェーリエ?(ユベントスはリバプールに馴染めなかったドッセーナに注目しているが、同選手の代理人パッラヴィチーノ氏によればリバプールもデ・チェーリエに興味を持っておりトレード移籍の可能性もあるとのこと)
・ バルセロナのカメルーン代表FWサミュエル・エトー→インテル、マンチェスター・シティ?(同選手の現行契約は来夏まででバルセロナは契約延長オファーを提示したが、条件は現行よりもダウンするようでエトーは拒否すると報じられている。同選手にはFWイブラヒモビッチとのトレード移籍が噂されているがシティも移籍金2300万ポンドを用意している模様)
・ リヨンのフランス代表FWカリム・ベンゼマ→バルセロナ?(同選手は残留を発表しているが、バルセロナは熱望するFWイブラヒモビッチ獲得失敗時の代役としてベンゼマに注目しており金銭+FWエトーというオファーを用意している模様。なお放出を断固拒否していたリヨンのオラス会長も最近はベンゼマが放出不可能な選手ではないと態度を軟化させている)
・ アトレティコ・マドリードの元フランス代表GKグレゴリー・クペ→パリ・サンジェルマン?(同クラブはGKランドローの退団表明を受けアトレティコで控えに甘んじているクペに興味を示しているようだ。PSGは他にもGKカメニ(エスパニョール)やルフィエ(モナコ)もリストアップしている模様)
・ マンチェスター・シティのイングランドU-19代表FWダニエル・スターリッジ→チェルシー、アストン・ビラ?(同選手はシティから提示された週給5.5万ポンドの最終オファーを拒否した事で今夏のフリーでの退団が決定しており、チェルシーが獲得に成功したと報じられる一方でビラが獲得したとも報じられている)
・ クルゼイロのブラジル人FWクレーベル→リバプール?(同選手は2月にディナモ・キエフから母国ブラジルに復帰し、3試合で3ゴールを挙げる活躍を見せておりクレーベル本人がリバプールから移籍金700万ユーロのオファーを受けている事を明かした)
・ フィオレンティーナのブラジル代表MFフェリペ・メロ→バルセロナ、レアル・マドリード、インテル?(同選手にはスペインのビッグ2が興味を寄せており、メロ本人もスペイン復帰に前向きなようだがインテルは移籍金1800万ユーロ+DFブルディッソを提示するようだ。メロはチームメイトと確執を抱えていると報じられているが、ブルディッソは移籍を拒否している)
・ ホッフェンハイムのセネガル代表FWデンバ・バ→VfBシュツットガルト?(同クラブはFWゴメスの後釜としてFWヘルメス(レヴァークーゼン)やラヴ(CSKA)に興味を寄せているが、新たに昨季14ゴールを挙げたバにも注目しているようだ。移籍金は推定700万ユーロ以上)
・ リバプールのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ→バルセロナ?(同クラブは来季、ネーションズカップでMFケイタ、トゥーレが離脱する事からMF陣の補強を計画しており、マスチェラーノに移籍金2280万ユーロのオファーを提示するようだ。なおリバプールは約4200万ポンドの負債が発覚している)
・ 元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ→アトレチコ・パラナエンセ?(同選手はアタランタ退団後、ブラジルで所属クラブを探しており、コリンチャンスやサントス移籍を拒否されていたがパラナエンセと18ヶ月の契約を結ぶ見通し)
・ バイエルン・ミュンヘンの元ブラジル代表MFゼ・ロベルト→マンチェスター・シティ?(今夏で契約満了の同選手はバイエルンとの延長交渉が破談に終わった事で今夏の移籍が濃厚となっており、ゼ・ロベルト本人によればドイツ国内やサウジアラビア、アメリカからオファーがあったようだがシティ移籍が有力なようだ)
                                      確定情報
・ 元バルセロナ監督のフランク・ライカールト氏→ガラタサライ(2年契約。フリーの同氏にはアヤックスやPSV、ミラン、サンダーランド、セルティックなど多数のクラブが興味を示していたが今季5位に終わり来季の復権を目指すガラタサライも元レアルのファンデ・ラモス氏など複数の大物監督をリストアップしていた)
・ ユベントスのチロ・フェラーラ暫定監督→契約延長(2011年まで。同監督は先月に解任されたラニエリ監督の後任として昨季一杯の暫定監督としてプリマヴェーラ責任者の地位から昇格し、初監督ながら見事な采配で残り2試合を連勝で終えた事で首脳陣から高い評価を得ていた)
・ アストン・ビラのイングランド代表MFギャレス・バリー→マンチェスター・シティ(5年契約・移籍金1200万ポンド。ビラの象徴的存在である同選手には昨夏はリバプール移籍間近だったが土壇場で破談に終わっており、今夏もリバプールやアーセナルが注目していた)
・ チェルシーはドイツ代表MFミヒャエル・バラック→契約延長(2010年まで。2006年に加入した同選手は最低でもW杯が開催される2010年までの残留を希望していた)
・ フェネルバフチェのルイス・アラゴネス監督→解任(同監督はEURO2008でスペイン代表を優勝を置き土産に勇退し、監督に就任したがシーズン序盤から解任が噂されており、昨季4位に終わった事で解任が決定した。後任は元1FCケルンのクリストフ・ダウム氏が復帰)
・ アトレティコ・マドリードのアベル・レシノ監督→契約延長(2010年まで。2部のカステジョンの監督だった同監督は2月に解任されたアギーレ前監督の後任として昨季一杯の契約で就任したが、最低限の目標となる来季の欧州CL出場権を確保した事で続投が決定した)
[PR]
by wing00nana | 2009-06-07 03:02 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報2

・ オリンピアコスのエルネスト・バルベルデ→ビジャレアル(1年契約+1年間の延長オプション付。同監督は昨夏にオリンピアコスの監督に就任し、昨季はリーグとカップの二冠を達成しており、ビジャレアルではレアルの新監督に就任したペジェグリーニ前監督の後任となる)
・ 元カターニア監督のワルテル・ゼンガ氏→パレルモ(3年契約同氏は昨季終了後に退任を発表し、その際は次のクラブは見つかっていないと話していたが最終的に同じシチリア島のライバルであるパレルモの監督就任が決定した)
・ ナントのエリー・ボープ監督→辞任(同監督は昨季序盤のわずか3試合で解任されたデル・ザガリアン監督の後任として昨年9月に就任したが、19位に終わりわずか1シーズンで2部再降格となった)
・ ASローマのルチアーノ・スパレッティ監督→契約延長(2011年まで。同監督は昨季、欧州CL出場権を逃した事で退任も示唆しており、最近ではユベントスの次期監督と報じられていた)
・ 元バイヤー・レヴァークーゼン監督のブルーノ・ラバディア氏→ハンブルガーSV(3年契約。同クラブはヨル監督の後任にトゥベンテのマクラーレン監督や元シャルケ監督のスロムカ氏などをリストアップしていたようだが、最終的にOBのラバティア氏に決定した)
・ ヘーレンフェーンのクロアチア代表MFダニエル・プラニッチ→バイエルン・ミュンヘン(移籍金は1000万ユーロ。同選手にはユベントスやリバプールも興味を示していたが、昨季、AZを率いてたファン・ハール新監督の要請によりバイエルンが獲得に成功した)
・ FCポルトのジェズアルド・フェレイラ監督→契約延長(2011年まで。2006年に就任した同監督は、リーグ戦三連覇、カップ戦二連覇を達成しており、既に先月から合意していたとのこと)
・ バルセロナの元ブラジル代表DFシウヴィーニョ→退団(同選手は今夏で契約満了予定だったが、バルセロナ側は戦力外通告を行ったうえで契約延長を行わない事を発表)
・ アルメリアのスペイン人DFマネ→ヘタフェ(4年契約。同選手には昨夏も移籍の噂があったが最終的に残留していた)
・ エバートンのアメリカ代表GKティム・ハワード、ナイジェリア代表DFジョセフ・ヨボ、イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ→契約延長(3選手はエバートンの中心選手として活躍しており、契約年数は長期契約とのことだが報道によればそれぞれ5年間の延長)
・ ウィガンのスティーヴ・ブルース監督→サンダーランド(3年契約。同クラブは昨年12月にキーン監督が辞任、残り試合はスブラジア・コーチが暫定監督として指揮を執っており、次期監督には元インテルのマンチーニ氏や元バルセロナのライカールト氏も浮上していた。なおブルース監督はサンダーランドに近いコーブリッジ出身)
・ バーリのアントニオ・コンテ監督→契約延長(2010年まで。昨季、クラブを8シーズンぶりのセリエA昇格に導いた同監督の現行契約は今夏までで古巣ユベントス復帰も噂されていた)
・ 元バイエルン・ミュンヘン監督のユップ・ハインケス氏→バイヤー・レヴァークーゼン(2年契約。同クラブは契約解除しハンブルガーの監督に就任したラバディア前監督の後任を探しており、ハインケス氏は解任されたクリンスマンの後任としてバイエルンの暫定監督を務めていたが契約延長には至らなかった)
・ カメルーン代表のトーマス・ヌコノ・コーチ→暫定監督(同国代表のオットー・プフィスター監督は先週、辞任しておりGKコーチのヌコノ氏が暫定監督に就任。同氏は現役時代、代表やエスパニョールで活躍したカメルーン最高のGK)
・ ベシクタシュのムスタファ・デニズリ監督→契約延長(2010年まで。同監督の現行契約は今夏までだったが昨季リーグ優勝を果たした事で1年間の延長となった)
・ 元ガラタサライ監督のミヒャエル・スキッベ氏→フランクフルト(同氏は2005~2008シーズンまでレヴァークゼーゼンの監督を務め、その後、ガラタサライの監督に就任するも今年2月に解任されていた)
・ ブルキナファソ代表のパウロ・ドゥアルテ監督→ル・マン(2年契約。同監督は来年3月までブルキナファソ代表との兼任)
・ キエーボはドメニコ・ディ・カルロ監督→契約延長(2010年まで)
・ ヘタフェのスペイン人DFダビド・ベレンゲル→契約延長(2010年まで。同選手の現行契約は今夏まで)
 オサスナのホセ・アントニオ・カマーチョ監督→契約延長(2010年まで。同監督は昨年10月に監督に就任し、終盤ではバルセロナ、レアルから勝利を収め残留という最低限の目標を達成していた)
・ ガラタサライのビュレント・コルクマズ監督→辞任(現役時代はクラブの象徴的存在であった同監督は、今年2月にスキッベ監督の後任として就任し、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得したもののリーグ戦5位の責任をとりわずか3ヶ月での辞任)
・ ACミランのイタリア代表DFダニエレ・ボネーラ→契約延長(2013年まで。同選手の現行契約は来夏までとなっていた)
・ 元中国代表監督のヴラディミル・ペトロヴィッチ氏→レッドスター・ベオグラード(レッドスターや大連実徳で監督を務めた同氏は2007年に同国代表監督に就任するも2010年W杯出場を逃した事で退任しており12年ぶりの古巣復帰)
・ バレンシアのビセンテ・ソリアーノ会長→辞任(危機的な経営難に陥っている同クラブは債務返済の手段として本拠地のメスタージャ・スタジアムの売却を計画しており、理事会はソリアーノ会長に今月4日まで売却先を見つけクラブ再建計画を提出するよう義務付けていたが世界的不況で4億ユーロと見積もられる土地売却を期限内に達成出来なかった。今後は第三株主のビセンテ・シージャ氏が暫定会長として就任予定)
・ ニースのフレデリク・アントネッティ監督→レンヌ(2年契約。ラコンブ監督の後任。ニースは後任に2部:クレルモン・フットのディディエ・オレーニコル監督を招聘)
・ レンヌのギー・ラコンブ監督→ASモナコ(2年契約。昨季、11位に終わった事でリカルド・ゴメス監督の退任が決定しており、ラコンブ監督はレンヌで7位で終えている)
・ デポルティボの元スペイン代表MFセルヒオ・ゴンサレス→契約延長(2011年まで)
・ セリエB:元ヴィチェンツァ監督のアンジェロ・グレグッチ氏→アタランタ(同クラブはサンプドリアの監督に就任したデル・ネーリ前監督の後任を探しており、グレグッチ氏は2001-2002シーズンはフィオレンティーナでマンチーニ監督(当時)のアシスタントコーチを務めおり2006年から3年間に渡りヴィチェンツァを率いていた)
・ 前アルミニア・ビーレフェルト監督のミヒャエル・フロンツェック→ボルシアMG(2年契約)
・ パルチザン・ベオグラードのブラジル人MFジュカ→デポルティボ(2年契約・移籍金はフリー)
・ クルゼイロのブラジル人DFマイコン(20)、ルーマニア:CFRクルージュのウルグアイ代表DFアルバロ・ペレイラ→FCポルト(両者とも5年契約。マイコンは昨季、ナシオナルにレンタル加入しており、ペレイラについてはポルトは移籍金450万ユーロで保有権の80%を取得した)
・ 元ブラジル代表MFデニウソン→ベトナム:ハイ・フォン(6ヶ月契約。同選手は昨年にパルメイラスと契約解除し、その後はボルトンのトライアルで不合格となっており友人の勧めでベトナム行きを決意した模様)
・ 元ブラジル代表のアントニオ・カルロス・ザーゴ氏→サン・カエターノ(同氏は現役時代はローマやブラジルのクラブなどで活躍し、2007年に現役を引退して以降はコリンチャンスのTDを務めており今回、初監督となる)
・ イングランド2部:イプスウィッチのジム・マギルトン監督→QPR(2年契約。前任のパウロ・ソウザ監督は機密漏洩により4月に解任されており、残り試合はギャレス・エインスワースが暫定監督を務めていた)
・ デポルティボのスペイン人MFジョアン・ベルドゥ→エスパニョール(4年契約・移籍金はフリー。同選手はエスパニョールから契約延長オファーを受けていたものの拒否してフリーでエスパニョール移籍が決定した)
・ 元オランダ代表MFジョルディ・クライフ→マルタ:ヴァレッタ(契約年数は不明だが選手兼アシスタントコーチになるとのこと。同選手はオランダのレジェンド・ヨハン・クライフ氏の息子)
・ フルアムのスイス代表GKパスカル・ズベルビューラー→契約延長(2010年まで。現在、38歳の同選手は昨夏にスイス:ヌシャルテルからフリーで加入したが更にもう1年間残留する事になった)
・ メキシコ:サントス・ラグーナのエクアドル代表FWクリスティアン・ベニテス→バーミンガム(3年契約・移籍金は非公表だが、FWヘスキー(現アストン・ビラ)の移籍金625万ポンドを上回りクラブ史上最高額とのこと)
・ セリエB:アルビノレッフェのイタリア人MFフィリッポ・カロッビオ→バーリ(3年契約・移籍金はフリー。またバーリはパルマとの共同保有となっていたベラルーシ代表FWヴィタリー・クトゥゾフの完全移籍も決定)
・ マラガのスペイン人GKイニャキ・ゴイティア→レアル・ベティス(4年契約・移籍金はフリー)
・ レッチェのイタリア人FWシモーネ・ティリボッキ→アタランタ(3年契約。同選手は昨季、チーム最多の11ゴールを挙げておりFWフロッカリの後釜と見られている)
                           ~優勝・昇格・降格情報~
・ オランダ:エールディビジ残留/昇格プレーオフの最終日が行われ、今季リーグ16位だったローダJCは2部のカンブールを迎え撃ち、試合は1-1(PK戦3-1)でローダの1部残留が決定した。リーグ17位のデ・フラーフスハープは2部のRKCに0-1で敗れRKCと入れ替えで来季の2部降格が決定した。RKCは2シーズンぶりの1部復帰。これでエールディビジは最下位フォレンダム、17位のデ・フラーフスハープが降格し、2部のVVV、RKCが昇格する。
・ ワールドカップ・アジア最終予選グループ1:2位の日本は、同グループ最下位のウズベキスタンと対戦し1-0で勝利した。これにより2試合を残してW杯自動出場圏となる2位以内を確定させ4大会連続4度目のW杯出場が決定した。日本は時差の関係で世界最速出場決定国となった。その後、グループ1の首位オーストラリアもカタールと引き分けW杯自動出場圏となる2位以内を確定させ、グループ2でも首位の韓国がUAEに勝利しW杯自動出場圏となる2位以内を確定させた。
                                   ~負傷情報~
・ バルセロナのスペイン代表MFアンドレアス・イニエスタ→欧州CL決勝マンチェスター・ユナイテッド戦で太腿の筋肉の損傷を再発させたようで全治2ヶ月。これにより今夏のコンフェデレーションズカップの欠場が決定。
・ トッテナムのウェールズ代表DFギャレス・ベイル→問題を抱えていた左膝の手術を受けた事から全治2ヶ月。
[PR]
by wing00nana | 2009-06-06 20:19 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報~レアル・マドリード新体制発足~

・ 元レアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレス氏→新会長就任(正式発表。当初から高い支持率を誇っていたペレス氏は、その後、対立候補のフアン・オニエバ氏、エドゥアルド・ガルシア氏が相次いで出馬を断念した為、立候補はペレス氏一人のみとなっており選挙規定により5月31日午後12時をもって受付は締め切られ、無投票でペレス氏の新会長就任が発表された。ちなみに今夏の補強費は破格の3億ユーロとも報じられている)
・ 元レアル・マドリードSDのホルヘ・バルダーノ氏&元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏→レアル・マドリード(正式発表。ペレス新会長は就任会見にてフロントを発表し、副会長にフェルナンド・フェルナンデス氏、広報兼第2副会長にエドゥアルド・フェルナンデス氏、前任時にSDを務めていたOBのバルダーノ氏をGM兼会長補佐、SDには同じくOBで元サラゴサSDのミゲル・パルデサ氏、更に自身が2002年に獲得したフランス代表のレジェンドであるジダン氏を会長顧問アドバイザーに任命した)
・ ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督→レアル・マドリード(正式発表、2年契約。ペレス新会長はアーセナルのヴェンゲル監督など複数の次期監督候補をリストアップしていたが、最終的にバルダーノ新GMの推薦であるリーガを熟知したペジェグリーニ監督を選択し違約金400万ユーロで引き抜きに成功した)
・ VfBシュツットガルトのドイツ代表FWマリオ・ゴメス→バイエルン・ミュンヘン(正式発表。バイエルンは新たなFWとして今季24ゴールを挙げた同選手に注目していたが、ゴメス獲得が合意に達した事を発表した。移籍金は同国史上最高額となる3000万ユーロと見られており、本人も今夏のバイエルン移籍を決意したと発表しており、現在、ドイツ代表のアジア遠征に参加中のゴメスが帰国次第、正式契約が結ばれる見通し)
・ ボルドーのフランス代表MFヨアン・グルキュフ→完全移籍(正式発表、移籍金1500万ユーロ・4年契約。ミランからレンタル加入中だった同選手はボルドーで完全復活を果たし、今季のリーグアン最優秀選手、ベストイレブン、ベストゴール賞のトリプル受賞しておりこの活躍からミランへの復帰やトレード要員として名が挙がっていたがボルドーが完全移籍オプションを行使した事で決着した。なおミランのガッリアーニ副会長はグルキュフ本人の意思を尊重したと話している)
・ ACミランのブラジル代表MFカカ→レアル・マドリード?(ペレス新会長は新生レアルの象徴としてカカ獲得を熱望しており、ガッリアーニ副会長は残留を明言しているものの既に交渉は最終段階と報じられており順調に行けば移籍金6000~6500万ユーロで今週中にも移籍が決定すると報じられている。なおカカとは5年契約・年俸912万ユーロに加え肖像権の折半で合意している模様)
・ ウディネーゼのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ→ナポリ(正式発表、5年契約で移籍金は推定1600万ユーロ。当初、同選手にはユベントスなど複数のクラブが獲得に動いていたがクアリアレッラの故郷であるナポリが強奪に成功した。なお同クラブはアタランタのイタリアU-23代表MFルカ・チガリーニも獲得間近と報じられている)
・ CSKAモスクワのロシア代表MFユーリ・ジルコフ→チェルシー?(”ロシアのロナウジーニョ”の異名を持つ同選手にはバルセロナやリバプールなども注目していたが、CSKAのジーコ監督もジルコフのチェルシー移籍を示唆しており、最終的にロシア代表監督と兼任のヒディンク暫定監督の働きにより移籍金1860万ポンドでチェルシーが争奪戦を制したと報じられている)
・ リバプールのスペイン代表FWフェルナンド・トーレス→契約延長(正式発表、2013年までで1年間の延長オプション付。同選手は2007年の加入時に2013年まで契約を結んでいたが今回の契約延長はトーレスの流出に阻止に向け、1年間の延長オプションが付与され大幅な昇給が行われた模様)
・ ハンブルガーSVのマルティン・ヨル監督→アヤックス(正式発表、3年契約。同クラブはファン・バステン監督が辞任し、欧州CL出場権も逃しており来季の再建に向け新監督にフランク・ライカールト氏やミカエル・ラウドルップ氏など複数の候補をリストアップしていたようだが最終的にヨル監督の引き抜きに成功した)
・ アタランタのルイジ・デルネーリ監督→サンプドリア(正式発表。同クラブはワルテル・マッツァーリ監督の退任とデル・ネーリ監督の就任を発表し、デル・ネーリ監督は今季、アタランタでリーグ11位でシーズンを終えており、今夏で契約満了だった。なおデル・ネーリ新監督は現役時代の1980-1981シーズンにサンプドリアに在籍しており28年ぶりの古巣復帰となった)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→レアル・マドリード?(ベニテス監督は残留を明言しているものの報道では今夏のレアル移籍は確実視されており、最新の報道によれば両クラブ間は移籍金2500万ユーロで合意したと報じられている。この交渉にはDFエインセが含まれる可能性もあるようで今週、アロンソはスペイン代表に合流する為、マドリードを訪れる予定でその際に契約の詳細を詰める模様)
・ ユベントスの元チェコ代表MFパベル・ネドベド→現役引退(正式発表。昨夏にユベントスの慰留を受け1年間の現役続行を決意した同選手は悲願の欧州CL優勝に向けもう1年間だけ現役を続行すると見られており、最近の報道では契約延長に合意したと報じられていたが周囲の予想に反してネドベド本人の意志は変わらなかった模様)
・ インテルのアルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ→ジェノア(正式発表、2年契約・移籍金フリー。同選手は2005年からインテルに在籍していたが昨季はモウリーニョ監督から半ば構想外とされており、契約満了となる今夏の退団が確実視されており、当初はフィオレンティーナ移籍が濃厚と見られていたが土壇場でジェノアが強奪に成功した)
・ リヨンの元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ→退団(正式発表。同選手は今夏の退団が噂されていたが、ジャン=ミシェル・オラス会長が残り1年の契約を解除し、ジュニーニョの今季一杯での退団を発表した。34歳の同選手はリヨンでは8シーズンに渡ってプレーし、キャプテンも務めており今季はクラブで通算100ゴールも達成していた。今後は中東や母国の古巣ヴァスコ・ダ・ガマやサンパウロ移籍が浮上)
・ ASローマのイタリア代表MFアルベルト・アクイラーニ→契約延長(正式発表、2013年まで。ローマの生え抜きである同選手には多数のビッグクラブが興味を寄せており去就が注目されていたが、問題のサラリーについては年俸320万ユーロで2011年からは450万ユーロに昇給する形で合意し、更にタイトル獲得によりボーナスも加わる模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウド→レアル・マドリード?(最近は残留を明言していた同選手だが欧州CL決勝戦後、ロナウド本人は暗にファーガソン監督の戦術を批判し去就についてもわからないと答え移籍を仄めかした事で再びレアル移籍の噂が再燃している。ちなみに「スカイ・スポーツ」のスペイン担当記者はCL決勝戦でファーガソン監督とロナウドの間に亀裂が走ったと分析している)
・ インテルの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ→現役引退(正式発表。先日も引退を表明していた同選手は欧州のクラブではと話しており、アメリカや日本などのクラブからのオファー次第ではプレーを続ける可能性も示唆していたが、最終的には現役引退を発表した。今後については友人でもあるモラッティ会長の要請次第でインテルのフロント入りに興味がある事を明かしている)
・ ユベントスのイタリア代表FWヴィンチェンツォ・ヤクインタ→契約延長(正式発表、2013年まで。同選手は今季、少ない出場機会でも10ゴールを挙げており今夏のトッテナムやゼニト、ラツィオ移籍などが噂されていたが、今回の契約延長により残留が確実となった)
・ バルセロナのカメルーン代表FWサミュエル・エトー⇔インテルのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ?(バルセロナのラポルタ会長はイブラヒモビッチ獲得を熱望しており、2010年で契約満了となるエトー+移籍金2000万ユーロという条件に加えイブラヒモビッチ本人には5年契約・年俸750万ユーロを用意しており更に肖像権やボーナスも加えると最終的に1400万ユーロが取り分となるようだ。既にグアルディオラ監督もエトー放出を仄めかしていると言われ既に交渉は開始している模様)
・ アーセナルのスペイン代表MFセスク・ファブレガス→バルセロナ?(同選手にはスペインのビッグ2が興味を寄せているが、報道によればバルセロナの今夏の最優先獲得目標はセスクと報じられており、移籍金4500万ユーロを用意しているようだ。同選手も古巣バルセロナに好感を抱いているが現状ではヴェンゲル監督に放出の意志はない)
・ アストン・ヴィラのイングランド代表MFガレス・バリー&マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→マンチェスター・シティ?(前者は今夏のリバプール移籍が噂されており、後者はユナイテッドとのレンタル契約が終了し今後の去就が注目されているがシティが2選手に総額4200万ポンドのオファーを用意しているようだ。内訳はテベスが3200、バリーが1000万ポンド)
・ チェルシーのポルトガル代表MFデコ→インテル?(昨夏に加入した同選手は序盤こそ活躍を見せたもののその後は負傷などもあって出場機会を失っているが、デコ本人は現在、インテルと交渉中である事を認め、ポルト時代の恩師であるモウリーニョ監督との再会を希望しているとも語っている)
・ ポーツマス→クラブ買収(正式発表。同クラブの負債額は6500万ポンドと言われ深刻な財政難に陥っており今回、アレクサンドル・ガイダマック・オーナーはUAEの”不動産王”スライマン・アル・ファイム氏の買収オファーを受け入れた。同氏は昨夏のアブダビ・ユナイテッドによるシティ買収にも携わっており、その際にプレミアリーグ参入を抱いたようで買収はアル・ファイム氏の新たな投資会社「AAA(アル・ファイム・アジア・アソシエイト)を通じて行われ、同氏はシティ以上の投資を行うと宣言している)
・ チェルシー(インテル)のポルトガル代表MFリカルド・クアレスマ→ジェノア?(同選手はインテルに復帰する予定だが、ジェノアのプレツィオージ会長は加入が噂されたFWクアリアレッラはFWクレスポ次第でレンタルする意向を示し、更に1000万ユーロでクアレスマの共同保有権を獲得した事を発表した。同会長は同時にレッドスターのセルビアU-21代表DFネナド・トモビッチも獲得した事を明かしたがクアレスマ本人はインテルでの再挑戦を熱望しておりモウリーニョ監督もDFカルバーリョ、MFデコ(チェルシー)を獲得しクアレスマが再起出来る環境を整えたい模様)
・ ASローマのブラジル代表DFフアン→契約延長(正式発表、2013年まで。ローマの守備の要である同選手には複数のクラブが興味を寄せていたが今回の延長で移籍はなくなったと見られており、年俸は450万ユーロで2011年からは460万ユーロに昇給する契約)
・ アスレチック・ビルバオのスペインU-21代表MFハビ・マルティネス→リバプール?(ベニテス監督は依然としてMFアロンソ放出を否定しているが、報道は今夏の退団は確実と見ておりベニテス監督は以前から興味を寄せていたマルティネスを代役としているようだ。しかし2006年に500万ポンドでオサスナから獲得したビルバオは最低でも移籍金1000万ポンドは要求すると見られている)
・ アストン・ビラのイングランド代表MFガレス・バリー→トッテナム、マンチェスター・シティ?(2クラブは既に同選手獲得に移籍金1200万ポンドのオファーを用意しているようだが、バリー本人は欧州CL出場を熱望しており以前から自身に興味を示すリバプール、アーセナル移籍を希望しているようだが現状ではリバプールはまだ正式なオファーを提示していない模様)
・ バジャドリーのスペインU-21代表GKセルヒオ・アセンホ→アトレティコ・マドリード?(”ネクスト・カシージャス”と評判の同選手にはバルセロナ、ビジャレアルも興味を寄せていたがアトレティコが移籍金400万ユーロ・4年契約で争奪戦を制したようで、既に獲得が内定しているDFファニート(ベティス)と共に今週中にも正式発表される見通し)
・ バレンシアのスペイン代表FWダビド・ビジャ→レアル・マドリード?(ペレス新会長はチームのスペイン人化に向けMFアロンソ(リバプール)とシルバを最優先獲得目標に掲げているが、更に第3目標としてビジャもリストアップされているようだ。しかしFW陣は充実している為、ペレス会長は移籍金3500万ユーロ以内で獲得を決めたい意向)
・ サンプドリアのイタリア代表FWアントニオ・カッサーノ→インテル?(同クラブは以前から興味を寄せているがモラッティ会長も最近の成長したカッサーノに好感を抱いているようで本格的に獲得に動き始めるようだ。サンプドリア側もビッグクラブへの移籍は容認する意向だが、問題はレアルから獲得時に他クラブへ移籍する場合は500万ユーロを支払うという契約条項がある事から違約金の1800万ユーロ+MFヒメネス、FWスアソを要求する模様)
・ ACミランのブラジル代表MFカカ→チェルシー?(アンチェロッティ新監督は、古巣ミランからMFピルロなどの引き抜きを狙っていると報じられていたが最優先目標はカカのようでレアルからの強奪を画策しているようだ。アブラモビッチ・オーナーは移籍金7000万ユーロを用意するようでレアルはカカ獲得に失敗した場合はバルセロナが獲得に動いているFWイブラヒモビッチ(インテル)強奪に動くようで移籍金4000万ユーロ+MFスナイデルを提示する模様)
・ マンチェスター・シティのブラジル代表MFエラーノ→インテル?(同クラブはMFデコ(チェルシー)獲得に動いているが、モラッティ会長はベテラン選手であるデコに大金を投じる事に難色を示しており、代役としてデコより若く、安価なエラーノに興味を寄せているようだ。エラーノの移籍金は900万ユーロ前後と見積もられておりMFカンビアッソのバックアップとしても期待されている模様)
・ バーリのアントニオ・コンテ監督→契約延長?(今季、セリエA昇格に導いた同監督の契約は今季一杯となっており、古巣ユベントスはフェラーラ暫定監督を筆頭にコンテ監督やブラン監督(ボルドー)を次期監督にリストアップしていると報じられているが、バーリのペリネッティSDによればコンテ監督は契約延長に応じる構えで、報道によれば代理人は1年契約で年俸90万ユーロを要求している模様)
・ セビージャのマノロ・ヒメネス監督→契約延長?(同クラブのデル・ニド会長はクラブが今季、4位以内を確定させ来季の欧州CL出場権を確保した事でヒメネス監督は目標を達成したと高く評価しており、契約を延長する意向である事を発表した)
・ カリアリ(←インテル)のイタリアU-23代表FWロベルト・アックアフレスカ→ジェノア→アタランタ?(同選手はMFモッタ、FWミリートの移籍のトレード要員として今夏のジェノア移籍が内定しているが、ジェノアのプレツィオージ会長によれば既にFWクレスポ、フロッカリを獲得している為、アタランタへのレンタル移籍を検討しているようだ。なお同会長はDFシェアー(パレルモ)、MFクアレスマ(インテル)獲得にも自信を見せている)
・ バイエルン・ミュンヘンのベルギー代表DFダニエル・ファン・ブイテン→退団?(同選手はDFルシオ、デミチェリスの牙城を崩せず控えに甘んじているが、ファン・ブイテン本人は出場機会を得られない事に不満を爆発させており今夏の移籍の準備は整っていると話している)
・ ASローマのモンテネグロ代表FWミルコ・ヴチニッチ→契約延長(正式発表、2013年まで。同選手の現行契約は2011年までで複数のクラブが興味を寄せていたが今回の契約延長で残留が確実となり、契約では現在の年俸330万ユーロから来季は400万ユーロに昇給し、翌年は420、2011年は450、契約最終年には470万ユーロに順次昇給していく形)
・ アーセナルのフランス代表DFウィリアム・ギャラス&コートジボワール代表DFエマヌエル・エブエ&トーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール→退団?(ヴェンゲル監督は前述の3選手の今夏の退団を容認したと報じられており、来夏で契約満了となるギャラスにはミランやユベントスが興味を示していると言われ、エブエはサポーターから批判の対象となっておりアトレティコが関心を寄せており、アデバヨールについては今夏の補強費捻出の為、已む無く放出を容認した模様)
・ シエナのモロッコ代表MFフシン・カルジャ→リヨン?(同クラブは今季、連覇が途絶えた事で今夏は大型補強に動くと見られており、シエナの中心選手であるカルジャに興味を寄せているようだ。既に代理人と接触を始めたと報じられているが同選手にはジェノア、パレルモ、ブレーメン、フルアムなども興味を寄せている)
・ 元インテル監督のロベルト・マンチーニ氏→サンダーランド?(インテル監督を解任後は今季、1年間は休養中だった同氏は、サンダーランドからオファーが提示されている事を認め、基本的にオファーに応じる意向である事を明かした。ちなみにサンダーランドはマンチーニ氏と元バルセロナ監督のフランク・ライカールト氏の2名をリストアップしていた模様。その後、マンチーニ氏の代理人はこれらの報道を完全否定)
・ マンチェスター・ユナイテッドのブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ→退団?(同選手は昨夏に移籍金3200万ポンドで鳴り物入りしたが今季は移籍金に見合うだけの活躍を見せたとは言えず、更にベルバトフ本人は今季の出場機会がFWテベスよりも少ない事に不満を持っているようで今後も状況が変わらなければ移籍を志願する可能性もあるようだ)
・ ヴェルダー・ブレーメンのブラジル代表DFナウド→マルセイユ?(ドイツでの報道によればマルセイユは移籍金700万ユーロ・4年契約・年俸250万ユーロというオファーを提示しているようで、ブレーメン側は最低でも移籍金1000万ユーロを要求しているがナウド本人はマルセイユ移籍を検討している模様)
・ レッドブル・ザルツブルクの元クロアチア代表MFニコ・コヴァチ→現役引退(正式発表。37歳の同選手は今年1月に後進に道を譲るとして代表からの引退を表明していたが今季終了後に現役引退を発表した。同国代表でキャプテンを務めていた同選手は弟のDFロベルトと共に同国代表を牽引しており代表の通算成績は83試合15ゴール)
・ バレンシアの元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテス→レアル・サラゴサ?(同選手は今夏で契約満了予定でモリエンテス本人も今季一杯での退団を認めた。同選手には古巣サラゴサが興味を示しており来季の1部復帰を見据えFWボージャン(バルセロナ)とのセット獲得を狙っていると噂されている)
・ トゥエンテのスティーブ・マクラーレン監督→ハンブルガーSV?(同監督はイングランド代表時代には失敗したものの、今季はトゥエンテは欧州CL出場圏内の2位に大躍進させておりハンブルガーはアヤックスの監督に就任したヨル監督の有力な後任としてリストアップしている模様)
・ ニューカッスルのイングランド代表FWマイケル・オーウェン→リバプール、エバートン、ウィガン?(今夏で契約満了予定の同選手はクラブが2部降格した事で退団は決定的となっており、古巣リバプールのライバルのエバートンやウィガンが獲得に動いているようだが、古巣リバプールもベニテス監督は獲得に消極的だったが選手達はオーウェンの復帰を歓迎しており、同監督もFWトーレスの控えとしてなら関心を示している模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表MFポール・スコールズ→ストーク・シティ?(今季、残留に成功したストークは来季の残留も見据えベテランであるスコールズに興味を寄せており、選手とコーチ兼任のオファーを提示しているようだがこれまでユナイテッド一筋の同選手が応じる可能性は低いと見られている)
・ バイヤー・レヴァークーゼン(←バルセロナ)のブラジル代表DFエンリケ→?(同選手は今季、欧州初挑戦ながら見事な活躍を見せており今夏でレンタル契約が終了する事から去就が注目されており、バルセロナはもう1シーズン、他クラブでプレーさせる事がベストと考える一方で来季は試合数が大幅に増える事からもチームに復帰させる事も検討しており、他にもFWケイリソン(パルメイラス)とのトレード移籍も浮上している)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー?(同クラブのウリ・ヘーネスGMはユナイテッドから非公式の打診があった事を明かしMFロナウドの代役としてリベリーに興味を示しているとの見解を示した。更にチェルシーも争奪戦に参戦したようで次期監督候補のミランのアンチェロッティ監督がリベリー獲得を要請しておりチェルシーは移籍金5000万ユーロ、週給10万ポンドのオファーを用意していると報じられている)
・ バイエルン・ミュンヘンのイタリア代表FWルカ・トーニ→ACミラン?(同クラブがFWゴメスを獲得した事で今季、あまり活躍出来なかったトーニの放出が噂されており、代理人は退団を否定しているが大型FW獲得を熱望するミランが獲得に動き始めたようで、まずはブライダSDがトーニに移籍の意志を確認した模様)
・ アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン→バルセロナ?(同クラブは来季はFWエトーがネーションズカップで離脱予定である事や更なるチーム力の向上として今季、欧州最多得点王のフォルランに注目しており、アトレティコは移籍金を3600万ユーロに設定しているが30歳という年齢からもそれより安価で獲得可能と踏んでおり、金銭+DFカセレス+FWグジョンセンというオファーを用意している模様)
・ ニューカッスルのアラン・シアラー暫定監督→契約延長?(同監督は今年4月に今季一杯の条件で監督に就任し、シーズン終了後は本業の解説者に戻る意向を示していたがクラブが降格した事を受け続投の可能性が浮上しておりアシュリー・オーナーと会談を予定しているようだ。しかし今夏の補強費は大幅減となる1500万ポンド前後になる見通し)
・ チェルシーのドイツ代表MFミヒャエル・バラック→契約延長?(同選手の現行契約は今夏までだったが、FAカップ優勝後にバラック本人がチェルシーと1年間の契約延長で基本合意している事を明かし、残すはサインのみと語っている)
・ レアル・マドリードの元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ→ガラタサライ?(トルコでの報道によればガラタサライ幹部がファン・ニステルローイ本人と合意したと報じられており、残すはクラブ間交渉になるが次期会長最有力のペレス氏は同選手の慰留は行わないと見られている。その後、ファン・ニステルローイ本人は残留を明言)
・ ウディネーゼのイタリア代表MFガエターノ・ダゴスティーノ→ユベントス?(同クラブはMFヂエゴの加入で来季は4-3-1-2システムへの変更を視野に入れており、中盤の底でゲームメイクする選手としてダゴスティーノが適任と考えており、両クラブは友好関係にある事からもウディネーゼは移籍金1000万ユーロ前後+共同保有となっているFWパオルッチの完全譲渡+FWジョヴィンコのレンタル移籍を要求している模様)
・ ヘタフェのミチェル監督→契約延長(正式発表、2011年まで。同監督は今年5月に解任されたビクトル・ムニョス監督の後任として就任し、低迷していたクラブを残り5試合で2勝1分2敗で乗り切り、最終節でぎりぎり残留圏となる17位で残留を決めていた)
・ シャフタール・ドネツクのブラジル人FWマルセロ・モレノ→ヴェルダー・ブレーメン(レンタル移籍・完全移籍オプション付。同選手によれば昨夏もブレーメン移籍が決定間近だったと明かし、再度、獲得に動いていてくれたブレーメンに感謝している)
・ シエナのイタリア代表MFダニエレ・ガッロッパ→インテル?(同選手は先日発表された予備代表として初召集されており、インテルは中盤の更なる補強としてガッロッパに注目しており同選手の現行契約は2010年までの為、移籍金は350万ユーロ前後と見られている)
[PR]
by wing00nana | 2009-06-02 05:58 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報2~アンチェロッティ監督、勇退~

・ ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督→退任→レオナルド副会長補佐(正式発表。これまでも今季一杯で勇退しチェルシーの次期監督として報じられていた同監督は、大方の予想通り、シーズン終了後にミランからの勇退を発表した。現行契約は2010年までだったがアンチェロッティ監督はベルルスコーニ・オーナー、ガッリアーニ副会長との三者会談で円満に解決したと話しており、ミランでの8年間に渡った監督生活を終えた。後任監督は報道通り、レオナルド副会長補佐が就任)
・ チェルシーのフース・ヒディンク監督→退任(正式発表。ロシア代表監督を務めていた同監督は、旧知のアブラモビッチ・オーナーの要請により解任されたスコラーリ監督の後釜として今季一杯の条件でロシア代表との兼任監督に就任し、続投の噂があったもののヒディンク監督は一貫して今季限りと表明しており、先日のFAカップ優勝でチームに今季、初タイトルをもたらし有終の美を飾った)
・ 元ACミラン監督のカルロ・アンチェロッティ氏→チェルシー(正式発表、3年契約。同クラブのヒディンク暫定監督は契約通り、今季一杯での退任を発表しており、後任には報道通り、昨年から招聘に動いていたアンチェロッティ氏の就任が発表された。悲願の欧州CL優勝を目指すチェルシーはミラン時代に2度の欧州CL優勝を達成したアンチェロッティ新監督の手腕に期待しており同監督はイタリア国外での指揮は初となる)
・ インテルのフランス代表MFマンシーニ→リヨン?(同クラブは以前に欧州CLで対戦した時からマンシーニ獲得を熱望しており、これまでも二度獲得に動いたがいずれも失敗していたが同選手はインテルで出場機会を失っている事からも再び獲得に乗り出しており、インテルのオリアリSDがフランス入りした模様)
・ ヴェルダー・ブレーメンの元ドイツ代表MFフランク・バウマン→現役引退(正式発表。現在、33歳の同選手はブレーメンのキャプテンを務めているが今季一杯での現役引退を決意したとのことで、引退後はブレーメンのクラウス・アロフスGMの補佐役に就任する事が内定している)
・ ニューカッスルのナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス→フィオレンティーナ?(同選手はクラブが2部降格となった事で退団は確実と見られており、フィオレンティーナは移籍金850万ユーロで獲得に動いていたようだが、ここに来てフィオレンティーナは同選手の鼠頸部の負傷を危惧し交渉を中断させたようだ。しかし問題ないとなれば獲得に動く意向で決定すればマルティンスはインテル以来、3年ぶりのセリエA復帰)
・ イングランド3部:チェルトナム・タウンのイングランド人MFジェイミー・エッジ(15)→アーセナル(正式発表。同選手は既にアーセナルのトレーニングに参加中でアカデミーでポーツマスとの練習試合やイタリアで開催されるU-16ユーストーナメントにも選出されており、チェルトナム・タウンのベッカー会長も両クラブ間で移籍が合意した事を発表し、移籍金などは非公表だがエッジの活躍により変動する模様)
・ トゥールーズのフランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャック→VfBシュツットガルト、アストン・ビラ、ハンブルガーSV?(今季、24ゴールを挙げリーグ得点王が濃厚となっている同選手には、アストン・ビラが興味を示しているがハンブルガーやFWゴメスのバイエルン移籍が決定的となっているシュツットガルトも争奪戦に参戦した模様)
・ セルティックの日本代表MF中村俊輔→エスパニョール?(同選手は今夏で契約満了で古巣横浜復帰が噂されているが、エスパニョールが2年契約を提示する準備をしているようだ。同クラブは過去にも元日本代表FW西澤明訓を獲得しており、更にエスパニョールは中村は移籍金フリーで獲得出来るうえ、日本での経済効果も期待している模様)
・ ニューカッスルのイングランド代表MFジョーイ・バートン→ブラックバーン、ボルトン?(2部降格となった同クラブは引き続きシアラー暫定監督を正式監督として続投させる意向だが、バートンは終盤のリバプール戦で不要なタックルを行い退場処分を受けた事でシアラー暫定監督と衝突しており、その後、同監督を非難した事で謹慎処分を受けており退団は確実視と見られ、既にブラックバーンやボルトンが興味を示している)
・ ホッフェインハイムのベスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビセビッチ→契約延長(2013年まで。同選手は今季の前半戦だけで18ゴールを挙げる大活躍を見せたが冬季休暇中に靭帯断裂の重傷を負い後半戦は棒に振っていた)
・ 元アルメリア監督のゴンサロ・アルコナダ氏→ヌマンシア(正式発表。同氏は昨季、ヌマンシアの監督を務めクラブを1部昇格に導き、その手腕が評価され今季はアルメリアの監督に就任したが昨年12月に成績不振により解任されており、今季、降格が決定したヌマンシアは再びアルコナダ監督の元で来季の昇格を目指す事になった)
・ ボルドーのローラン・ブラン監督→ユベントス?(今季、クラブを10シーズンぶりの優勝に導いた同監督にはレアルも興味を示しているが、フェラーラ暫定監督の退任が濃厚なユベントスもOBのバーリのコンテ監督と共にブラン監督をリストアップしているようだ)
・ CSKAモスクワのブラジル代表FWヴァグネル・ラヴ→VfBシュツットガルト?(同クラブはFWゴメスの後釜を探しており第一目標はFWヘルメス(レヴァークーゼン)のようだが、複数のクラブが注目するラヴもリストアップしたようだ。しかしCSKA側にラヴ放出の意志はなく移籍金を2200万ユーロに設定して放出を阻止する構え)
・ バイエルン・ミュンヘンのブラジル代表DFブレーノ→PSV、AZ?(同選手は2007年に加入したもののここまで出場機会を得られておらず、バイエルン首脳陣もレンタル移籍を検討しているようでブレーノ本人がPSV、AZにレンタル獲得を打診した模様)
・ フルアムのノルウェー代表DFブレデ・ハンゲラン→アーセナル?(今季、フルアムの主力として大活躍を見せた同選手には、以前から興味を寄せていたアーセナルが移籍金800万ポンドを用意しているようだ。しかしハンゲラン残留を望むフルアムも契約延長オファーを提示している模様)
・ バルセロナのベラルーシ代表MFアレクサンデル・フレブ→リヨン?(同クラブは今季、優勝を逃した事で今夏は大型補強を敢行するようで、バルセロナで控えに甘んじているフレブやFWグジョンセンに注目しているようだ。フレブには複数のクラブが興味を示しており、バルセロナも交渉に応じる意向)
・ シャルケ04のドイツU-21代表GKマヌエル・ノイアー→バイエルン・ミュンヘン?(同クラブはGKレンジングに満足しておらず、新たなGKを複数リストアップしているようだが、ファン・ハール新監督はノイアー獲得を要請した模様。既に交渉は開始されていると報じられているがノイアー本人にバイエルン移籍を否定している)
・ エバートンのイングランド代表DFジョレアン・レスコット→アーセナル?(同クラブはDFギャラスの放出を検討している事からもDFの補強に動いており、DFハンゲラン(フルアム)やヴェルメーレン(アヤックス)をリストアップしているが移籍金1200万ポンドでレスコット獲得に動くようだ。しかしエバートンに放出の意志はなく移籍金も最低1800万ポンドに設定した模様)
・ ヘルタ・ベルリンのウクライナ代表FWアンドリー・ヴォロニン→リバプール(リバプールからレンタル加入中の同選手は今季、23試合で11ゴールを挙げる活躍を見せたが、同クラブは来季の欧州CL出場権を獲得出来なかった事から完全移籍オプションを行使しない事を決定した)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポーランド代表GKトマシュ・クツチャク&韓国代表MF朴智星→退団?(報道によれば既に今夏でレンタル契約が終了するFWテベスに加え第3GKに甘んじているクツチャクや余剰戦力となっている朴が放出候補にリストアップされていると言われており、ユナイテッドはその放出資金でMFバレンシア(ウィガン)獲得に動く模様)
・ バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFティム・ボロウスキ→ハンブルガーSV?(控えに甘んじている同選手は来季はMFバウムヨハン、ティモシュクなど新戦力が更に加わる事からも出場機会を求めて今夏にも移籍を志願すると見られ、ハンブルガーはシティへ放出したMFデ・ヨングの後釜として獲得に動く模様)
・ VfBシュツットガルトのドイツ代表DFザーダール・タスキ→ユベントス?(既にDFカンナバーロ、MFヂエゴを獲得した同クラブだが、更なる補強は続くようでミランやナポリも注目しているタスキ獲得に動いているようだ。なおユベントス側は今夏に獲得しても来季は残留し、2010年に正式加入させるなどのプランも持っている模様)
・ ハンブルガーSVのドイツ代表DFマルセル・ヤンセン→ユベントス?(同クラブは既にMFヂエゴを獲得しているが、引き続きドイツ市場で動いているようで今度はハンブルガーのヤンセンとMFトロホウスキに注目しているようで、ハンブルガー側はトロホウスキの放出は拒否したがヤンセンは移籍金1500万ユーロで放出に応じるようでユベントスは1000万ユーロ+MFポウルセンという条件を用意している模様)
・ ACミランのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ⇔チェルシーのガーナ代表MFマイケル・エッシェン?(今季一杯での退任が決定したアンチェロッティ監督はチェルシー監督就任が規定路線を見られており、同監督はミランからMFピルロ、セードルフを連れて行く事を希望しており、ピルロの移籍金2000万ユーロについてミランのレオナルド次期監督はエッシェンを気に入っておりトレード移籍の可能性が浮上している。しかしミランの欧州域外枠は残り一つの為、獲得に動いているMFエルナネス(サンパウロ)との選択となる)
・ セリエC:ラヴェンナのジャンルカ・アトツォーリ監督→カターニア?(同クラブは今季一杯での退任を発表したゼンガ監督の後任を探していたが、既にゼンガ監督の元アシスタントコーチであったアトツォーリ監督と合意したようでセリエCの全日程終了後にも2年契約を結ぶ見通し)
・ フィテッセのオランダ人FWファン・ウォルフスウィンケル(20)→ユトレヒト(正式発表。同選手は昨季、フィテッセでスタメンに定着すると8ゴールを挙げる活躍を見せておりAZやトゥエンテも興味を示していたが選手本人によれば出場機会が保障されるユトレヒトを選択したとのこと。なお同クラブはFWムレンガ(フランス2部:シャトールー)も獲得した)
・ FCポルトのポルトガル代表DFロランド&ブラジル人MFフェルナンド→契約延長(正式発表、2014年まで。両者の現行契約は2013年まで今回の延長は1年間の契約延長となり、2選手はスタメンとして今季も活躍しておりロランドはポルトガル代表にも選出されている)
                            ~その他移籍確定情報~
・ オセールのデンマーク代表MFトーマス・カーレンベルグ→ヴォルフスブルク(4年契約。同選手はオセールに4年間在籍)
・ ボタフォゴのブラジル人MFマイコスウェル→ホッフェンハイム(5年契約・移籍金450万ユーロ。同選手はMFでもFWでもプレー可能なユーティリティー性が魅力)
・ バーゼルのスイス代表FWエレン・デルディヨク→バイヤー・レヴァークーゼン(移籍金は400万ユーロ以上)
・ FCモスクワのアルゼンチン人MFパブロ・バリエントス→カターニア(4年契約。昨季はサン・ロレンソにレンタル)
・ ブラガのウルグアイ代表FWルイス・アギアル→ディナモ・モスクワ(4年契約・移籍金250万ユーロ。同選手は今季のUEFA杯で6ゴールを記録)
                           ~優勝・昇格・降格情報~
・ 2008-2009欧州チャンピオンズリーグ決勝戦のバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッド戦は、前半10分にバルセロナのFWエトーがゴールを挙げると、後半70分に今季、大会通算8ゴールを挙げていたFWメッシーが追加点を挙げ2-0でバルセロナがマンチェスター・ユナイテッドの連覇を阻止し、3シーズンぶり3度目の欧州制覇を達成した。グアルディオラ監督は就任1年目での欧州CL優勝に加え、選手と監督の両方で欧州CLを優勝した史上6人目で、大会MVPはMFシャビ、大会得点王は9ゴールを記録したFWメッシー。なおバルセロナは今季、リーグ戦・国王杯でも優勝している為、三冠達成。
・ スペイン:リーガ・エスパニョーラは全日程を終え、1位バルセロナ、2位レアル・マドリード、3位セビージャ、4位アトレティコ・マドリードが来季の欧州CL出場権を獲得した。5位ビジャレアル、6位バレンシアはUEFAヨーロッパリーグに回る。注目された降格争いは最終節で18位オサスナとスポルティング・ヒホンが共に勝利し、ヘタフェはラシン・サンタンデールと引き分け、レアル・ベティスとバジャドリーも引き分けた為、勝ち点42でヘタフェとベティスが並んだが当該成績でヘタフェを下回ったベティスが既に降格が決定している20位レクレアティボ、19位ヌマンシアに続き8シーズンぶりの降格となった。得点王は32ゴールを記録したFWフォルラン(アトレティコ)で欧州最多得点王(ゴールデンシュー)にも輝いた。
・ イタリア:セリエAは全日程を終え、最終順位は1位インテル、2位ユベントス、3位ACミラン、4位フィオレンティーナが来季の欧州CL出場権を獲得し、同時4位のジェノア、5位ASローマがUEFAヨーロッパリーグに回る。降格争いは最終節で17位ボローニャはキエーヴォに勝利し、同じく17位のトリノはローマに敗れた為、トリノの3シーズンぶりの降格が決定した。得点王は25ゴールを挙げたFWイブラヒモビッチ(インテル)。
・ フランス:リーグ1は全日程を終え、注目の優勝争いは1位ボルドー(勝ち点77)、2位マルセイユ(勝ち点74)の戦いとなったが最終節で2チームとも勝利しこのままボルドーが逃げ切り、10シーズンぶりのリーグ優勝を達成した。ボルドーは、史上初となるリーグ、フランス・スーパーカップ、フランス・リーグカップの3冠達成で、リヨンは前人未到となる8連覇を逃した。最終順位は1位ボルドー、2位マルセイユ、3位リヨンが来季の欧州CL出場権を獲得し、4位のトゥールーズがUEFAヨーロッパリーグに回る。降格チームは最下位ル・アーヴル、19位ナント、18位カーン。得点王は24ゴールを挙げたFWジニャック(トゥールーズ)
・ ドイツ:ブンデスリーガの昇格・残留プレーオフは、2部:3位のニュルンベルクが1部:16位のコットブスを2戦合計5-0で破り、来季の1部昇格が決定した。ニュルンベルクは1シーズンでの1部復帰。
・ オランダ:エールディビジのUEFAヨーロッパリーグ出場プレーオフ決勝は、リーグ8位のNACブレダが6位のフローニンゲンの一戦で1勝1分でNACブレダがUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。オランダからは来季、リーグ3位アヤックス、4位PSV、プレーオフを制したNACブレダがヨーロッパリーグに参加する。
・ トルコ:スーパーリーグは全日程を終え、優勝争いは最終節で首位のベジクタシュ(勝ち点68)は勝利し、2位のシヴァススポル(勝ち点66)は敗れた為、ベジクタシュの6シーズンぶり11回目の優勝が決定した。最終順位は1位ベジクタシュ、2位シヴァススポルが来季の欧州CL出場権を獲得し、3位トラブゾンスポル、4位フェネルバフチェがUEFAヨーロッパリーグに回る。
・ ベルギーリーグの優勝プレーオフ決勝は、リーグ1位アンデレルレヒト対リーグ2位のスタンダール・リエージュの一戦となり、試合は2戦合計1-2でスタンダール・リエージュの優勝が決定した。この2チームが来季の欧州CL出場権を獲得し、3位ガン、4位クラブ・ブルージュがUEFAヨーロッパリーグに回る。
[PR]
by wing00nana | 2009-06-02 05:57 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報~ヂエゴ、ついにユベントス移籍~

・ ヴェルダー・ブレーメンのブラジル代表MFヂエゴ→ユベントス(正式発表。移籍金は2450万ユーロで今後5年間の成績次第で+250万ユーロ、5年契約・年俸は推定400万ユーロ。既に両クラブ間は合意に達しておりブンデスリーガが全日程を終えたヂエゴ本人がトリノ入りしてメディカルチェックを受けており両クラブ関係者がトリノで最終調整を行っていた)
・ 元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏→レアル・マドリード(正式発表。同氏はこれまで古巣レアルの次期会長候補であるフロレンティーノ・ペレス氏が当選した場合、会長直属のスポーツ・アドバイザー就任が報じられておりジダン氏は沈黙を保っていたがついにこれらを認めた。レアルのカンテラにはジダン氏の息子達が所属しており同氏は既に友人のボルドーのブラン監督招聘やMFリベリー(バイエルン)獲得を進言している模様)
・ チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督→契約延長(正式発表、2011年まで。同監督はレアルの次期会長候補であるペレス氏が招聘を熱望していると言われており、モウリーニョ監督自身は99%残留すると表明していたがモラッティ会長は100%と断言しなかった事を受け契約延長に動き始め、現行の2010年から1年間の延長となる2011年までの契約延長した事で今夏のレアル行きは消滅した)
・ ACミランのブラジル代表MFカカ→レアル・マドリード?(同選手は残留を明言しているが、報道によればミランのベルルスコーニ・オーナーは知人に今夏こそカカを売る事になると漏らしたと報じられており、事情通のジュリオ・モーラ氏も次期会長候補のペレス氏が移籍金6000万ユーロを提示しており、ミラン側は8000万ユーロを要求しているものの既に交渉は開始されている事を明かしペレス氏の右腕のバルダーノ氏もカカが第一獲得目標と認めたと言われており金銭に加えMFファン・デル・ファールト、スナイデルなどもオファーに含まれる可能性もある模様)
・ セルティックのゴードン・ストラカン監督→辞任(正式発表。2005年に就任した同監督はクラブをリーグ三連覇や欧州CLでの躍進に導いたが、今季はレンジャーズに敗れ惜しくも四連覇を逃していた。なお同監督の辞任はMF中村を始めとした主力選手の去就に影響が出ると見られている)
・ アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督→残留?(サポーターや株主から方針を批判されている同監督にはレアルの次期会長候補であるペレス氏が招聘を熱望しており、側近のバルダーノ氏がヴェンゲル監督の代理人と接触し、年俸680万ユーロと補強に関する全権・今夏の補強費として1億ポンドを確約したと報じられていたがヴェンゲル監督は改めて残留を明言)
・ レアル・マドリードのプレドラグ・ミヤトビッチSD→契約解除(正式発表。同氏は2006年に会長に就任したカルデロン前会長の右腕としてフロント入りしたが当初から経験不足を指摘されており、今冬の補強の失敗やカルデロン氏の辞任など既に信頼を失っていた)
・ バジャドリーのスペインU-21代表GKセルヒオ・アセンホ→アトレティコ・マドリード?(”ネクスト・カシージャス”と評判の同選手にはバルセロナやユナイテッド、ビジャレアルが注目していたが報道によればアトレティコ移籍が大筋で合意したようだ。移籍金は550万ユーロ前後で残すはアセンホ本人と交渉のみ)
・ インテルの元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ→ジェノア?(当初、同選手はフィオレンティーナ移籍が決定的だったが土壇場でジェノアと2年契約で合意したようだ。この事はジェノアのプレツィオージ会長も認め、代理人のイダルゴ氏もフィオレンティーナ移籍を否定しておりジェノアはFWフロッカリ、アックアフレスカ加入が内定しているが後者はパルマへのレンタル移籍が噂されている。なおフィオレンティーナのコルヴィーノSDは突然のジェノア移籍に怒りを露にしている)
・ インテルのブラジル代表DFマイコン→レアル・マドリード、チェルシー?(同選手には以前から興味を示すレアルが今夏に移籍金2500万ユーロのオファーを提示する見通しだが、チェルシーの次期監督候補に挙がるミランのアンチェロッティ監督も就任条件としてアブラモビッチ・オーナーに獲得を推薦したと報じられている。なおマイコン本人は残留を明言している)
・ 元VfBシュツットガルト監督のアルミン・フェー氏→ヴォルフスブルク(正式発表、2年契約。同クラブはクラブ史上初優勝を置き土産にマガト監督の今季一杯の退任が決定しており来季は欧州CL出場が決定した事からも世界的な知名度を持つ監督として元バルセロナのフランク・ライカールト氏も候補に挙がっていたが昨年、成績不振で解任されていたフェー氏に決定した)
・ チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ→マンチェスター・シティ?(ヒューズ監督は依然として最優先獲得選手として愛弟子のFWサンタクルス(ブラックバーン)獲得を熱望しているがブラックバーン側の抵抗が激しく今夏の獲得の可能性は不透明な事からCLでの失態から立場が微妙となったドログバに移籍金2000万ポンドを提示するようだ。他にもFWカリュー(アストン・ビラ)も候補に挙がっている模様)
・ ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督→退任?(去就が注目される同監督は、ガッリアーニ副会長との会談で残留に向かっているとも報じられていたが、やはり後任監督は噂通りレオナルド副会長補佐が就任すると見られており一部報道ではローマ戦後にベルルスコーニ・オーナーが選手にアンチェロッティ監督の退任を伝えたとも報じられている。なお同オーナーは同監督と今季終了後に会談を行う予定である事を認め後任監督はまだ選定していないと強調しており、アンチェロッティ監督はフィリッポ・ガリ・アシスタントコーチと共にチェルシーへ行く事が濃厚と見られており同監督が高く評価するMFベッカムも追随する可能性も報じられている)
・ トウェンテのオーストリアU-21代表FWマルコ・アルナウトビッチ(20)→インテル、チェルシー?(”オーストリアのイブラヒモビッチ”の異名を持つ同選手には、欧州の多数のビッグクラブが注目していたがインテルが移籍金1400万ユーロで合意に漕ぎ着けたようだ。インテルは既に選手本人とも合意しつつあるようだが土壇場でチェルシーが移籍金1500万ユーロのオファーを提示しておりユナイテッド、アーセナルも注目している)
・ カターニアのワルテル・ゼンガ監督→退任(正式発表。同監督が発表したものでクラブとの確執はないがクラブのプロジェクトを遂行する能力がないと退任理由について語っている。更にゼンガ監督は現在は他クラブからのオファーがなく今後は未定と明かしているがロッシ監督と今季一杯で契約満了となるラツィオの次期監督候補に挙がっているようでカターニアも後任監督は若手監督を複数、リストアップしている模様)
・ ACミランのレオナルド副会長補佐→監督就任?(今夏のチェルシー監督就任が噂されるアンチェロッティ監督の後任には現在、監督ライセンス取得中のレオナルド氏を始めOBのファン・バステン氏やカリアリのアレッグリ監督が浮上しているが、ミランはレオナルド氏を選択したようで来季は、現在のフィリッポ・ガッリ、マウロ・タソッティ・アシスタントコーチとの三頭体制を敷く模様)
・ VfBシュツットガルトのドイツ代表FWマリオ・ゴメス→バイエルン・ミュンヘン?(同選手は今季リーグ3位となる23ゴールを挙げる大活躍を見せていたが、バイエルンのウリ・ヘーネスGMが今夏に獲得に動く意向である事を認めた。同選手の現行契約は2012年までだが移籍金3000万ユーロ以上のオファーであれば放出に応じると見られている)
・ インテルのイタリアU-21代表FWマリオ・バロテッリ→アーセナル?(同選手は先日のシエナ戦でFWイブラヒモビッチと諍いを起こしており、今後が注目されているが事情通のジュリオ・モーラ氏やフランコ・ロッシ氏によれば今夏のFWアデバヨール放出を検討するヴェンゲル監督が後釜としてバロテッリに注目しており、移籍金2000万ユーロ・5年契約・年俸300万ユーロのオファーを用意していると明かした)
・ アストン・ビラのイングランド代表MFナイジェル=レオ・コーカー→エバートン、フルアム?(同選手は今季、前半戦こそスタメンでプレーしていたがその後は控えに甘んじており本人は更なる出場機会を求めて移籍も検討しているようでエバートン、フルアムが興味を示している模様)
・ アーセナルのトーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール→ACミラン?(今夏の補強費の大幅な削減を通達されたと言われるヴェンゲル監督は高額な移籍金を見込める同選手の放出を検討しているようで、更にアーセナルは主力選手との契約延長で高騰するサラリーが負担になっておりアデバヨールの放出でそれらも解決可能と見られており、同選手にはMFカカの移籍金でミランが獲得に動くと見られている)
・ ニューカッスルのイングランド代表FWアラン・スミス→エバートン?(今季、負傷に悩まされた同選手は降格が決定した事で退団は確実視されており、エバートンは来季の欧州CL出場を目指して新戦力としてスミスに注目している模様)
・ チェルシーのポルトガル代表FWリカルド・クアレスマ→インテル?(同選手はインテルからチェルシーにレンタル加入中だが、既にモウリーニョ監督からは戦力外通告を受けており今夏の母国復帰やゼニト移籍が噂されているがモウリーニョ監督はクアレスマのメンタル次第ではもう一度チャンスを与える事も示唆しているがジェノアがクアレスマに興味を示している)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→バルセロナ?(報道によれば両クラブ間はリベリーの移籍で合意したと報じられており、同選手にはレアルも興味を示していたがこれはバイエルン側の移籍金吊り上げ工作と報じられている。今後はバルセロナはリベリーの高額な移籍金の減額を図るようで代替要員にはMFフレブ、FWグジョンセンやボージャンのレンタル移籍も視野に入れているようだ)
・ フランクフルトのフリードヘルム・フンケル監督→解任(正式発表。同監督は2004年に監督に就任し今年2月に契約を延長したばかりだったが今季は13位と低迷しておりサポーターからの批判に加え最近ではエリベルト・ブルフハーゲン会長もフンケル監督の手腕を疑問視していた)
・ アスレチック・ビルバオのスペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ→バルセロナ?(同クラブはFWエトーの去就が不透明な事からベギリスタインSDはジョレンテがバルセロナに理想的なFWとして注目しているようだが、同選手の違約金は3000万ユーロに設定されており争奪戦次第では更に高騰する可能性もある)
・ リールのベルギー代表MFエデン・アザール(18)→アーセナル、バルセロナ?(同選手は昨年11月に代表デビューを果たした同国期待の逸材で以前から興味を示すアーセナルに加えバルセロナもグアルディオラ監督とベギリスタインSDの協議でアザール獲得で一致した模様)
・ ヴォルフスブルクのブラジル代表MFジョズエ→契約延長(2013年まで。同選手の現行契約は2011年までとなっていたが今季のクラブ初優勝に貢献していた)
・ アーセナルのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー→インテル?(同選手はアーセナルと契約延長交渉中だが、週給9万ポンドを要求するファン・ペルシー側に対しアーセナルは7万ポンドを上限としている事から破談の可能性が高く、以前から興味を寄せているインテルが交渉の推移に注目している模様)
・ トゥエンテのオランダU-21代表FWエライロ・エリア→アーセナル、バイエルン・ミュンヘン?(同選手には既にエバートン、シティ、エスパニョール、ハンブルガー、アヤックス、PSVといったクラブが興味を寄せているが新たにアーセナル、バイエルンも争奪戦に加わったようでエリアは先日に契約延長したばかりだが960万ユーロで契約解除可能な条項が付与された模様)
・ レアル・マドリードのマリ代表MFマアマドゥ・ディアッラ→ユベントス?(同選手は負傷で今季の大半を棒に振りその立場は微妙なものになっているが、ユベントス移籍が決定したDFカンナバーロが同じマリ出身のMFシソッコのパートナーとしてディアッラ獲得を推薦したようだ。なおレアルも獲得時の半額となる移籍金1300万ユーロ前後で放出に応じる見込み)
・ シャルケ04のドイツ人DFニルス・サンダー(16)→マンチェスター・シティ?(同選手はまだトップチームに昇格していないが将来を嘱望される逸材で、シティは将来への投資として契約したと報じられており移籍金は不明)
・ セルティックの日本代表MF中村俊輔→Jリーグ:横浜F・マリノス?(同選手は今夏で契約満了でそこで古巣・横浜が正式オファーを出した事を発表しており、決定すれば7年ぶりの母国復帰となるが一方でストラカン監督はチームの主力である中村の残留を希望している)
・ バイエルン・ミュンヘンの元ブラジル代表MFゼ・ロベルト→コリンチャンス?(同クラブは来年のクラブ創立100周年に備えFWロナウドに続く大型補強を画策しており、既にMFデコ(チェルシー)やFWロナウジーニョ(ミラン)やレアルで出場機会を失っているMFグティ獲得も噂されてる中、同クラブのサンチェス会長はゼ・ロベルトへの興味を明かしているが同選手にはサンパウロ、サントス、LAギャラクシーも注目している)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウド→残留?(同選手は依然として残留を強調しているがメディアは既に今夏のレアル移籍が内定していると報じており、これを受けレアルは公式声明としてロナウドと一切の合意の事実はなく、ユナイテッドも放出を拒否していると発表した。一方で次期会長候補のペレス氏も同選手1人に9000万ユーロもの移籍金を使うのは否定的な模様)
・ バーリのアントニオ・コンテ監督→ユベントス?(同クラブのフェラーラ暫定監督は初陣のシエナ戦で快勝したが同監督は6月からイタリア代表のアシスタントコーチ就任が決定している為、続投はないと見られており後任には退任を示唆したローマのスパレッティ監督なども浮上しているがジャン・クロード・ブラン代表取締役は今季、バーリをセリエA昇格に導いたOBのコンテ監督と接触したようだ。両者は年俸を巡り合意には至らなかったようだがバーリのヴィンチェンツォ・マタッレーゼ会長はユベントスからの誘いは断れないと見ている)
・ ラツィオのマケドニア代表FWゴラン・パンデフ→ユベントス?(同選手の現行契約は2010年までとなっているが既にロティート会長には契約延長の意志がない事を伝えたようで、ラツィオも移籍金が発生する今夏中の放出を決定し、既にユベントスと交渉を始めており移籍金500万ユーロ+MFアルミロンを提示するユベントスに対しラツィオは移籍金900万ユーロ+DFデ・チェリエを要求している模様)
・ ポーツマスの元イングランド代表DFソル・キャンベル→バーゼル?(同選手は今夏で契約満了となるがポーツマス側に契約延長の意志はないようでトッテナム時代の指揮官であるクリスティアン・グロス監督率いるバーゼルが注目している模様)
・ ミドルスブラのイングランド人MFアダム・ジョンソン→アトレティコ・マドリード?(今冬には一時、レアルも興味を寄せていた同選手は現行契約の2010年から契約を延長しない事を決めており、更に今季、ミドルスブラが降格となれば移籍を志願すると見られており自身に興味を示すアトレティコ移籍を検討している模様)
・ ボルドーのモロッコ代表FWマルアン・シャマフ→アーセナル?(ヴェンゲル監督は今夏もオファーが殺到するFWアデバヨールの退団に備えており高く評価するシャマフやFWサンタクルス(ブラックバーン)をリストアップしたようで前者の移籍金は1200万ポンド前後だが、後者は1800万ポンド以上と高額な移籍金がネックになっている模様)
・ アーセナルのスペイン代表MFセスク・ファブレガス→レアル・マドリード、バルセロナ?(同選手にはレアルの次期会長候補であるペレス氏が興味を寄せているが、古巣のバルセロナもセスクのレアル移籍阻止に動き始めたようで今夏に獲得し、来季は残留させるプランを検討している模様)
・ リヨンのフランス代表FWカリム・ベンゼマ→インテル、ユベントス?(既に今夏の残留を表明している同選手だが、ユベントスは今夏の退団が噂されるFWトレゼゲの後釜として注目しておりリヨンがトレゼゲ獲得に動いている事からベンゼマとのトレード移籍を提案する可能性もあり、更にインテルもFWイブラヒモビッチの後釜として興味を示している模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→インテル?(今夏でレンタル契約が満了となる同選手はリバプール移籍が噂されているが、報道によれば保有権を持つMSI社のキア・ジョオラビシアン会長がミラノでインテルのブランカTDと会談を行ったと報じられておりインテルはFWイブラヒモビッチの退団に備えテベスに興味を示している模様)
・ チェルシーのポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョ→インテル?(モウリーニョ監督は欧州CL優勝を目指して今夏の大型補強を計画しており、DFの補強にはポルト時代からの愛弟子のカルバーリョ獲得を熱望しているようで今季、負傷などで控えに甘んじていたカルバーリョも既に退団の意向をクラブに伝えたとも報じられている)
・ 元レアル・マドリード監督のベルント・シュスター氏→アトレティコ・マドリード?(同クラブはシーズン終了後にレシノ暫定監督の去就を決定する方針だが、解任となればライバル・レアルの元監督であるシュスター氏を第一候補として第二候補にはファンデ・ラモス現監督がリストアップされている模様)
・ ゼニト・サンクトペテルブルクのディック・アドフォカート監督→ベルギー代表(正式発表、2010年1月から。同代表は今年4月にファン・デル・エイケン監督を成績不振により解任しており現在はベルコーテルン暫定監督が指揮を執っているがアドフォカート監督はゼニトとの契約が今年度末で満了になる事から来年からの監督就任に合意したようでオファーを受けた理由は母国オランダから近い事が理由の模様)
・ ユベントスのイタリア代表FWヴィンチェンツォ・ヤクインタ→トッテナム?(イタリアでの報道によれば以前から移籍が噂されていた同選手は移籍金1500万ユーロで今夏のトッテナム移籍が合意したと報じられている。なおユベントスはその移籍金でFWクアリアレッラ(ウディネーゼ)の獲得資金に回す見通し)
・ セルティックのスコットランド代表MFスコット・ブラウン→トッテナム?(レドナップ監督は同選手をハイバーニアン時代から注目していたと言われており、今夏の獲得に向け移籍金800万ポンドを用意しているようだがセルティックのストラカン監督は退団が噂されるMF中村に続き2009年リーグ最優秀選手にも選出されたブラウンの放出には難色を示すと見られている)
・ シャフタール・ドネツクのクロアチア代表DFダリヨ・スルナ→ACミラン、バイエルン・ミュンヘン?(同選手は今季終了後にクラブと今後について会談を行う予定だが、早くもバイエルンとミランが興味を示しているようでミランはスルナのユーティリティー性が魅力なようだ)
・ ASローマのフランス代表DFフィリップ・メクセス→ミラノの2クラブ?(同選手には以前からミランが興味を寄せており、ローマは来季の欧州CL出場を逃した場合、メクセス放出の可能性も報じられており、更なるDF陣の強化を画策するインテルも注目している模様)
・ ポーツマスのイングランド代表MFジャーメイン・ペナント→マドリードの2クラブ?(同選手はリバプールからポーツマスにレンタル加入中だが、既にリバプールではポジションを失っている為、契約満了となる今夏のフリー移籍が濃厚で報道によれば今冬にも興味を示していたマドリードの2クラブが再び接近している模様)
・ マルセイユのエリック・ゲレツ監督→アル・アハリ(正式発表。今季一杯での退任を発表していた同監督は、アトレティコやアル・アハリ監督就任が噂されていたがゲレツ監督はアル・アハリからの高額オファーを受け入れた事を認めた。更に同監督は退任理由について契約延長の意志はあったもののマルセイユ首脳陣からの信頼感の欠如が理由と明かした)
・ ポーツマスのイングランド代表DFグレン・ジョンソン→バイエルン・ミュンヘン?(同選手にはリバプール、トッテナム、シティなどが獲得に動いているが新たにバイエルンも争奪戦に参戦したようで既に問い合わせを行ったようだ。なお報道によればジョンソンの移籍金は1700万ユーロと見られている)
・ バイエルン・ミュンヘンのアルゼンチン代表MFホセ・ソサ→1FCケルン?(同選手はバイエルンでは本領を発揮出来ずにおり、今冬にはパレルモ移籍が濃厚となっていたが今夏こそは移籍が決定的と見られておりケルンは退団が確実視されるMFブチチェヴィッチの後釜として獲得に動いている模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→リバプール?(今季一杯でレンタル期間が満了となる同選手だが、リバプールは保有権を持つMSI社に移籍金2600万ポンド、テベス本人には3年契約・年俸800万ポンドをオファーするようだ。なおリバプールは過去にMSI社が保有権を持っていたMFマスチェラーノの完全移籍に成功した実績がある)
・ ウディネーゼのイタリア代表MFガエターノ・ダゴスティーノ→アトレティコ・マドリード?(同選手にはユベントス、インテルが注目しているがアトレティコは移籍金600万ユーロのオファーを提示したようだ。この額では獲得は難しいと見られているがFWフォルラン、アグエロを売却した場合は本格的に動き出すと見られている)
・ チェルシーのイングランド代表DFアシュリー・コール→バルセロナ、インテル?(同選手はチェルシーと契約延長交渉を開始したがバルセロナはチェルシーが放出に応じる場合は移籍金2000万ポンドを用意する準備がありコールを獲得すればDFシウヴィーニョを放出すると見られ、他にもインテルのモウリーニョ監督も元部下の同選手に注目している模様)
[PR]
by wing00nana | 2009-05-26 11:35 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報2~インテル、モッタ&ミリート獲得?~

・ ジェノアのブラジル人MFチアゴ・モッタ、アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリート→インテル(数日前にミリートがミラノで目撃されていた事から移籍は決定間近と見られていたが、ジェノアのプレツィオージ会長もインテル側と2選手の移籍に合意した事を認めた。同会長はトレード要員としてFWアックアフレスカが加えられる可能性も示唆しておりミリートの後釜にはFWフロッカリ(アタランタ)獲得も決定した事を明かした)
・ 元レアル・マドリード会長のフロンレティーノ・ペレス氏→会長復帰?(速報:既に会長選挙出馬を表明しているペレス氏だが、同じく出馬表明をしていたフアン・オニエバ氏は先日、出馬を断念、更にエドゥアルド・ガルシア氏も銀行保証金を用意出来ず出馬を断念した事から現在までに正式に立候補しているのはペレス氏一人という状況でこのまま5月30日までに対立候補が現れなければ6月1日に自動的にペレス氏の新会長就任が決定する)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→ユベントス?(同クラブはDFカンナバーロ、MFヂエゴに続く大型補強を計画しており既に幹部同士の会談でウディネーゼのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラはクラブ間合意し、更にはナポリのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシやパルメイラスのブラジル人FWケイリソン、更に昨夏にも獲得に動いたアロンソにも再び興味を示している模様。最新報道では同選手の残留を明言しているベニテス監督だが、代理人は会談で長期の契約を確約されない事から移籍を志願したようだ)
・ パニオニオスの元ウルグアイ代表FWアルバロ・レコバ→パルマ?(同クラブは来季のセリエA復帰が決定しており、トンマーゾ・ギラルディ会長は若手を牽引出来る経験豊富なベテランとして元インテルのレコバ獲得に興味を示しているようだ。なおレコバ本人も馴染みのイタリア復帰に前向きな模様)
・ サンプドリアのイタリア代表MFアンジェロ・パロンボ→契約延長(正式発表、2013年まで。キャプテンを務める同選手の現行契約は2010年までとなっていたがインテルやフィオレンティーナが興味を示していた)
・ ASモナコのDRコンゴ代表DFセドリック・モンゴング→ユベントス、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン?(同選手がユベントス、アーセナルからの興味を明かしたもので契約は2010年まで残しているが今季終了後に去就を決定すると話しており、同選手にはバイエルンも興味を寄せていると報じられている)
・ ヴェルダー・ブレーメンのドイツ代表DFペア・メルテザッカー→バイエルン・ミュンヘン?(ウリ・ヘーネスGMはクラブがスター選手獲得に迫っている事を明かしたが報道ではそれがミランやヴォルフスブルクが興味を示すメルテザッカーと予想されており獲得が実現すればDFファン・ブイテンは放出されると見られている)
・ ブラックバーンの南アフリカ代表DFアーロン・モコエナ→ポーツマス(正式発表、3年契約。同選手は今季、途中から就任したアラダイス監督の構想外となっており来年の母国開催となるW杯出場の為に移籍を志願していた)
・ マンチェスター・シティのイングランドU-19代表FWダニエル・スターリッジ→退団(今季で契約満了となる同選手はシティに対し週給7.5万ポンドを要求しており、シティ側も最大限譲歩したようだがそれでもスターリッジはこの条件から譲らず最終的にシティが契約延長を断念したようだ。ヒューズ監督も破談に終わった事を認めており今夏のフリー移籍が決定的となった)
・ アーセナルのトーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール→マンチェスター・シティ?(今夏の放出が噂される同選手にはミランが興味を寄せているが新たにシティも争奪戦に参戦したようだ。報道によればシティは移籍金2100万ポンドのオファーを用意しているようでシティ関係者もアデバヨール獲得を打診した事を明かした模様)
・ ラツィオのセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ&アルゼンチン人MFクリスティアン・レデスマ→ユベントス?(同クラブはDFデ・チェッリエに満足していない事から左サイドの補強を計画しておりFWトレゼゲとDFグロッソ(リヨン)のトレード移籍も検討しているようだがFWパンデフに続きラツィオのコラロフに注目しており、中盤でもMFダゴスティーノ(ウディネーゼ)に続きレデスマもリストアップした模様)
                            ~優勝・昇格・降格情報~
・ イングランド:プレミアリーグは、2008-2009シーズンの全日程を終え1位マンチェスター・ユナイテッド、2位リバプール、3位チェルシー、4位アーセナルまでが来季の欧州CL出場権を獲得、5位のエバートンはUEFAヨーロッパリーグに回る。注目された降格争いは既に降格が決定している最下位のWBAに続き最終節で16位サンダーランド、17位ハル・シティは残留し19位ミドルスブラ、18位ニューカッスルの2部降格が決定した。名門ニューカッスルの降格は17年ぶり。得点王は19得点のアネルカ(チェルシー)。
・ イングランド:チャンピオンシップは、昇格プレーオフ決勝戦が行われリーグ5位のバーンリー対3位のシェフィールド・ユナイテッドの一戦は、1-0(13'エリオット)でバーンリーが勝利し34年ぶりの来季のプレミアリーグ昇格が決定した。これで来季の昇格クラブは首位ウォルヴァーハンプトン、2位バーミンガム、プレーオフを制したバーンリーの3クラブで、3部降格はノーリッジ・シティ、サウサンプトン、チャールトンとなった。
・ スペイン:リーガ・エスパニョーラ第37節では、最下位のレクレアティボ・ウェルバがラシン・サンタンデールに敗れ、19位のヌマンシアもヘタフェに敗れた事から最終節を残して来季の2部降格が決定した。なお降格の残り1枠はオサスナ、ヒホン、ヘタフェ、ベティス、バジャドリーの5チームで争われる。
・ イタリア:セリエA第37節では、最下位のレッジーナがラツィオに敗れ、その後、レッジーナと同じく最下位のレッチェもフィオレンティーナと引き分け2クラブは勝ち点30で17位トリノとの差が4に開いた為、最終節を残してレッジーナ、レッチェのセリエB降格が決定した。レッジーナの降格は7年ぶり。
・ ドイツ:ブンデスリーガは、2008-2009シーズンの全日程を終え注目の優勝争いは最終節で首位ヴォルフスブルク、2位バイエルン・ミュンヘン共に勝利し首位のヴォルフスブルクが逃げ切りクラブ史上初のリーグ優勝が決定した。この結果、1位ヴォルフスブルク、2位バイエルン・ミュンヘン、3位VfBシュツットガルトまでが来季の欧州CL出場権を獲得、4位ヘルタ・ベルリン、5位ハンブルガーSVはUEFAヨーロッパリーグに回る。降格は最下位のアルミニア・ビーレフェルト、17位カールスルーエに決定し16位のコットブスはプレーオフに回る。得点王は28得点のグラフィッチ(ヴォルフスブルク)。
・ ドイツ:ブンデスリーガ2部は、最終節で2位のマインツ05がRWオーバーハウゼンに快勝し自動昇格圏の2位を確定させ既に優勝を決めているフライブルクに続き、来季の1部昇格が決定した。マインツと2位を争った3位ニュルンベルクも最終節に勝利したもののわずかに及ばず、1部16位のコットブスと昇格・降格プレーオフを戦う。
・ スコットランド:プレミアリーグ第38節では、2位のセルティックがハーツと引き分け勝ち点を82に伸ばしたが、首位のグラスゴー・レンジャーズはダンディー・ユナイテッドに快勝し勝ち点を86とした為、最終節を残しレンジャーズの4シーズンぶりリーグ最多の52回目の優勝が決定した。
・ ポルトガル:スーパーリーガは、全日程を終え首位FCポルトのリーグ六連覇が決定した。来季の欧州CL出場クラブは1位ポルト、2位スポルティング・リスボンで3位ベンフィカ、4位ナシオナル、5位ブラガはUEFAヨーロッパリーグに回る。降格は15位ベレネンセスと16位トロフェンセ、得点王は19得点のネネ(ナシオナル)
・ 2008-2009 UEFA杯決勝戦のヴェルダー・ブレーメン対シャフタール・ドネツクの一戦は、前半25分にシャフタールのFWルイス・アドリアーノが先制するも35分にブレーメンのDFナウドがFKで返し1-1のまま延長戦に突入し97分にシャフタールのMFジャヂソンが追加点を挙げ、1-2でシャフタールの初優勝が決定した。ウクライナのクラブの優勝も初でUEFA杯は来季からUEFAヨーロッパリーグに新設される事からシャフタールは現行UEFA杯最後の優勝チームとなり昨年のCAKAモスクワに続き東欧勢の2年連続制覇となった。
[PR]
by wing00nana | 2009-05-26 11:00 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報~ペレス氏、カカ&リベリー獲得?~

・ ACミランのブラジル代表MFカカ→レアル・マドリード?(スペインの二大新聞紙「AS」と「マルカ」は次期会長最有力のペレス氏が移籍金6000万ユーロでミランと合意し、カカ本人とも5年契約・年俸1200万ユーロで合意したと報じている。これまでカカ放出を頑なに拒否してきたガッリアーニ副会長だがペレス候補とは友好関係にあるうえ、カカ本人の希望とクラブの経営状況により移籍を容認した模様。その後、カカの父親で代理人のボスコ氏は報道を否定したがこれはミラン・サポーターの反発を抑える為の措置と報じられている)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏のアドバイザーに就任予定のジダン氏が自身の後継者にリベリーを指名しているが更にリベリーの代理人はジダン氏がレアル移籍を仲介したアラン・ミグリアッチオ氏で既にペレス氏はリベリー本人と移籍で合意しているようだ。残すはバイエルンとの交渉だが現時点で正式オファーを出しているのはレアルとインテルのみでバイエルンの要求する移籍金5000万ユーロに対しペレス氏は3500万ユーロで獲得を決めたい意向)
・ インテルの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ→現役引退(インテルから1年間の契約延長を打診されていた同選手だが、インテルの4連覇が決定したその夜に母国ポルトガルの報道に対し今季一杯での現役引退を表明した。なおフィーゴは今後は欧州のクラブではプレーしないが欧州以外のクラブからはオファー次第では現役復帰する可能性もあると話している)
・ レアル・マドリードのイタリア代表DFファビオ・カンナバーロ→ユベントス(正式発表、1年契約。同選手は2006年のカルチョポリスキャンダルのユベントスの降格処分を受けレアルに移籍しており、今季一杯で契約満了でカンナバーロ本人は契約延長を希望していたがレアル側はオファーを提示せず3年ぶりの古巣復帰となった。なおカンナバーロはレアル移籍の経緯についてはユベントスの降格による財政的な理由とサポーターへの理解を求めている)
・ 元AZ監督のルイス・ファン・ハール氏→バイエルン・ミュンヘン監督就任(正式発表、2年契約。バイエルン側は既に退任を表明していたファン・ハール氏と合意していたが、AZ側は2010年まで契約を残している事から違約金200万ユーロを要求していた事で契約が難航していたが両クラブ間で友好的に解決されたとのこと)
・ 元バレンシア監督のロナルド・クーマン氏→AZ(正式発表、2年契約。同クラブはバイエルンの監督に就任したファン・ハール前監督の後任を探しておりバレンシアではクラブに混乱をもたらしただけのクーマン氏だがオランダ国内ではアヤックス、PSVでタイトルを獲得しておりその手腕に期待されている)
・ ヴェルダー・ブレーメンのブラジル代表MFヂエゴ→ユベントス?(一時はバイエルンの横槍も報じられていたがユベントスはブレーメンおよびヂエゴと5年契約・移籍金2450万ユーロ・年俸400万ユーロで合意したと報じられ、その後、ヂエゴ本人、ユベントスのコボッリ・ジリ会長も合意の事実を認め残すはサインのみと語っているが最新報道ではヂエゴの代理人も務める父親の取り分を巡り新たな問題が発生している模様)
・ ジェノアのアルゼンチン代表FWディエゴ・ミリート→インテル?(両クラブ間は移籍金1600万ユーロ+レンタル中のFWアックアフレスカ、DFボヌッチの共同保有、場合によっては+MFヒメネスの譲渡という条件で合意しており、残すはミリート本人の合意のみでインテルの3年契約・年俸350万ユーロに対しミリート側は4年契約・400万ユーロを要求していたが代理人のイダルゴ氏とインテル首脳陣の会談の結果、それも解決し早ければ今週中に行われるモラッティ会長とジェノアのプレツィオージ会長との首脳会談で正式決定する)
・ コリンチャンスのブラジルU-17代表DFドド→マンチェスター・ユナイテッド?(報道によれば移籍金は540万ポンドで加入は2010年2月になる予定。ドドはポルトガルのパスポートを保有している為、労働許可なども問題なくドド本人もユナイテッド加入を認めている)
・ ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督→チェルシー?(同監督を巡ってはベルルスコーニ・オーナーがリーグ優勝を逃したのはアンチェロッティ監督の責任と痛烈に批判したと報じられ同オーナーは否定しているがシーズン終了後に会談を行う事は認めており、報道によれば既にミラン側もアンチェロッティ監督も退任で大筋合意しており今月末にもチェルシーの監督就任が発表される予定だという。なお同監督と共にフィリッポ・ガッリ・アシスタントコーチも追随すると見られている)
・ セビージャの元スペイン代表DFハビ・ナバーロ→現役引退(正式発表。同選手は2007年に負った膝の負傷から未だに復帰出来ずにおり、ナバーロ本人は数日前に最近は膝の調子は良いとしながらも再びプレー出来るまでに回復出来るかは不透明と語り負傷に悩まされ続けた事もあり現役引退も示唆していたがやはり実戦復帰は無理と判断した模様。今後はセビージャのスタッフとしてクラブに残る事を希望している)
・ インテルのアルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ→フィオレンティーナ?(同選手は今夏の移籍が決定的となっており、代理人のイタルゴ氏によればクレスポ本人はもう1年、イタリアでプレーする意向と語り現在は国内の2クラブと交渉中と明かしたが最新の報道によれば今夏のフィオレンティーナ移籍が合意した模様)
・ リバプールのイングランド代表MFスティーブン・ジェラード→契約延長?(同選手が明かしたものでまだ詳細を詰めなければならないものの間もなく4年間の契約延長に合意する予定とのことで夏季休暇前までに正式決定するとの見解を示している)
・ ボルシアMGのドイツ代表MFマルコ・マリン→ヴェルダー・ブレーメン?(来夏で契約満了の同選手は今夏のハンブルガー移籍が有力と見られていたがここに来てユベントス移籍が濃厚なMFヂエゴの後釜としてブレーメンも争奪戦に参戦したようでマリン本人もハンブルガーより格上のブレーメン移籍を希望しているようで、4年契約・移籍金900万ユーロで合意する見通し)
・ ヴェルダー・ブレーメンのブラジル代表DFナウド→マルセイユ?(今夏にDFの補強を計画するマルセイユはDFファン・ブイテン(バイエルン)やラミ(リール)など複数の候補をリストアップしているが新たにナウドも加わったようだ。しかし同選手の現行契約は2012年まで残っている為、獲得は難しいと見られている)
・ インテル(→チェルシー)のポルトガル代表FWリカルド・クアレスマ→ベンフィカ?(同選手はレンタル先のチェルシーでも活躍出来ておらずインテルも既にクアレスマを戦力外としている事から来年のW杯出場を目指し母国のベンフィカ移籍が噂されている)
・ アーセナルのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー→退団?(アーセナル側は半年前から4年間の契約延長をオファーしているが依然としてファン・ペルシーとは契約延長に合意出来ておらず来夏で契約満了という事からも移籍金が発生する今夏中の放出も検討し始めたようだ)
・ バルセロナのスペイン代表MFシャビ→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏は宿敵バルセロナのシャビやMFイニエスタ、FWメッシーに注目していると報じられており2000年の会長就任時のMFフィーゴのように宿敵からの引き抜きを計画していると報じられているがペレス氏もバルセロナとは紳士協定は結ばない意向を示しておりどんな選手でも違約金を支払えば獲得可能との見解を示している)
・ フィオレンティーナのブラジル代表MFフェリペ・メロ→インテル?(同選手にはレアルなど複数のビッグクラブも興味を寄せているが、移籍金は昨夏の加入時の800万ユーロから2250万ユーロまで跳ね上がっておりインテルは金銭+フィオレンティーナが興味を示すDFブルディッソという条件で獲得に動く模様)
・ パリ・サンジェルマンの元フランス代表MFクロード・マケレレ→契約延長?(既に現役引退後のフロント入りも確約されている同選手は、今夏の現役引退も報じられていたがPSG側ともう1年間契約を延長し、現役を続行する事で合意したようだ。なお正式発表は今季最終節終了後の見通し)
・ 元OFIクレタ監督のフランティシェック・ストラカ氏→チェコ代表監督就任(正式発表。前任のペトル・ラダ監督は先月に成績不振により解任されており、新監督のストラカ氏は現役時代はチェコ代表として活躍し、監督としてはス
パルタ・プラハなど主にチェコ国内で監督業を行っていた)
・ アーセナルのトーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール⇔チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ?(チェルシーの次期監督最有力と見られるミランのアンチェロッティ監督はアブラモビッチ・オーナーにアデバヨール獲得を強く要請しており、同オーナーは欧州CL準決勝で大失態を犯したFWドログバとのトレード移籍を検討しているようだ。ヴェンゲル監督も今夏のアデバヨールの退団を示唆しておりDFギャラスのようにライバルのチェルシー移籍でも問題ないと語っている)
・ アトレティコ・マドリードのギリシャ代表DFゲオルギオス・セイタリディス→契約解除(正式発表。同選手は既に契約解除されたMFマニシェと共に召集されなかった先月のスポルティング・ヒホン戦のスタンド観戦を拒否した事からクラブから謹慎処分を受けていた)
・ AZのオランダ代表MFスタイン・スハールス→バイエルン・ミュンヘン?(今季のリーグ優勝に輝いたAZは主要リーグのクラブの注目の的になっておりキャプテンのスハールスにはバイエルン次期監督のファン・ハール氏が獲得を熱望しており、現行契約は2010年までになっている事から契約延長を拒否した場合、今夏の移籍が濃厚)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→レアル・マドリード?(同選手は次期会長最有力のペレス氏の選挙公約と見られているが、リバプールのジレット、ヒックスの両オーナーとベニテス監督が会談を行い新スタジアム建設に向けた経費削減として今夏に11選手を放出する事を決定し、アロンソも移籍金3000万ユーロに設定された模様。なおアロンソは移籍を否定している)
・ アストン・ビラのデンマーク代表DFマルティン・ラウルセン→現役引退(正式発表。同選手は今年1月に負傷を抱えていた膝の手術を受けたが一向に完治せず復帰するにはもう一度、大規模な手術が必要と診断された事からラウルセン本人が引退を決断したとのこと)
・ FCポルトのポルトガル代表DFブルーノ・アウベス→レアル・マドリード、チェルシー?(同選手にはレアルが注目しているがチェルシーも今季、度重なる負傷に悩まされ18試合の出場に留まったDFカルバーリョの後釜として注目している模様。なお同選手の現行契約は2012年までで移籍金は1670万ユーロ前後)
・ ボルドーのローラン・ブラン監督&ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏はスタッフ達に新監督に関するアンケートを行ったようでSD就任予定のバルダーノ氏はビジャレアルのペジェグリーニ監督を支持、アドバイザーに就任予定のジダン氏はフランス代表のチームメイトであったブラン氏を推薦したようだ。他にもミランのアンチェロッティ監督、アーセナルのヴェンゲル監督、インテルのモウリーニョ監督などがリストアップされている模様)
・ チェルシー(→ACミラン)のウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ→ディナモ・キエフ?(同選手はミランへの完全移籍を熱望しているがミランは完全移籍オプションを行使しない意向で今夏のチェルシー復帰が濃厚と見られているが古巣ディナモ・キエフ復帰も噂されている。しかし移籍実現にはパツィク夫人の意向に大きく左右されると見られている)
・ ジェノアのブラジル人MFチアゴ・モッタ→ユベントス、ナポリ?(ユベントスは次期監督にジェノアの躍進の立役者であるガスペリーニ監督に注目しているが、ナポリなども興味を示すモッタの獲得にも動いており同選手はジェノアと”ビッグクラブからオファーが提示された場合はサラリーが2倍(130→260万ユーロ)になる”という契約を交わしておりユベントスはレンタル中のDFクリシート、FWパッラディーノをオファーに含める用意がある模様)
・ チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ→インテル?(今夏の移籍が濃厚な同選手にはFWアデバヨールとのトレード移籍が噂され古巣マルセイユ、シティなども興味を示しているが代理人のイッサ・トラオレ氏がミラノで目撃されており近日中にインテル幹部と会談を予定しているようだ。ドログバ本人も再びモウリーニョ監督の元でプレーする事を望んでいるが問題となるのは欧州CL準決勝の処分と見られる)
・ FCポルトのフランス人DFアリ・シソッコ→バイエルン・ミュンヘン?(同選手は今冬にヴィトリア・セトゥーバルから移籍金30万ユーロで加入したばかりだが、早くもスタメンに定着し欧州CL準々決勝のユナイテッド戦での活躍から複数のクラブが注目しておりDFオッド、レールに満足出来ないバイエルンも興味を示している)
・ 元アタランタの元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ→南アフリカ:モロカ・スワローズ?(同選手はブラジルで新天地を探していたがどこのクラブとも合意せず無所属が続いているが南アフリカのモロカ・スワローズからオファーを受けたようだ。同クラブのメインスポンサーはドイツのフォルクスワーゲン社でモロカのプリンスCEOはヴィエリへの興味を認めながらも35歳という年齢に躊躇している)
・ 元シュツットガルト監督のアルミン・フェー氏→ヴォルフスブルク?(同クラブは今季一杯での退任が決定しているマガト監督の後釜を探しており、来季は欧州CL出場が決定的な事から世界的な知名度を持つ監督としてライカールト氏や元スパルタク・モスクワ監督のラウドルップ氏にオファーを出したが拒否されておりこれを受け昨年11月に解任されて以来、フリーとなっているフェー氏に接触している模様)
・ マンチェスター・シティのアイルランド代表MFスティーブン・アイルランド→契約延長?(既に両者は2013年までの契約延長で週給8万ポンドという条件で大筋で合意しており、残すはサインのみと報じられている)
・ アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督→レアル・マドリード?(同監督はレアルの次期会長最有力のペレス氏に次期監督候補としてリストアップされているが、2010年まで契約を残すヴェンゲル監督はペレス氏がいれば監督としては魅力的と語る一方で契約を遵守すると話している。しかしこの発言の裏には4年連続無冠に終わった事でヴェンゲル監督や選手達がサポーターにブーイングを受けている現状や今夏の補強費がわずか1700万ポンドという事に対しての不満から退任も検討していると見られている)
・ チェルシーのイングランド代表DFアシュリー・コール→契約延長?(首脳陣は同選手のパフォーマンスに満足しており、5年間の契約延長でクラブ最高級となる週給10万ポンドのオファーを提示するようだ)
・ バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFフィリップ・ラーム&マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表DFパトリス・エヴラ→ユベントス?(同クラブは長期離脱中のDFモリナーロの代役としてDFドッセーナ(リバプール)、グロッソ(リヨン)、アビダル(バルセロナ)などをリストアップしているが本命はラームとエヴラのようだ。しかし2選手とも移籍金は最低でも2000万ユーロ以上と見られるうえ、所属クラブの激しい抵抗が予想される)
・ ボルトンのイングランド人DFギャリー・ケイヒル→アーセナル?(ヴェンゲル監督は成長著しい同選手でDFを補強しようと考えているようだが、ボルトンはケイヒルの移籍金を最低2000万ポンドに設定しており更にメグソン監督によれば契約延長交渉が始まっているとのこと)
・ ACミラン(→ボルドー)のフランス代表MFヨアン・グルキュフ→バイエルン・ミュンヘン?(バイエルンは今季、無冠に終わった場合、今夏に改革を行う意向で高額な移籍金を見込めるMFリベリーを放出し、その移籍金の一部を用いて後釜としてグルキュフ獲得に動くようで更に母国復帰を希望しているFWトニを交渉に含める用意もあるようだ)
・ パリ・サンジェルマンのフランス代表MFジェローム・ロテン→ブラックバーン、ボルトン?(同選手の現行契約は2011年までだが、代理人のボリ氏によればプレミアとブンデスの複数のクラブからオファーを受けていると明かしPSGに在籍して5年間になる事からも今夏がキャリアアップの時期との見解を示している)
・ インテルのジョゼ・モウリーニョ監督→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏はMFカカやロナウドを獲得し再び銀河系を復活させる構想を練っているが、そのスター軍団を率いるカリマス性を持った監督としてモウリーニョ監督に注目しており次期監督にリストアップされた模様)
・ チェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル→インテル?(モウリーニョ監督は今夏で契約満了予定のチェルシー時代の愛弟子であるミケル獲得を熱望しており報道によれば4年契約で合意間近と報じられている。更にモウリーニョ監督はMFセスク(アーセナル)獲得を熱望している模様)
・ ウディネーゼのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ→インテル、ユベントス?(同選手を巡ってはインテルとユベントスが獲得を争っており移籍金1300万ユーロに関してはインテルは金銭+FWビアビアニ(→モデナ)という条件を用意しており、ユベントスも金銭+共同保有のFWパオルッチ(→カターニア)の完全譲渡+もう1名若手選手を加える条件を提示する模様)
・ スポルティング・リスボンのポルトガル代表MFミゲウ・ヴェローゾ→エバートン、アストン・ビラ、ボルトン?(これまで複数のクラブへの移籍が噂されきた同選手だが、代理人のパウロ・バルボサ氏はプレミアの3クラブと交渉中である事を明かし今月中に合意するとの見解を示した)
・ 元セルタ監督のフリスト・ストイチコフ氏→イラン:アブ・モスレム(正式発表、2年契約。フセイン・ガセミGMによれば元ベジクタシュ監督のジャン・ティガナ氏との協議の末、ブルガリアの英雄である同氏の招聘を決定したとのこと)
・ アストン・ビラのイングランド代表FWアシュリー・ヤング→チェルシー?(同クラブの次期監督最有力のミランのアンチェロッティ監督はアブラモビッチ・オーナーとの会談で今夏の補強費として3000万ポンドを確約されたようで同監督はヤング獲得を要請したようだが、同選手の移籍金は最低でも2000万ポンド)
・ ミドルスブラのイングランド代表MFスチュワート・ダウニング→リバプール、アストン・ビラ?(同選手は現在19位で降格圏に沈むミドルスブラがこのまま降格となれば退団すると見られており、リバプールのベニテス監督はMFリエラに満足しておらず更なる左サイドの補強として移籍金1200万ポンドを用意しており、アストン・ビラもダウニング獲得に動いている模様)
[PR]
by wing00nana | 2009-05-20 02:06 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報2~ラニエリ監督解任~

・ ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督→解任→チロ・フェラーラ氏(正式発表。同クラブは前節のシエナ戦に引き分け、これで5試合連続引き分けとなり欧州CL予選免除の3位も危うくなり翌日、ユベントス首脳陣は緊急会議を行いラニエリ監督の去就について協議を行い、解任を決定した模様。後任はクラブOBでプリマヴェーラ責任者のフェラーラ氏の就任が発表された)
・ ウィガンのエジプト代表FWアムル・ザキ→退団(アル・ザマレクからレンタル加入中の同選手はシーズン前半戦こそ10ゴールを挙げる大活躍を見せたが2009年に入ってからは無得点が続いておりブルース監督から酷評されており今回、同監督はザキの個人的な問題を理由に完全移籍オプションを行使しない事を発表した)
・ アヤックスのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン→アーセナル?(今夏にDFの補強を計画するアーセナルはアストン・ビラも注目するヴェルメーレンに注目しているようで移籍金800万ポンドを用意しているようだ。また同クラブはユベントスのDFキエッリーニにも注目しているがこちらは難しいと見られている)
・ シャルケ04の元ドイツ代表FWケビン・クラニィ→ハンブルガーSV?(同選手は2010年まで契約を残しているがクラニィ本人は移籍を希望しているようで既にプレミアの複数のクラブが興味を寄せているが、今夏のバイエルン移籍が内定しているFWオリッチの後釜としてハンブルガーも争奪戦に参戦した模様)
・ ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督→退任(同監督によれば契約満了となる来夏で退任すると明かし、理由については既に在任期間が6年間となり新たな挑戦を求めると語ったようだ)
・ トゥールーズのフランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャク→アストン・ビラ?(同クラブのオニール監督は来季こそ悲願の欧州CL出場を目指して今夏の補強の目玉としてリーグ1得点王獲得が濃厚なジニャク獲得を希望しているようだ。しかしジニャク本人は残留を希望している模様)
・ インテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラ→パリ・サンジェルマン?(同選手は今季は負傷に悩まされあまり出場機会を得られていなかったが、代表の僚友であるMFマケレレがPSG首脳陣にヴィエラ獲得を進言したようでPSGは移籍金1000万ユーロで獲得に動く模様)
・ チェルシーのイングランド代表DFマイケル・マンシエン→エバートン?(エバートンはチェルシーでは同選手の出場機会が限られる事に目をつけ、更なる成長を促す事を名目に来季のレンタル移籍を打診している模様)
・ ACミランのブラジル代表FWロナウジーニョ→マンチェスター・シティ?(同選手はミランでは出場機会が限られている事に不満を漏らしており、最近では母国のコリンチャンスがFWロナウドに続くスター選手としてMFデコとの同時獲得に動いていたが、代理人で兄のアシス氏はブラジル復帰を否定したものの欧州内での移籍の可能性は否定しておらずシティが格安の移籍金1100万ユーロでの獲得を目指している模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウド→レアル・マドリード?(同選手は先日のシティ戦で途中交代を命じられその際にファーガソン監督に露骨に不満を示し去就が注目されているが、報道によれば昨夏に両クラブ間は今夏、レアルが移籍金8000万ユーロを支払えばユナイテッドはロナウドの移籍を認める事で事前合意していたようだ。しかしこの密約がメディアに漏れた場合は破棄される模様)
・ エスパニョールのカメルーン代表GKイドリス・カメニ→ボルドー?(ボルドーは高齢なGKラメの代役として若くて経験豊富なGKを探しておりGKペレ(ル・マン)と共にカメニにも注目しており、ボルドーはMFグルキュフの完全移籍で多額の出費が予想される事から今夏で契約満了の2選手を最適と考えているようだ)
・ マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→リバプール?(同選手には複数のビッグクラブが獲得に動いているがテベス本人は引き続きプレミアでのプレーを希望しており、特に自宅のあるチェシャーから通えるリバプール移籍を希望しているようだ。リバプールもテベスに興味を寄せており保有権を持つMSI社に接触している模様)
・ アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン→リバプール?(今季ここまで27ゴールを挙げ得点王争いを繰り広げている同選手は既にリバプールとは合意していると報じられておりアトレティコの設定した移籍金3600万ユーロには移籍金2400万ユーロ+MFルーカスという条件を用意している模様)
・ VfBシュツットガルトのドイツ代表FWマリオ・ゴメス→退団?(同選手にはミランやバルセロナ、プレミアの複数のクラブが興味を示しておりゴメス本人も来季の欧州CL出場権獲得に失敗すれば今夏に移籍を志願すると見られているが、報道によれば同選手の移籍金3000万ユーロに設定された模様)
・ AZのブラジル人FWアリ→ヴォルフスブルク?(同クラブは今季22ゴールを挙げ躍進の原動力となっているFWジェコの去就が不透明な事から後釜としてAZで控えに甘んじているアリに注目しているようだが同選手にはスパルタク・モスクワも獲得に動いている)
・ バルセロナのスペイン代表FWボージャン・ケルキック→デポルティボ?(同選手はバルセロナでは出場が限られている事から今夏のレンタル移籍が噂されているが、その場合はデポルティボ加入が有力なようだ。しかしボージャン本人は再三に渡り移籍を否定しておりデポルティボもレアルも興味を寄せるFWダニ・アキーノ(ムルシア)もリストアップしている模様)
・ ユベントスのフランス代表FWダビド・トレゼゲ→リヨン、マルセイユ?(同選手はラニエリ監督との確執から今夏の移籍を示唆しており、代理人のアントニオ・クリエンド氏はリヨンと会談を行ったが、一方でトレゼゲは来季のマルセイユ監督就任が決定している旧知のデシャン氏にも好意的なコメントを送っておりユベントスはDFシベリやFWベン・アルファなどに興味を寄せている事からもマルセイユとのトレード移籍の可能性もある)
・ ユベントスのイタリア代表FWヴィンチェンツォ・ヤクインタ→トッテナム?(同選手は今季、少ない出場機会で9ゴールを挙げるなど好調を維持しているがクラブに対し更なる出場機会と契約条件の見直しを要求しており、これを受けユベントスも放出を検討し始めたようでトッテナムは移籍金1500万ユーロのオファーを提示している模様。なおユベントスは後釜にFWクアリアレッラやパンデフをリストアップしている)
・ ラツィオのマケドニア代表FWゴラン・パンデフ→ハンブルガーSV?(同クラブのロティート会長は残留を明言しているが代理人は移籍を示唆しており、ハンブルガーはバイエルン移籍が決定しているFWオリッチの後釜として獲得に動く模様)
・ インデペンディエンテのアルゼンチンU-17代表GKダミアン・マルティネス→アーセナル?(アーセナル・スカウト陣はU-17南米選手権から同選手に注目しておりトライアル参加を打診していたようだ。マルティネス本人もトライアル参加の打診を認めており近日中に合流する予定)
                            ~優勝・昇格・降格情報~
・ イングランド:プレミアリーグは、第37節で首位のマンチェスター・ユナイテッドは4位のアーセナルと引き分け勝ち点を87とし、翌日に試合が予定されていた2位リバプールは勝ち点80で残り2試合で勝ち点差を7とした為、マンチェスター・ユナイテッドのリーグ3連覇が決定した。同クラブの優勝回数は18回となりリバプールの持つ最多記録に並び今季はFAカップ、カーリングカップでも優勝しており欧州CLも決勝まで進出している事から四冠の可能性も残している。
・ スペイン:リーガ・エスパニョーラは、第36節で2位のレアル・マドリードがビジャレアルに敗れ勝ち点を78のままとし、翌日に試合が予定されていた首位のバルセロナは勝ち点86で残り2試合で勝ち点差が8となった為、バルセロナの3シーズンぶり19度目のリーグ優勝が決定した。同クラブは今季、スペイン国王杯も優勝しており欧州CLも決勝まで進出している事から三冠の可能性も残している。
・ イタリア:セリエAは、第36節で2位のACミランがウディネーゼに敗れ勝ち点を71のままとし、翌日に試合が予定されていた首位インテルは勝ち点78で残り2試合で勝ち点差が7となった為、インテルの4連覇が決定した。同クラブはこれで17度目のリーグ優勝でライバル・ミランの優勝回数に並んだ。
・ オーストリア・ブンデスリーガは、第34節で首位のレッドブル・ザルツブルクはLASKリンツに勝利し勝ち点を74に、翌日に2位のラピド・ウィーンがリートに敗れ勝ち点が67のままとなった事から、2試合を残してザルツブルクの2シーズンぶり5度目のリーグ優勝が決定した。
・ イングランド・プレミアリーグは、第37節で最下位のWBAがリバプールに敗れ勝ち点を31のままとし、残留圏となる17位のハル・シティとの差が4となった事から最終節を残しWBAの2部降格が決定した。昨季の2部の優勝チームのWBAだが1年での再降格となった。
・ イタリア:セリエBは、第40節で2位パルマはチッタデッラと引き分け勝ち点を72とし、3位リヴォルノはサッスオーロに勝利し勝ち点を65に伸ばしたが残り2試合で勝ち点7差がついた為、自動昇格となるパルマの2位以内が確定し、来季の昇格が決定した。パルマは1年でのセリエA復帰。
[PR]
by wing00nana | 2009-05-19 05:39 | 海外サッカー移籍情報

海外サッカー移籍情報~アドリアーノ、フラメンゴ加入~

・ 元インテルのブラジル代表FWアドリアーノ→フラメンゴ(正式発表。契約詳細は非公表。同選手は精神的な問題から現役活動の一時的休止を発表し、その後、インテルとの契約を解除していたがキャリアの原点であるフラメンゴで再起を図る事になった)
・ 元AZ監督のルイス・ファン・ハール氏→バイエルン・ミュンヘン?(リーグ優勝を置き土産に退任した同氏は以前から噂されていたバイエルンと監督就任で合意したようだ。今後、数日中に正式発表される見通しファン・ハール氏はアシスタントコーチにバルセロナ監督時代の右腕であるヴィレムIIのアントリース・ユンカーTDを招聘する意向で更に今夏の最優先獲得選手として愛弟子のAZのオランダ代表MFスタイン・スハールス獲得を要請)
・ リバプールのフィンランド代表DFサミ・ヒーピア→バイヤー・レヴァークーゼン(正式発表、2年契約・今夏から加入。1999年にヴィレムIIから移籍金250万ポンドで加入した同選手の在籍年数は10年間に及び、ヒーピア本人はスタメンでプレー出来る環境を求めて移籍を決断したと話している)
・ アヤックスのマルコ・ファン・バステン監督→辞任(正式発表。既に今季の優勝はAZに決まっているがアヤックスは31節で宿敵PSVに大敗を喫し、32節ではAZと引き分けたものの33節で再びスパルタに大敗し欧州CL出場圏を逃しており、サポーターから猛非難を浴びていた)
・ ヴォルフスブルクのフェリックス・マガト監督→退任(正式発表。同監督は今季、バイエルンと熾烈な優勝争いを繰り広げており高い評価を得ていたがマガト監督は来季からシャルケ04の監督に就任すると見られている)
・ 元ユベントス監督のディディエ・デシャン氏→マルセイユ(正式発表、2年契約・今夏から就任。今季一杯での退任を表明したゲレツ監督の後任でデシャン氏はマルセイユOBで2年ぶりの監督業復帰)
・ 元レアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレス氏→会長選出馬(これまでメディアでは会長選出馬は濃厚と報じられながらも沈黙を保っていた同氏だが、今回、ペレス氏の事務所から14日に正式に出馬を表明すると発表された。本命のペレス氏の出馬でいよいよ会長選挙が本格的に動き出すと見られている)
・ アーセナルのイングランド代表FWセオ・ウォルコット→契約延長(正式発表。今回もアーセナルの通例通り、延長期間は非公表だが報道によれば4年間の契約延長と見られている)
・ アルメリアのスペイン人FWアルバロ・ネグレド→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏のSDに就任予定のホルヘ・バルダーノ氏が今季の大活躍を受け買戻しオプションの行使を希望。レアル側は6月30日までに移籍金は500万ユーロで買い戻す事が可能でネグレドが復帰した場合、FWファン・ニステローイかフンテラールは退団濃厚と見られ、ネグレド本人は第一希望はレアル復帰だが第5FWは受け入れられないと話している)
・ アトレティコ・マドリードのポルトガル代表MFマニシェ→契約解除(同選手の現行契約は6月一杯だったがアギーレ前監督、レシノ現監督と衝突してきた同選手は先月のスポルティング・ヒホン戦でのスタジアム観戦を拒否しており両者は契約満了を待たずの決別となった)
・ レアル・マドリードの元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス→マンチェスター・シティ?(同選手はペレス氏が復任すれば退団の可能性もあると報じられており、背景には前回のペレス会長時に先輩のDFイエロや恩師のデル・ボスケ監督がペレス氏との確執で退団、ラウール本人もペレス氏の銀河系構想には否定的で更に代理人のヒネス・カルバハル氏がシティのオーナーから4年契約で破格の総額4000万ユーロのオファーを受けたと報じられており、その後、ラウールは代理人の接触は認めつつも残留を強調している)
・ ASローマのルチアーノ・スパレッティ監督→ユベントス?(最近の不甲斐ない試合によりラニエリ監督はクラブ首脳陣や選手から信頼を失っており、同じく成績不振により立場が微妙になっているスパレッティ監督やイタリア代表のリッピ監督、プリマヴェーラ責任者でOBのチロ・フェラーラ氏、カリアリのアッレグリ監督、フィオレンティーナのプランデッリ監督なども候補に挙がっている)
・ アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン→バルセロナ?(バルセロナはFWイブラヒモビッチ(インテル)よりも格安なフォルランに興味を示しているようでアトレティコも財政難に陥っている事から同選手の放出も視野に入れており違約金は3600万ユーロに設定されているが市場価格は2400万ユーロ前後)
・ 1860ミュンヘンの元ドイツU-19代表MFラース・ベンダー(20)→バイヤー・レヴァークーゼン(正式発表、移籍金は非公表・2010年より加入予定。同選手はドイツでは”ベンダー兄弟”として将来を嘱望されておりレアルも興味を寄せていた)
・ リバプールのデンマーク代表DFダニエル・アッガー→契約延長(正式発表、2014年まで。同選手の現行契約は2010年までとなっており契約延長交渉が難航していた事からミランなどが獲得に動いていた)
・ ヘーレンフェーンのクロアチア代表MFダニエル・プラニッチ→リバプール?(同選手にはユベントスやアンダルシアの2クラブが注目しているがリバプールも争奪戦に参戦したようだ。ヘーレンフェーンのファン・デルメール会長もプラニッチのリバプール移籍を示唆しているがネックとなるのは900万ユーロと見積もられている移籍金)
・ パリ・サンジェルマンのポール・ル・グエン監督→退任(正式発表。同監督は今季、クラブを久々の上位進出となる4位に導いているがPSG側は今夏で契約満了となっているル・グエン監督との契約を延長しない事を発表)
・ ヴェルダー・ブレーメンのトーマス・シャーフ監督→ヴォルフスブルク?(同クラブは退任予定のマガト監督の後任に元バルセロナ監督のフランク・ライカールト氏をリストアップしていたがシャーフ監督にも興味を示しているようで同監督は2010年まで契約を残しているが今季、無冠に終わった事で退任の可能性もありヴォルフスブルクは接触を開始した模様)
・ ジェノアのアルゼンチン代表FWディエゴ・ミリート→インテル?(最近ではミランがFWボリエッロとのトレード移籍で獲得に近づいたと報じられたが、やはりインテル優勢なようで最新報道では移籍金1600万ユーロ+FWアックアフレスカの共同保有+ピサにレンタル中のDFボヌッチのレンタル移籍で合意した模様。なおインテルはFWクアリアレッラ(ウディネーゼ)もDFリバス、FWスアソらとのトレードで獲得に近づいている模様)
・ インテルのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ→レアル・マドリード?(タイトル獲得を熱望する同選手は今夏の移籍を検討しており既にバルセロナが興味を寄せているがレアル側は5年契約・年俸1200万ユーロという条件で、最低6000万ユーロと言われる移籍金については金銭+インテル側が興味を示すFWイグアイン、ロッベンなどを含む可能性もある。ちなみにイブラヒモビッチ本人はレアルよりもバルセロナを好んでいる模様)
・ ACミランのブラジル代表MFカカ→レアル・マドリード?(次期会長最有力のペレス氏はカカを公約に含めていると報じられておりガッリアーニ副会長やベルルスコーニ・オーナーと協議を重ねていく方針で移籍金5000万ユーロで獲得に動く意向。最新の報道によればカカの父親で代理人も務めるボスコ氏が今夏のレアル移籍を明言したと報じられたがその後、報道を否定)
・ アヤックスのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン→アストン・ビラ?(同クラブは負傷により現役引退も浮上しているDFラウルセンの後釜として昨年にUEFA杯で対戦した時から興味を寄せていたヴェルメーレン獲得を検討しているようだ。なおヴィラはアンデルレヒトのハンガリー代表DFロランド・ユハスもリストアップしている模様)
・ クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督→レアル・マドリード?(来月の会長選挙に立候補しているエドゥアルド・ガルシア候補はラモス現監督の続投は考えておらず次期監督にビリッチ監督を招聘する意向で既に協定も結んでいる事を明かした。ちなみに同候補の他の公約はFWドログバ(チェルシー)の獲得)
・ ACミランのブラジル代表FWロナウジーニョ→フラメンゴ?(フラメンゴはFWアドリアーノに続きミランで出場機会を得られず不満を漏らしているロナウジーニョにも注目しており兄で代理人のロベルト・アシス氏に接触しているようだ。同選手にはシティやフェネルバフチェも興味を寄せているがフラメンゴの本拠地・リオ・デ・ジャネイロにはロナウジーニョの息子のホアン君が在住している事が利点になる可能性もある)
・ 元アヤックス監督のマルコ・ファン・バステン氏→ACミラン監督就任?(今夏の退任が噂されるアンチェロッティ監督の後任には監督ライセンス取得に向け勉強中のレオナルド副会長補佐やタソッティ・アシスタントコーチ、カリアリのアッレグリ監督が候補に挙がっているが、ガッリアーニ副会長はOBのファン・バステン氏にも興味を寄せている模様)
・ VVVフェンロの日本代表MF本田圭佑→ヴォルフスブルク?(同選手は2部で16ゴールを挙げキャプテンとしてチームを牽引するなど昇格の原動力となり既にアヤックス、PSVが興味を示しているがヴォルフスブルクも争奪戦に参戦したようだ。なおVVVの設定額は1000万ユーロ)
・ マルセイユのエリック・ゲレツ監督→退任(正式発表。今夏で契約満了の同監督は去就が注目されていたが今回、正式に退任を発表した。この背景には契約延長に難色を示していたオーナーとの対立が報じられており今後はアトレティコやアル・ヒラル監督就任が噂されている)
・ アーセナルのフランス代表DFガエル・クリシー→レアル・マドリード?(同選手にはミランも興味を寄せていたが左サイドの補強を計画するレアルも争奪戦に参戦したようで移籍金1700万ユーロを用意しているようだ。この額にはヴェンゲル監督も満足しておりクリシーの代役にDFエコット(トッテナム)をリストアップしている模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWカルロス・テベス→チェルシー、レアル・マドリード、トッテナム、マンチェスター・シティ?(同選手はユナイテッドへの完全移籍は難しいと認めており今後もプレミアでのプレーを続ける意向でトッテナムはMFベントリー、FWパヴリチェンコ、ベントを放出して獲得に動く意向で更にスタメンも確約する模様)
・ トッテナムのイングランド代表MFトム・ハドルストーン→バイエルン・ミュンヘン?(バイエルンはザルツブルク移籍が濃厚になっているMFゼ・ロベルトの代役として同選手に興味を寄せており、トッテナム側も慰留はお行わない方針で移籍金550万ユーロで放出する意向)
・ バイエルン・ミュンヘンの元ブラジル代表MFゼ・ロベルト→ザルツブルク?(来季の欧州カップ戦を見据えるザルツブルクは今夏で契約満了で経験豊富なゼ・ロベルト獲得に動いており既に接触を開始した模様)
・ インテルの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ→契約延長?(同選手は今季終了後の現役引退も噂されていたが、モウリーニョ監督は衰えが隠せなくなっているものの同選手のピッチ外での働きを高く評価しており1年間の契約延長をオファーし、躊躇しているフィーゴの説得に当たっている模様)
・ ユベントスのフランス代表FWダビド・トレゼゲ→マルセイユ?(同選手はラニエリ監督と確執を抱えており同監督の去就次第では退団も辞さないと話しており、バルセロナ、リヨン移籍も噂されているが元ユベントス監督のデシャン氏が来季から率いるマルセイユも興味を示している模様。なおユベントス側もトレゼゲの年俸480万ユーロは負担に感じておりDFアビダル(バルセロナ)とのトレード移籍も検討している模様)
・ 元バルセロナ監督のフランク・ライカールト氏→マンチェスター・シティ?(同氏は古巣ミランやヴォルフスブルク監督就任が噂されているが、シティは今季一杯でヒューズ監督を解任し来季はライカールト氏を招聘する意向と報じられている)
・ チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ→退団?(同選手は先日の欧州CL準決勝のバルセロナ戦の2nd regでエブレベ主審の判定に激怒し抗議やテレビカメラに向け罵声を浴びせておりUEFAもこの問題を重く見て最大で6ヶ月の出場停止処分を視野に入れているが、アブラモビッチ・オーナーもドログバに呆れ来夏の契約満了を前に放出を決定したと報じられている)
・ バイヤー・レヴァークーゼンのドイツ代表MFシモン・ロルフェス→契約延長(正式発表、2013年まで。2005年に加入した同選手はこれまで21ゴールを挙げる活躍を見せており複数のクラブが興味を示していたが残留を希望していた)
・ ヴェルダー・ブレーメンのブラジル代表MFヂエゴ→ユベントス、バイエルン・ミュンヘン?(先週、ブラン取締役とセッコSDがドイツ入りしてアロフス・マネージャーと代理人を務めるヂエゴの父親と会談を行い移籍金2500万ユーロ前後・5年契約の年俸300万ユーロで合意したと報じられている。しかしここに来てバイエルンのウリ・ヘーネスGMがヂエゴはバイエルン移籍を希望していると主張)
・ 元バイエルン・ミュンヘン監督のユルゲン・クリンスマン氏→ホッフェンハイム?(ランクニック監督は現状の陣容に不満を表明しディートマー・ホップ・オーナーを批判したが、同オーナーとしては昨夏に補強予算として1000万ユーロを支出している事から今季終了後にもランクニック監督と会談を予定しているようだが水面下ではクリンスマン氏の招聘に合意したと報じられている)
・ ジェノアのイタリア人MFステファン・エル・シャーラウィ(16)→レアル・マドリード?(同選手はジェノア期待の若手で父親がエジプト人、母親がイタリア人である事から2国の代表も注目している。クラブではアーセナルが興味を示していたがスカウトからの報告でレアルも獲得に動き出したようでジェノア側も移籍金600万ユーロ以上のオファーがあれば放出は避けられない模様)
・ リヨンのイタリア代表DFファビオ・グロッソ→ユベントス、ACミラン、フィオレンティーナ、バイエルン・ミュンヘン、ジェノア?(ユベントスは次期監督最有力のイタリア代表のリッピ監督の招聘に成功した暁には同監督が代表で重用するグロッソを獲得する意向でミランも負傷がちなDFヤンクロフスキの代役として興味を示しており他にもフィオレンティーナ、バイエルン、ジェノアも注目している)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→マンチェスター・シティ?(ベニテス監督はMFバリー(アストン・ビラ)獲得に向けアロンソ放出を検討しており既にレアル、ユベントスが興味を示しているがシティのヒューズ監督も同選手を気に入っており移籍金1800万ポンドを用意している模様)
・ ASローマのイタリア代表MFマッテオ・ブリーギ→インテル?(同クラブのオリアリ・ディレクターはローマで見事な活躍を見せているブリーギを気に入りモウリーニョ監督に勧めているようで、両クラブ間はDFキヴやMFマンシーニの取引で良好な関係だが現在の所、ローマにブリーギ放出の意志はない)
・ レアル・マドリードのドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー→シャルケ04?(同選手は現状で第3CBに甘んじておりそこでシャルケが興味を示しているが、シャルケはメッツェルダーの古巣ドルトムントとライバル関係なうえ、レアル側は今夏にDFカンナバーロ、エインセを放出する意向である事から難色を示すと見られる)
・ バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFフランク・リベリー→バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド?(同選手は今夏の退団を真剣に検討していると報じられておりバルセロナは代理人のアラン・ミリアッチョ氏と極秘裏に接触し移籍金2500万ユーロ+MFフレブ、FWグジョンセンのいずれかを譲渡するオファーを提示し、MFロナウドの退団に備えるユナイテッドは移籍金7000万ユーロを用意している模様)
・ チェルシーのドイツ代表MFミヒャエル・バラック→契約延長?(同選手は今夏で契約満了予定だがチェルシー側は1年間の契約延長オファーを提示したようで条件はチームトップクラスの週給12万1000ポンドの模様)
・ エスパニョールのスペイン代表FWラウール・タムード→パナシナイコス?(これまでもプレミアの複数のクラブが興味を示していた同選手だが、今回はパナシナイコスが獲得に動いているようだ。しかし31歳のタムードはこのまま生涯エスパニョールの可能性が濃厚とも言われている)
・ アトレティコ・マドリードの元フランス代表GKグレゴリー・クペ→グルノーブル?(同選手はアトレティコでの控えに不満を持っており、故郷に近いグルノーブル移籍を検討していると報じられておりグルノーブルは今夏で契約満了予定のGKヴァンベーの退団に備え獲得を検討している模様)
・ ヴォルフスブルクのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFズビェズダン・ミシモビッチ→ヴェルダー・ブレーメン、バイエルン・ミュンヘン?(ブレーメンはユベントス移籍が濃厚なMFヂエゴの後釜にヴォルフスブルクの躍進の原動力となっているミシモビッチに注目しているが同選手にはバイエルンも興味を示している)
・ ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン⇔ACミランの同代表GKクリスティアン・アッビアーティ?(前者は最近のチームの不甲斐なさに嫌気が差し移籍を検討していると言われており、今冬にはシティから移籍金7000万ユーロのオファーがあったが代理人のシルヴァーノ・マルティーナ氏は実際の移籍金2000万ユーロと明かしておりユベントス首脳陣もアッビアーティとのトレードを検討するようだ。なおミランも過去2回に渡ってブッフォン獲得に迫った事がある)
・ 元インテル監督のロベルト・マンチーニ氏→ASローマ?(同クラブは来季の欧州CL出場が厳しくなっておりカリアリのアッレグリ監督とシエナのジャンパオロ監督が後任に浮上しているがローマ首脳陣は元ラツィオ監督のマンチーニ氏も高く評価しているようだ)
・ リバプールのスペイン代表MFシャビ・アロンソ→放出?(ベニテス監督はMFバリー(アストン・ビラ)獲得の補強資金捻出に向け大量放出を検討しておりDFヒーピアに続きレンタル中のDFホブス、MFペナント、レト、FWヴォロニンに加えGKイタンジュ、DFドッセーナ、デゲンの放出も濃厚で更に高額な移籍金が見込めるMFアロンソ、リエラ、FWバベルもリストアップされ11選手の放出で4400万ポンド前後の収入を見込んでいる)
・ マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウド→残留?(同選手は今夏のレアル移籍が盛んに報道されているが、ロナウド本人はレアル移籍の夢は捨てたと主張)
・ トゥールーズのフランス人DFジェレミー・マテュー→バレンシア、ASローマ、ジェノア?(今夏で契約満了となる同選手は既に退団を表明し、ローマやジェノアが興味を示しているがバレンシアも退団が濃厚なDFモレッティの後釜として獲得に動き始めたようで財政難のバレンシアにとっては移籍金がフリーな点も魅力な模様)
・ アーセナルのトーゴ代表FWシェイ=エマヌエル・アデバヨール→ACミラン?(同選手獲得を熱望するアンチェロッティ監督は先日の欧州CL準決勝でアデバヨールの視察しており同選手の移籍金は3000万ユーロだがミランは来季の欧州CL出場ボーナスとレンタル中のMFグルキュフの移籍金1500万ユーロで獲得に動く意向)
・ 元レアル・マドリード監督のベルント・シュスター氏→ガラタサライ?(同クラブは現在4位で来季の欧州CL出場権獲得を目指しているが、シュスター氏と1年契約・年俸200万ユーロで合意したようだ。なお欧州カップ戦出場権を獲得した場合、自動的に契約が更新されボーナスも付与される模様。その後、ガラタサライ幹部が報道を否定)
・ ボルドーのモロッコ代表FWマルアン・シャマク→トッテナム?(同選手には今冬にはニューカッスルが獲得に動いていたがトッテナムが移籍金900万ポンドのオファーを提示したようだ。なおアーセナル、リバプールもスカウトを派遣していると言われ、シャマク本人もプレミア移籍を熱望しており最終的にはアーセナル移籍が夢と語っている)
・ インテルのアルゼンチン代表FWフリオ・クルス→ASローマ?(今夏で契約満了となる同選手にはナポリ、パレルモ、ボローニャやイングランド、スペインの複数のクラブも注目していたがローマは2年契約・年俸250万ユーロという条件を提示した模様)
・ アトレティコ・マドリードのギリシャ代表DFゲオルギオス・セイタリディス→契約解除?(同選手は先日、契約解除されたMFマニシェと共に先月のスポルティング・ヒホン戦の観戦を拒否して謹慎処分中だが、アトレティコ側はマニシェ同様、早期の契約解除を検討しており早ければ今週中にも決定する見通し。現行契約は2010年まで)
・ ブラックバーンのパラグアイ代表FWロケ・サンタクルス→アーセナル?(同クラブはミラン移籍が噂されるFWアデバヨールの後釜としてサンタクルスに注目しているがリバプール、シティ、トッテナムなど競合相手も多い事からBプランとしてFWボグレブニャク(ゼニト)もリストアップしている模様)
・ マンチェスター・ユナイテッドのイタリア人FWフェデリコ・マケダ→サンプドリア?(今季、鮮烈なデビュー戦を飾った同選手は来季のトップチーム昇格を噂されているがサンプドリアが来季のレンタル移籍を打診しており、ユナイテッド側も1年間のレンタルを経てトップチームでプレーさせるプランも検討している模様)
・ ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督→契約延長?(レアルやチェルシー監督就任が噂される同監督は、今季終了後にベルルスコーニ・オーナーとの会談を予定しているがここ最近の好調で2位に浮上した事で同監督の立場も一転しており、最終的に2位以内でシーズンを終えた場合には2012年までの契約延長がオファーされる可能性もあるようだ)
・ VfBシュツットガルトのマルクス・バベル監督→契約延長(正式発表、2011年まで。今季の前半戦は不調に陥っていた同クラブだが、終盤戦に来て4位と見事な追い上げを見せている)
・ セビージャのブラジル代表MFアドリアーノ→インテル?(アドリアーノ本人が明かしたものでシーズン終了後にインテル側と会談を行うようで、インテル側はバルセロナ移籍が噂されるDFマックスウェルの後釜として獲得を希望している模様)
・ ユベントスのデンマーク代表MFクリスティアン・ポウルセン→アーセナル、エバートン、トッテナム?(同選手は最近、負傷もあって控えに甘んじておりプレミアの3クラブが興味を寄せているようだが、ユベントス側もポウルセンを他選手獲得のトレード要員に考えている為、移籍の実現は不透明)
・ レアル・マドリードのアルゼンチン代表FWハビエル・サビオラ→ガラタサライ?(同選手はレアルでは構想外となっており今夏の退団が決定的だが、前レアル監督のシュスター氏の招聘が噂されたガラタサライが興味を寄せている模様)
・ チェルシー(→ACミラン)のウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ→契約解除?(同選手は今夏にミランから復帰する予定だが、2006年に獲得を強行したアブラモビッチ・オーナーも既にシェフチェンコには期待しておらず逆に同選手の復帰はチームに混乱をもたらすと危惧しており違約金700万ポンドで契約解除する事も検討している。なおその場合はMLS移籍が濃厚)
                           ~優勝・昇格・降格情報~
・ セリエB第39節で首位のバーリはピアチェンツァと引き分け勝ち点74とし、3位リヴォルノがトリエスティーナに敗れ勝ち点62のままとなった事から3試合を残してバーリの自動昇格圏内が確定し来季のセリエA昇格が決定した。バーリのセリエA昇格は9年ぶりで監督はユベントスの象徴的存在だったアントニオ・コンテ氏が務めている。
                                   ~負傷情報~
*バルセロナのメキシコ代表DFラファエル・マルケス→欧州CL準決勝のチェルシー戦で膝を負傷し、手術を受けた事から全治2~3ヶ月。
[PR]
by wing00nana | 2009-05-12 04:52 | 海外サッカー移籍情報


検索
最新のコメント
>>花鳥風月さん ..
by wing00nana at 02:01
>>とおりすがryさん ..
by wing00nana at 22:11
大獄はどちらかというとマ..
by とおりすがry at 23:20
>>烈火さん 初めまし..
by wing00nana at 06:16
>>姉キャラ好きです。さ..
by wing00nana at 06:13
新ガンダムついに来ました..
by 烈火 at 17:54
はじめまして、だいぶ遅い..
by 姉キャラ好きです at 02:50
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
アマゾン ds psp ..
from アマゾン ds psp wi..
ウイニングイレブン 20..
from アマゾン ds psp wi..
サッカー スペイン代表 ..
from サッカー スペイン代表 メン..
サッカー オランダ代表 ..
from サッカー オランダ代表 メン..
サッカー ブラジル代表 ..
from サッカー ブラジル代表 メン..
サッカー アルゼンチン代..
from サッカー アルゼンチン代表 ..
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧