虹の両翼


ゲーム・アニメなどの情報日記ブログです。
by wing00nana
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
PCゲームメーカー
*R-18

ALICE SOFT

light

みなとそふと

エウシュリー&エウクレイア

BISHOP

相互リンクサイト

faapoco

Caprice

萌えと燃えの日記。

猫耳と少女とメイド服。

FF13し~ねっと

Air the TOOL

アニゲーな日々

EBP

明鏡止水


期間限定応援枠
あまいえ

もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!
ライフログ
購入予定・注目ゲーム
お勧め書籍・アニメ
ライトノベル
購入・購入予定書籍

カテゴリ:Myself;Yourself レビュー( 13 )

Myself;Yourself 第13話 「きずな」 レビュー

・ 菜々香のヴァイオリンの教師を務めていた桜庭薫。薫は菜々香の両親・八代次郎と菜々恵夫妻の高校時代からの友人で家族ぐるみの付き合いだったがやがて菜々香が中学の頃、薫は病でこの世を去り葬式で泣き崩れる菜々恵、そして冷たい顔をする次郎。その夜、菜々香は偶然、次郎が菜々恵を殴る光景を目撃する。菜々恵の話では菜々香は実は薫の子で菜々恵も知らなかったが結婚した時には既に身篭っていたと言い次郎に言っても中絶しろと言うと思い黙っていたと。菜々香の名前も菜々恵と薫からとったものでヴォイオリンを習わせたのも薫から受け継いだ才能を実の父である薫の手で伸ばしたかったと言う。激昂した次郎は菜々恵を殴り続け絶望し自室に逃げ込む菜々香だが、やがて物音がし両親の様子を見に行くと菜々恵は次郎に殺されており次郎も部屋に灯油を撒き自殺を図り2階の自室から咄嗟にヴァイオリンを持って飛び降りる菜々香。それが菜々香が語ったすべての真相で八代神社まで送り菜々香は叔父達によって眠らされ佐菜は叔父にすべてを話す。すべてを聞いた叔父は可能性の一つとして考えていたと言い末期の癌で死去した薫は死の間際に親友である次郎にすべてを話し許しを乞うたが次郎は二人を許さず恨み言を口ずさんでいたと言い自分が気をつけていれば止められたかもしれないと言い何の罪もない菜々香にはあえて思い出させなかったと明かす。それから菜々香は自室に篭もり毎日、毎日通い続ける佐菜。ある日、佐菜は菜々香の様子を見に来ると叔父夫婦はおらず風呂場から水音がするのみで風呂と安心するがいつまで出てこない菜々香を不審に思い声をかけるも反応はなく昔の自分を思い出し駆けつけると手首を切り自殺を図っている菜々香。佐菜はトラウマを必死に堪え菜々香を救出する。菜々香は一命をとりとめ佐菜はどんな事があっても死のうと考えちゃダメだと諭すと菜々香は何もわかってない癖にと怒鳴るが佐菜は自分も昔、同じ事をしたと腕時計を外しリストカット痕を見せる。佐菜も中学時代にいじめを苦に自殺を図った事がありその後、私立の中学に転校したがそれ以来、引き籠りがちになりこっちに戻ってきたのも昔ままのみんなに会えば昔の自分に戻れるかもしれないと思ったから明かす。死ねなかった時は死ねば楽になれたのにと思っていたが今は死んでたら菜々香を救えなかったという怖さがあると呟く。そして10年後、あさみの従弟と付き合ってる雛子はとある場所へ向かう。そこは自然公園の野外コンサート場で集まった麻緒衣はあさみを見つける。あさみの尽力もあり新市庁舎建設計画は中止になり人知れずコンサートに訪れる双子。今日は菜々香のコンサートの日で佐菜は菜々香にある小箱を渡す。そして佐菜は席にいる柚希の元へ向かい成功した旨を告げ先を越されたと苦笑する柚希。そして菜々香は色々な出来事を通し初めて自分で作曲した「Myself;Yourself」を演奏する。
b0092485_325329.jpg
b0092485_32593.jpg
b0092485_33682.jpg
b0092485_331169.jpg
b0092485_331590.jpg
b0092485_332069.jpg
b0092485_332520.jpg
b0092485_333097.jpg
b0092485_333630.jpg

[PR]
by wing00nana | 2008-01-01 00:13 | Myself;Yourself レビュー

Myself;Yourself 第12話 「赤い記憶」 レビュー 

・ 幼馴染である修輔と朱里が居なくなり元気のない佐菜、菜々香、麻緒衣。その日の夕方、自分に何も言わずに街から出て行った修輔の事を考えていると修輔から宅配便が届く。買い物の帰り道、公園で柚希を見かけた佐菜は声をかける。柚希は自分は生徒の事を分かってるつもりだったが若月姉妹は迷惑をかけないよう自分に何も相談せずに出て行ってしまい、相談されても何も出来なかった自分の無念さを悔やんでおり佐菜はコンビニでキャンペーンで貰った栄養ドリンクを自分からのご褒美とプレゼントする。翌日、佐菜は河へ遊びに行こうと菜々香と麻緒衣を誘い当日になるが麻緒衣は風邪ひいて行けなくなったと言う。麻緒衣の風邪は嘘で佐菜は自分達を元気付ける為に誘ってくれたが一番ショックを受けてるのは菜々香といい今、佐菜を一番必要としてるのは菜々香だから自分は年上だから我慢しなきゃという麻緒衣の配慮だった。佐菜は菜々香と二人で行く事になり菜々香は佐菜が持つ釣竿に気付く。それは修輔の竿で宅配便で届いたと話す佐菜だが住所などは書かれておらず修輔から使ってくれという旨の手紙が入ってただけだ、と。河に行き佐菜は釣りに励むも結局、釣れず菜々香が麻緒衣の助言で用意していた”クッキーと卵焼き弁当”を食べる事に。良い雰囲気で食事した後、二人で遊び最後に佐菜は見せたいものがあるから上流に行こうと誘う。ひたすら歩き続け上流の洞窟に辿り着くとそこは昔、佐菜と修輔が見つけた二人だけの秘密の場所で菜々香に教えた事は今度会ったら修輔に謝ると言う佐菜。やがて菜々香は佐菜が大事そうにする腕時計を気にし彼女からのプレゼントか?と尋ねるも消え入りそうな声でそんなんじゃないと呟く佐菜。今度は佐菜が菜々香に質問しどうして自分宛の手紙を秘密のポストに入れてたのか?そんなに苦しんでたのなら送ってくれれば・・・と言うと菜々香は火事の後、自分は暗くなり理由はわからないがヴァイオリンも弾けなくなり医者が言うにはヴァイオリンが欠落した記憶と関係があると言っているが変わった自分を見て佐菜も変わってしまっていたら・・・と思いポストに出せば自分が知っている佐菜に届く気がしていた。再会した時は変わったと思ったが佐菜は自分の知っている大好きな佐菜だった、と。やがて菜々香は眠ってしまい目覚めると佐菜はおらず洞窟に差し込む夕日を見て呆然とすべてを思い出す菜々香。そして菜々香はお母さん、先生、お父さん・・と呟き絶叫する。
b0092485_2511045.jpg
b0092485_2511558.jpg
b0092485_2511965.jpg
b0092485_2512536.jpg
b0092485_2513053.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-12-30 15:18 | Myself;Yourself レビュー

Myself;Yourself 第11話 「告白」 レビュー

・ 一命をとりとめたあさみの見舞いに来た佐菜だが、あさみはこんな目に合うのは罰があたったからだとぼやき怪文書を出したのは自分と明かし全てを語り始める。中学で知り合った朱里はいつも明るく周りの顔色を伺い子供の頃から良い子を演じてきた自分とは正反対だった。それに疲れていたあさみはそんな朱里が眩しく見え朱里なら本当の自分を受け入れてくれるかと思い始め気持ちが抑えられなくなり高校1年の時に告白した。朱里は今まで通り友達で居ようと断りあさみはそんな事は不可能だと思っていたが翌日も朱里は普段通りに接してくれたが自分の想いがなかったような事にされたようで朱里を憎み始めた。上辺だけの友達ですらなくなる事を恐れ本心を言えず隠し続けていたが遊園地で修輔にしか見せない顔を見た時、二人の絆を痛感し今までの自分が惨めに感じ抑えてきたのが一気に噴出し二人を酷い目に合わせる為に朱里から聞いていた命日の墓参りを利用し怪文書を出せば朱里の父親は嫌がるはずと考え本当の自分は酷い事を考えるのが得意で人の不幸を想像するような人間と言う。そして本当に実行したのは今回が初めてで怪文書を出した後、二人を揶揄する落書きもして朱里が傷つく姿を見てぞくぞくし修輔にしか見せない顔を自分にも見せて欲しかったのに朱里が刺されそうになった時は憎んでたはずなのに咄嗟に庇ってしまった、と。すべてを聞いた佐菜は身を挺してでも朱里を助けたかったのが本当のあさみだと言い泣き出すあさみ。そこに若月姉弟が見舞いに来て普段通りに接するあさみだがやがて朱里だけに話しがあると言い佐菜と修輔は外に出る。外で朱里を待つ佐菜と修輔だが、修輔は菜々香は遊園地以来、無理しなくなったと言い何かあったのかと尋ね佐菜は罪滅ぼしのつもりでこれからはずっと一緒に居ると言ったと答えそれを聞いた修輔はキザだが良いと思うと笑うがそこで修輔に泣きつく朱里。その夜、修造は朱里に出発の日が決まったと告げ朱里はその事を修輔に告げ準備に取り掛かる修輔にありがとうと言う朱里。数日後の昼食時、朱里は留学の件を皆に伝える際、佐菜だけは張り詰めた修輔の顔を見る。午後の授業になると二人はおらず佐菜は修輔の一連の言動や表情から察し学校を飛び出す。朱里と修輔は駅におり今後の事を不安に思う修輔に朱里は修輔と一緒なら大丈夫と笑う。佐菜が駅に着いた時には二人は電車に乗ってしまい佐菜は途中で会った麻緒衣の母から自転車を借り二人を追いかける。電車に乗る二人は普段は鈍い癖に、と佐菜に苦笑していると追いかけてくる佐菜に気付きやがてあの橋で何かを叫ぶ佐菜。聞こえないと言う朱里に修輔は泣きながら自分にはわかると佐菜が引っ越した時を思いだす。「お前がどこに行っても俺達、いつまで友達だからな。絶対友達だからな」と叫んだ事を思い出し泣く修輔と朱里、そして佐菜。

( ゚Д゚)ポカーン・・・・。Aパートは前回、良い人と思ってたあさみによる壮絶、ヤンデレ百合告白タイムにwやっぱゲーム通り腹黒キャラだったのか!最近このテのキャラがはまり役になりつつあるな・・・>中原麻衣。さすが伊藤誠、プロデュースだぜ(笑)逆にBパートは激しく泣ける・・・。佐菜が引っ越した時の修輔の叫びは菜々香関連の事かと思ってたけどここでリンクさせるのかよぉ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。修輔がまじ泣けるわ・・・最近、このテのキャラははまり役だな>子安武人。つーかここまで救われない話にしたんならせめて修造は市議選で落選、冴子の不倫発覚、警察の取調べくらいのドン底に落ちてくれないと視聴者は納得しねーぜ!来週冒頭に新聞で落選の記事くらい出ればざまあみろ、感が出るんだが・・・。
b0092485_12372795.jpg
b0092485_12373371.jpg
b0092485_1237381.jpg
b0092485_12374326.jpg
b0092485_12374844.jpg
b0092485_12375483.jpg
b0092485_123809.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-12-16 10:14 | Myself;Yourself レビュー

Myself;Yourself 第10話 「桜のために」 レビュー

・ 若い男と二人きりで酒を飲む冴子は最大の不満である朱里達や年頃の姉弟の癖に妙に仲が良いと愚痴り続けその後、二人はホテルに入って行く。朱里と修輔は母親の命日で墓参りに来ており来てるのは自分達だけと修輔が愚痴ると朱里は形だけの集まりなんてしない方が良いと言い二人仲良く食事しお揃いのミサンガを買って帰宅する。翌日、二人は校長に呼ばれ学校に匿名で二人がホテルに入っていくのを目撃したという手紙が届いたと告げる。それから教頭による尋問が始まり自分達は墓参りに行ってただけと潔白を主張する朱里だが教頭は依然として二人を疑い続けるも校長は手紙は不審の点も多いから処分はしないが両親には報告すると告げる。帰宅後、修輔は修造に殴られ修造は間近に迫った市議選への影響しか気にせず翌日にはクラスで修輔と朱里の仲をからかうような事が書かれており激昂する修輔。放課後、風邪をこじらせた梶井さんの見舞いに佐菜と朱里はあさみから誘われその道中で朱里から一連の事情を聞く二人。やがて病院に着き朱里は林檎を剥いてる途中で指を切ってしまい佐菜は包丁に付いた血を見て顔を真っ青にし病室から出て行き様子を見に行くあさみ。しかしそこで梶井さんは以前朱里に話した双子丘の伝説の話をし始め淡々と自分も孫を生き返らせる為に小鳥や猫を生贄として捧げた事を明かしそれでも桜は咲かなかった・・・やっぱり人間でないとダメだと包丁を手に取り朱里に襲い掛かるがそこに戻ってきたあさみが割って入り刺されるあさみ。あさみは一命を取り留めたが今度は警察沙汰に巻き込まれたという事で朱里は市議選への影響を何より気にする修造に留学を強要される。修造はいかにも朱里への気遣いを口にするが朱里はただでさえ新市庁舎の事で黒い噂のある修造が厄介払いしたいだけと指摘し自分は絶対に留学しないと怒鳴る。異常を察し修輔が朱里の様子を見に来ると朱里はあさみが自分を庇ってケガした事から留学までの一連の事情を話し自分達がどんなに反対しても嫌がっても冴子が来た時みたいに決定を覆せないと言い母親が死に秀介とも離れ離れになるのは耐えられないと言いいつまで修造の言いなりにならなければならないのかと泣き続けやがて修輔は修造の手の届かない二人で家を出ようと告げ今度は自分が朱里の手を引っ張ると言う。

冴子は実は良い奴で最後は和解すんだよ→金目当ての結婚、不倫と真性ビッチでした。
あさみ腹黒すぎ→実は超良い奴でした。
朱里と修輔は近親にはならんだろ→まじで愛してあってる勢いで来週は二人で逃避行です。

悉く裏を読む必要なんてなかった・・・なんだこのアニメ。今回は鬱すぎる・・。菜々香と麻緒衣もほとんど出てこなかったからイチャラブ展開なんて全くねぇ・・・。若月家の問題は父親が良い奴になるのかなと思ってたら普通に最後まで嫌な奴だし。学校側も二人の親の選挙への妨害だと考えないのか・・?だが俺は犯人は冴子の気がしてならない。来週で修輔と朱里は退場で佐菜のトラウマ、放火犯の話になるのか。この分じゃ普通に犯人は神主だろうな・・・。でも修輔と朱里が普通の兄弟よりも仲が良いのは最大の味方である実母を失って家には冴子と修造ってゆう共通の敵がいるからこその結束力じゃね?現に実父である修造は二人を追い詰めてばかりだしな。まぁ朱里が見た目よりも弱い人間ってのもあるんだろうが。で梶井さん問題は菜々香が絡む事なくあっさり終わっちまったな・・・。もしかして単なる朱里達の問題の起因にすぎなかった?あんだけ伏線張って・・・
b0092485_14295970.jpg
b0092485_14301014.jpg
b0092485_14301729.jpg
b0092485_14302492.jpg
b0092485_14303086.jpg
b0092485_14303890.jpg
b0092485_14304636.jpg
b0092485_14305654.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-12-10 06:38 | Myself;Yourself レビュー

Myself ; Yourself 第9話 「がんばれ!アニメンジャー!」 レビュー

・ 朝、昨日の佐菜への謝りのシュミレーションを行う菜々香。しかしいざ佐菜を前にすると謝るタイミングを逃しその後も機会を伺う菜々香。昼食時、麻緒衣がチケットを貰ったという事で雛子も誘い皆で遊園地に行く事になる。その夜、菜々香は夕食の手伝いをしていると燃え上がった火を見て火事の記憶が蘇りパニック状態になる。その後、菜々香は叔父さんに何か思い出しかけたと話すも叔父さんは無理に思い出さなくても良いと言う。深夜、火事の夢で目覚めた菜々香は叔父夫婦の話を聞いてしまう。叔母さんは菜々香を専門病院に連れて行こうと提案するが叔父さんは辛い記憶を思い出してもしょうがないと拒否し叔母さんは菜々香の記憶が蘇れば放火犯が判明するかもと言うが叔父さんは放火の可能性すら否定すると叔母さんはまるで菜々香の記憶が蘇ったら困るような言い方だと指摘し菜々香は火事の夜に口論していた両親を思い出す。それから菜々香は事件当時、刑事から火元から身内の犯行の可能性が高い事と叔父さんと父親が頻繁に口論していたと聞かされており叔父への疑いを強める。そして皆で遊園地に行く日になり麻緒衣と雛子は大はしゃぎでその後はプール以来、目覚めた麻緒衣に連れ回され絶叫系を梯子しぐったりする雛子。佐菜は菜々香を気遣い休憩を取る事にすると偶然、あさみと会う。あさみは家で預かってる従姉の子供と遊びに来ておりその後、一緒に回る事にし皆でお化け屋敷と「動画戦隊アニメンジャー」なるヒーロショーを楽しむ。その後、皆で観覧車になる事になり佐菜と菜々香は皆の配慮で二人っきりになり菜々香はこの前は一方的に言い過ぎたと謝る。佐菜は自分も「これからは何があってもずっと居る」と本当に言いたかった言葉を言わせてもらったからと言い顔を赤らめる菜々香。そして朱里と二人っきりの修輔はここ最近無理してると指摘すると朱里は実母が死んでからすぐに家に入り込んできた継母によって何もかも滅茶苦茶にされたのに何も出来ずどうしたら良いかわからないと吐露し修輔は辛いなら自分の前だけでも泣けと言い泣き始める朱里、その姿を目撃し気にするあさみ。

相変わらずおもしれぇwつーか菜々香カワエエw朝一人で謝りのシュミレーションをしたりお化け屋敷では怖がってないと強がって直後にびびって抱きついてきたり、雛子に怖がるのは子供だけと言われ反応してたり佐菜に告白?され顔を赤らめたり。AパートとBパートの温度差が激しいがまずはAパートから。シリアス展開で如々に記憶が蘇りつつある菜々香。火の海で一人立ち尽くす男。うや、まるっきり神主だろ(笑)で菜々香の記憶について封じておきたいような叔父さんの発言、菜々香が見た両親の口論、叔父と父親が仲悪かったなど・・・神社の後継を巡ってのものか?それにしてもあと4話で全部まとまるのかよ?儀式婆さんもいるし。BパートはAパート冒頭でいきなり教師役で若本大将が出てきてこんな顔もない役に若本大将使わないよな、と思ってたらアニメンジャーの悪役・電波将軍役かよ!事件を起こして報道特番を入れ深夜アニメを予約録画してたファンをパニックにさせるってなんじゃそりゃ(笑)それに金朋教授の洗脳がすげぇw前回のプールのダイジェスト放送とかアニメンジャーで人質役に志願したり、それにアニメンジャーピンクも金朋教授w(爆)そして誘われなかった恨みを晴らすが如く”偶然”来園していたあさみ。もう偶然とかいう次元じゃないからwでも泣いてた朱里に反応してたからやっぱ継母はあさみの肉親の可能性が高くなったな。もしかしてその従姉ってのが継母?しかも気付いたんだがあさみと継母って何気に髪型似てるし。
b0092485_1439195.jpg
b0092485_1439693.jpg
b0092485_14391353.jpg
b0092485_1439192.jpg
b0092485_14392839.jpg
b0092485_14393560.jpg
b0092485_14394046.jpg
b0092485_1439459.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-11-30 01:41 | Myself;Yourself レビュー

Myself;Yourself 第8話 「秘密のポスト」 レビュー

・ 翌日、登校してきた朱里は朝から妙にハイテンションで心配する修輔。佐菜は後ろから来た菜々香に声を掛けるが無視されそれから委員会の時まで取り付く島もない菜々香に佐菜は怒らせるような事したなら謝ると言うと菜々香はあさみと抱き合ってた事を言う。佐菜は立ち眩みを起こしたあさみを介抱してたと釈明し祭りの時、菜々香が自分に抱きついたのと同じ事故だと言うがそれを聞いた菜々香は更に激昂する。帰宅時にはついに佐菜も逆ギレし昔の菜々香はそんなんじゃなかったと怒鳴るが菜々香も泣きながら佐菜だって変わったと怒鳴り返す。帰宅した佐菜は菜々香の泣き顔を思い出し言い過ぎたと感じつつ昔、二人だけの秘密のポストを作ったりポストでみんなの前で言えない事を手紙でやり取りした事を思い出す。佐菜は秘密のポストの鍵を探し始め途中、麻緒衣にエロ本を見られるなどのアクシデントがあったが無事発見する。そして久しぶりにポストの中を見ると中からは大量の手紙が出てきて中には「タスケテ」と書き綴られたものも・・・。翌日、佐菜は修輔を問い詰めると修輔も渋々、話し始め3年前、菜々香の家が放火に遭い両親が焼死し菜々香はヴァイオリンを抱え二階から飛び降りて助かったが火事のショックで一時的な記憶障害を起こしておりいずれは完治すると見られているがそれを理由に警察からも疑われそれから菜々香は別人のようになりヴァイオリンもやめてしまったと明かす。佐菜は何で言ってくれなかったのかと怒鳴るが修輔は話せばどうにか出来たのかと怒鳴り返し自分は何も出来なかったと叫ぶ。その後、公園で塞ぎ込む佐菜の前に柚希が通りかかりキャラメルを渡す。佐菜はどうしてキャラメルをくれるのかと尋ねると柚希は共働きだった両親はいつもおやつ代だけ置いておらず母親から貰いたかった自分は自分で自分におやつをあげる事に目標を達成する毎に1個ずつ与えられ食べていたと話す。人にもあげるようになったのは高校の時、この公園で逆上がりが出来ず挫けそうになっている小学生を励ます為にキャラメルをあげキャラメルを食べたその子はとても良い顔をしたからそれから頑張った人、落ち込んでいる人にあげていると明かす。それを聞いた佐菜は頑張ってくると笑いその顔を少年の顔とダブらせる柚希。佐菜は何が出来るかわからないが頑張らくちゃダメだと考え秘密のポスト前に菜々香を呼び出す。菜々香にすべて知った事を話し菜々香の苦しみを知らなかった事を謝るが菜々香は自分が一番苦しかった時に傍に居てくれなかった癖に今になって謝るなと泣き叫び走り去ろうとするが佐菜は引き止め更に菜々香は今更もう遅いと言い向こうの学校で苦しむ自分を忘れ新しい友達と楽しくやってたんでしょと叫び真っ青になる佐菜。そして菜々香は佐菜に抱きつきずっと助けに来てほしかった、傍に居て欲しかったと泣き続けこれからはずっと居ると言う佐菜。夜、佐菜は母親に守りたい人が出来たから強くなると誓う。

あまりの面白さにこれ以上削れねぇwさすがはスクイズ後枠、面白すぎるぞ!この野郎!もう佐菜の誠っぷりw伊藤誠P自重w朝からあのテンションは普通にひくぞ>朱里。そしていつの間にか恋人気取りの菜々香は激しい嫉妬w佐菜によりにもよってあさみ”ごとき”の介抱と祭りでのイチャラブを同一視されマジギレする菜々香。ウハ、テラカワイスwそして空気の読めない佐菜はよりにもよって昔の菜々香はそんなんzy(ry これは言っちゃいけねぇw誠の「何で妊娠なんかしたんだよ」ぐらいの逆ギレ台詞。家に帰ってからもグチグチ「昔は俺が~」って中二病患者かよwで思い出の秘密ポストには言葉様よろしく大量のメール(手紙)が・・・。赤字で「タスケテ、タスケテ、タスケテ・・・」は怖すぎる。でついに菜々香の過去発覚。放火犯はOPの描写から間違いなく神主と見てる。でもこれでもし放火犯が佐菜が帰ってきてくれると気狂った菜々香だったらアアアアアアアアアアアアアアアアアア。でも火事になったのが3年前でそれからもポストに手紙が入ってるってことはそんなに佐菜が好きだったのか(泣)でも今回で第1話での菜々香の怒りがわかったな。自分が苦しい思いをしている時に何もせず今頃になって現れて「ハジメマシテ」って忘れてんだもんな。で最後の描写で佐菜がいじめに遭って自殺未遂はほぼ確定か?「友達と楽しく~」の件で反応してたし。まさかエロゲーとか大量のエロ本はいじめの一環で買わされたものとか(笑)つーか金朋先生は最近、エロ目撃要員かよwこれで佐菜と菜々香は付き合う事になったの?これでまた来週からあさみとフラグ立てなんて事はないよね?でも来週は・・・ゲフンゲフン。スタッフ、空気嫁。いやね菜々香は・・・このワガママ・・じゃなかった理不尽さが良いぜぇ。小清水さん最高ヒャッホウ!で先生は佐菜とフラグたった?
b0092485_3405623.jpg
b0092485_341187.jpg
b0092485_3411141.jpg
b0092485_3411759.jpg
b0092485_3412281.jpg
b0092485_3412715.jpg
b0092485_3413282.jpg
b0092485_3413719.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-11-24 05:34 | Myself;Yourself レビュー

Myself;Yourself 第7話 「先生のキャラメル」 レビュー

・ 佐菜と菜々香は担任の柚希に宿題を届けると御褒美と言ってキャラメルを貰うが佐菜は昔、同じ物を貰った事を思い出しその後、菜々香から柚希は時々、生徒に御褒美にキャラメルをあげてると教えられる。昼食時、朱里から新市庁舎建設の反対署名をして欲しいと言い朱里によれば憩いの場である桜の森自然公園を市が業者と癒着して潰そうとしていると言うのだ。自然の保護を訴える朱里を含めみんなは昔、行った事を懐かしみ協力する。帰りに佐菜は公園に立ち寄りそこの鉄棒ですべてを思い出す。幼少時、佐菜が鉄棒の練習をしていると女学生にキャラメルを貰い励まされた事・・・そのキャラメルのお姉さんこそ柚希と悟るとそこであさみに会い土曜日に老人ホームに行こうと誘われる。翌日、朱里と柚希は校長と教頭に呼ばれ署名を指摘され市庁舎建設は市会議員の朱里の父親が推進していると言い署名を禁止されてしまう。その後、朱里は柚希と気晴らしに遊び帰宅すると父・修造に呼ばれる。修造は署名の件を問うと朱里は公園は自分達と母さんの大事な場所と言うが修造は母・冴子と何の関係があるのかと聞き朱里は母親と言うのは自分達の生母であって修造の愛人で金目当ての継母の冴子ではないと言い一度も冴子を母と思った事はないと罵倒するが修造に叩かれる。翌日、朱里は学校を休み佐菜は気にしつつあさみと老人ホームへ向かう。佐菜はまたゲーム好きの横井さんの相手をしあさみはポーがいない事に気付く。その後、老人ホームで過ごす二人に梶井さんが頼みたい事があると言われる。梶井さんの頼みは傍に置いてある箱を姉ヶ丘で大きい桜の木の傍に埋めて欲しいと言いあさみが箱の中身を尋ねると「とっても良い物」と笑う梶井さん。老人ホームを出る間際にあさみはポーの鈴の音を聞きくが探してもおらず二人は八代神社近くの一番大きい桜の木に箱の中身を気にしつつ埋める。すると突然、あさみが立ち眩みに襲われ佐菜が体を支えるがその光景を目撃する菜々香。そして老人ホームにポーは帰ってこず山を見続ける梶井さん。

これは一体どんな話なんだw 婆さんの伝奇モノなのか鮮血の三角関係なのか王道ラブコメなのかwポー埋められちまったし・・・orz 全13話で半分以上来たのに若月家の継母との確執という新たな問題も発生し佐菜の転校理由、菜々香のトラウマ、狂気の婆さん、キャラメルお姉さん、三角関係と残り6話で全部解決出来るのか?まさか佐菜と菜々香についてはゲームで、なんてオチじゃねぇだろうな。しかしあさみは前々回の祭り、前回の誕生パーティーでハブられた恨みを晴らすが如くの台風っぷりだなw菜々香が通り過ぎるのを計算してかの如くの突然の立ち眩みとか言葉様を彷彿させる睨みようの菜々香w最初は夫婦の如く機嫌の言い菜々香だが嫉妬っぷりは凄いな。婆さんはハサミでポー惨殺して子供達に宅配させてるし・・・。普通にこれ犯罪だから!動物愛護法に反するから!でも普通の精神状態じゃないから精神病院送りか・・・。次回はまた”ツン”菜々香と衝突する誠の模様。てか冴子のCV:は今話題のC.C.さんかよw冴子があさみの血縁って説があるがどうなんだろ?
b0092485_3485983.jpg
b0092485_349421.jpg
b0092485_349991.jpg
b0092485_3491584.jpg
b0092485_3492153.jpg
b0092485_3492646.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-11-17 00:14 | Myself;Yourself レビュー

Myself ; Yourself 第6話 「オトナだもん」 レビュー

・ 上機嫌で帰宅する雛子だが母親は急な出張で明日まで帰らず佐菜の家に押しかける。雛子は家出と言い張り佐菜が理由を聞いても雛子は言わず二人で口論になるが弾みで佐菜が転んで雛子をベットに押し倒してしまいそこに訪れる麻緒衣。テンパった麻緒衣に事情を話すと麻緒衣は親が心配すると言うが雛子は書置きを残して来たと言う。その後、佐菜が雛子に勉強を教えてもらい、夕食時は雛子がカレーを作るが失敗し結局、ファミレスで食事する。夜、雛子が風呂に入ってる最中、佐菜は連絡先を調べる為に雛子の荷物を物色し始めやがて生徒手帳から知った自宅に電話し脅迫電話みたいな内容になりつつ雛子がうちに来ている事を伝えるがそこで佐菜は今日が雛子の誕生日と知り麻緒衣に電話する。夜、ベットで寝る雛子は敷布団で寝る佐菜にこっちに来てもいいと言い家に父親だった人が誕生日に買ってくれたイエティ君のぬいぐるみがあってそれがないと寝れないからその代わりと言う。翌日、佐菜は雛子に買い物に誘い女の子へのプレゼントを選んで欲しいと話す。雛子は相手を教えたがらない佐菜から菜々香や麻緒衣と疑うと佐菜は雛子を見て「生意気で口が悪くて自分勝手な子」と。雛子はひよこの時計を選ぶが高くて佐菜は渋っているとそこで偶然?着飾った修輔と会い時計は修輔と折半で買う事にする。その後、3人で昼食を食べ映画を見て特に修輔と雛子は楽しむ。そして3人で佐菜の家に帰宅すると菜々香達が雛子の1日遅れの11歳の誕生パーティーを用意しており時計も雛子にプレゼントする。その後、雛子は皆からプレゼントを貰いゲームなどして盛り上がる。雛子は最後に皆にこんなに楽しい誕生日は初めて言いこのままだと本当に帰りたくなくなるからと言い最後は皆でカラオケでお開きにする。雛子を自宅近くまで送った佐菜はまた家出しに来いと言うと雛子も頷き最後に雛子は佐菜の頬にキスし帰って行く。

2回目の雛子メイン(ロリ)回。雛子はアニメじゃ語られてないけど原作ゲームじゃ天才少女って設定なんだよね。。つーか佐菜強すぎw真昼間からカップラーメン食いながらエロゲー、雛子が来てもつけっぱなし、雛子の着替えを覗くわ荷物を物色してパンツや制服漁り(笑)脅迫まがいの電話と言いまじで誠化www相変わらず抜群の存在感を発揮している金朋先生wwwでも11歳で年上の男を二人もはべらしてる雛子は恐ろしい子w同級生に見られたら変な噂が立ちそうだw前回は声すらなかった菜々香だが今回は出番少なかったけどちゃんと声出してて安堵w雛子メイン回=菜々香お休み回つー法則が立ったのかと思ったわ。雛子は可愛すぎてそっち方面の背徳感が襲ってくるから困る。いや、俺は菜々香派なはずだー!次回は本編・マイユア伝奇ストーリーに戻り続・梶井さん編w菜々香の言葉様化が止まらない件について。あー菜々香=言葉か。確かにクラスで浮いてるって共通点あるし世界は絶妙なフラグクラッシュぶりを発揮するあさみのが合ってるかもw次回タイトル「中に誰もいませんよ」
b0092485_22193423.jpg
b0092485_22194886.jpg
b0092485_2220799.jpg
b0092485_22201827.jpg
b0092485_22202924.jpg
b0092485_22203656.jpg


b0092485_22204835.jpg

ナ カ ニ ダ レ モ イ マ セ ン ヨ
[PR]
by wing00nana | 2007-11-10 06:30 | Myself;Yourself レビュー

Myself ; Yourself 第5話 「咲かない桜」 レビュー

・ 舞の練習に励む菜々香の元に神主でもある叔父が訪れ菜々香の希望通り篝火はライトにした事を告げるがどこか距離を置く菜々香。後日、事情を知らない佐菜に麻緒衣達は八代神社の桜祭りで10年間行われなかった「桜の舞」を今年は菜々香が踊る事を話し菜々香も今は神社で世話になってるから仕方なくと言うがそこで佐菜はどうして神社に住んでるのかと尋ねるも口篭る菜々香。夕方、買い物に出た佐菜はあさみと会いあさみは老人ホームでボランティア活動している事を説明しそこで飼う事になった猫の首輪を一緒に選んで欲しいと言い更に土曜日にも佐菜にも手伝って欲しいと頼む。そこを通りかかった菜々香は二人と会い佐菜が事情を話すと安心する菜々香。佐菜はボランティアに菜々香も誘うが菜々香はあさみを見て行くと答え土曜日、3人は老人ホームを訪れるとそこには朱里もおりボランティアは元々、朱里がやってて自分は誘われたと言うあさみ。佐菜が呼ばれた理由はゲーム好きのお爺さんの相手であさみは職員の人に文鳥が居なくなった事や梶井さんというお婆さんが孫を事故で亡くして以来、様子がおかしくこの前も両手を泥だらけにして帰ってきたと聞く。その後、皆で塞ぎ込む梶井さんの元を訪れるが梶井さんは菜々香を見て激しく取り乱す。梶井さんは菜々香に孫によく似てると言いヴァイオリンを弾けると言う共通点もあり佐菜は励ましの為に弾いてあげればと提案すると脳裏に火を思い浮かべ拒否する菜々香。やがて桜祭り当日になり佐菜達は祭りを楽しんでいると菜々香に会い菜々香は佐菜が持ってるイエティ君人形に気付き射的で取ったものの邪魔になるからと困ってると佐菜が言うと菜々香は何かを言い出そうとするがそこに雛子が通りかかり佐菜は雛子に人形をあげてしまいふくれる菜々香。舞の前になると朱里は桜の舞について語り始め桜の舞は”両方の丘に桜が咲くと願いが叶う”という双子丘の桜に願いを叶えられるよう奉納したもので大昔には桜の根元に生贄を生き埋めにしてという伝説を話す。やけに詳しい朱里は梶井さんに聞いたと明かし菜々香による桜の舞が始まり見蕩れる佐菜。舞を終えた菜々香を見つけた佐菜は凄く綺麗で幻想的だったと感想を述べると顔を赤くする菜々香。佐菜はみんなで祭りを回ろうと菜々香を誘うがそこで菜々香は急に佐菜に抱きつく。菜々香は何かが触れたと怯えるが佐菜は狸を指差し二人は笑い合いそして手を握ろうとするがそこに雛子が呼びに来る。その頃、TVで菜々香の桜の舞を見続ける梶井さん。そして猫から首輪が落ちる・・・

相変わらず面白い。まずは恋愛模様から・・。。もうね・・・すっかりデレっちゃってる菜々香はあさみと居る佐菜に落ち込んだりほっとしたり、嫉妬して激しい対抗心燃やし、あさみは何やら作為的な”偶然”だよな~(笑)お嬢様系な言葉様=あさみ、主人公に近い立場では菜々香=世界かwアニメでも二人で殴り合うのかなwktk。祭りでも”佐菜からの人形”を貰えずふくれる菜々香テラカワイイw祭りでは”わざわざフラグをたててくれた”狸のおかげで抱きつけたしなwこれは空気を読める狸ですね。。それに反してフラグクラッシャー化してるあさみ、雛子wじゃあ次はシリアス方面で。菜々香の事情を複雑だよな・・・。叔父さんとも仲がよろしくない、火が怖いと火事で両親を亡くした事は確実だけどそれにヴァイオリンが関係?今思えばだから3話のバーベキューで菜々香が何にもしてなかったのか。ありがちな父親がヴァイオリンを取りに行って追いかけた母親も死んじゃったとか話?それとも放火で犯人が叔父さんとか?(笑)で新ジャンル・ヤンデレ婆さんの梶井さんだがこえええええええええええええええええええ。孫を蘇らせる為に文鳥の「ぴーちゃん」を生き埋めにしたのかwwwそして猫の「ぽー」も犠牲に・・・・。こえええええええ。最後の生贄が菜々香か・・・?伊藤誠クオリティこえええええええええええええええ。気をつけないと空気の読める狸まで生き埋めに(ry 先週の予告は田村ゆかりのパロディだと思ってたがまじで「D.C.」や「ひぐらし」の雰囲気になってきやがったw個人的には「顔のない月」も。でも最終回でお互いのトラウマを乗り越えた佐菜と菜々香が「Wind」風に梶井さんと戦う姿しか想像できねええええええええええええ。来週がwktkなとこだが雛子回か・・・。
b0092485_3343348.jpg
b0092485_3343971.jpg
b0092485_3344540.jpg
b0092485_3345163.jpg
b0092485_334578.jpg
b0092485_335330.jpg
b0092485_335954.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-11-02 04:49 | Myself;Yourself レビュー

Myself ; Yourself 第3話 「子供じゃないよ」 レビュー

・ 修輔は男子にいじめられている一人の少女を助け少女は修輔に一目惚れする。翌日、校門には少女がおり昨日、修輔が落とした生徒手帳を渡す。少女は持田雛子と名乗りそれから毎日、修輔を待つようになる。ある日、佐菜はファミレスに行くと雛子と会い一緒に食べる事になる。雛子は親が仕事の為、ここで食べてると言い寂しいと言う佐菜に雛子は子供扱いはやめろと怒り自分は小学校5年だが頭が良いから塾でも特別に中学生クラスに入ってるから大人と誇るが注文したのはお子様ランチ。顔を赤くする雛子だがおまけのイエティ君人形を集めてると言い佐菜も同じ物を頼んで人形を雛子にプレゼントする。ある日の帰り、雛子は佐菜に相談があると言い佐菜は部屋に招き話を聞くと雛子は恋したと言い始め自分にと勘違いする佐菜だが雛子は修輔にと怒鳴る。佐菜は大笑いし怒った雛子は帰ろうとするが呼び止めた所で躓き雛子に押し倒してしまいそこに麻緒衣が訪れテンパる。事情を聞いた麻緒衣は恋に年齢も性別も関係ないと雛子を応援し二人は姉妹の契りを交わす。麻緒衣はまず相手を知れと助言しそれは佐菜が押し付けられ後日、修輔に女性のタイプを尋ねると修輔は朱里の胸を見て胸のある人と答え雛子は麻緒衣に秘訣を求める。困った麻緒衣は母親に助けを求め麻緒衣の母はその内大きくなると言う。次に修輔は卵も割れない朱里を見て普通程度に料理の出来る人と答えるが気付いた朱里にボコボコにされる。雛子は麻緒衣に料理を教わるがその料理を食べた佐菜は卒倒する。次に修輔はボコボコにされた経験からお淑やかな人と言い雛子は実践するが結局は子供扱いされてしまう。最後に麻緒衣は自分の本に習い告白しろと迫り佐菜は修輔と水族館に行き予定通り雛子と合流し3人で遊ぶ事にするが途中で抜け出す佐菜。ある程度時間が経ち修輔と落ち合う佐菜だが雛子の表情から結果を悟り、帰りに雛子はフラレたが修輔は自分の本気の気持ちに子供扱いする事なく自分には恋人くらいに大切な人がいるから恋愛は考えられないと真摯に答えてくれたから悲しくないと言うが雛子は涙が流れ始め佐菜は雛子を抱き締め失恋は大人でも泣くと言い大泣きする雛子。

今季のNo.1、マイセルユアセル3話。1クールなら4分の1消化か。マイセルユアセルは放送開始30分前からwktkが止まらない。さすがスクイズ枠だw今回は新キャラ雛子登場回。ロリだろ・・・ってテンションの低かった俺も放送開始からwktk。雛子かーいーねー、将来有望ツンデレですね。。そして誠を彷彿させる佐菜w雛子=心かwww海辺のファミレス「ラディッシュ」で一緒に食事して部屋に連れ込みww「PTAが~●●●●・・・」とテンパってる金朋先生w今回は本家ツンデレ菜々香は出番なし。キャストにも名前出てないwゲーム版のもう一人の主人公・修輔に雛子が惚れるって話だけど修輔の大切な人ってまぁ流れからだと朱里だろうね。。シスコン?修輔はアニメだと中の人繋がりで「つよきす」のスバルみたく親友ポジションに徹して欲しいね。あれは久々の子安ヒットだった。雛子をいじめてた”ゆとり少年”共は作画ひどすぎ(笑)次回予告は田村ゆかり繋がり?で「D.C.」、「ひぐらし」風味で来週は我らが菜々香当番回。でも俺はこれはひぐらしというよりも「顔のない月」を思い出してしまうわ~。
b0092485_3145928.jpg
b0092485_315578.jpg
b0092485_3151259.jpg
b0092485_3151880.jpg
b0092485_3154943.jpg
b0092485_3155540.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-10-26 03:58 | Myself;Yourself レビュー


検索
最新のコメント
>>花鳥風月さん ..
by wing00nana at 02:01
>>とおりすがryさん ..
by wing00nana at 22:11
大獄はどちらかというとマ..
by とおりすがry at 23:20
>>烈火さん 初めまし..
by wing00nana at 06:16
>>姉キャラ好きです。さ..
by wing00nana at 06:13
新ガンダムついに来ました..
by 烈火 at 17:54
はじめまして、だいぶ遅い..
by 姉キャラ好きです at 02:50
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
アマゾン ds psp ..
from アマゾン ds psp wi..
ウイニングイレブン 20..
from アマゾン ds psp wi..
サッカー スペイン代表 ..
from サッカー スペイン代表 メン..
サッカー オランダ代表 ..
from サッカー オランダ代表 メン..
サッカー ブラジル代表 ..
from サッカー ブラジル代表 メン..
サッカー アルゼンチン代..
from サッカー アルゼンチン代表 ..
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧