虹の両翼


ゲーム・アニメなどの情報日記ブログです。
by wing00nana
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
お願い

【18禁】ギャルゲー・ブログ


PCゲームメーカー
*R-18

ALICE SOFT

light

みなとそふと

エウシュリー&エウクレイア

BISHOP

相互リンクサイト

faapoco

Caprice

萌えと燃えの日記。

猫耳と少女とメイド服。

FF13し~ねっと

Air the TOOL

アニゲーな日々

EBP

明鏡止水


期間限定応援枠

ユニオリズム・カルテットA3-DAYS


炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園
ライフログ
購入予定・注目ゲーム
お勧め書籍・アニメ
ライトノベル
購入・購入予定書籍

カテゴリ:護くんに女神の祝福を!レビュー( 23 )

護くんに女神の祝福を! 第24話「護くんに女神の祝福を!」 レビュー

・ 護のホラクルの効果で原初への帰還は消滅し内部から出てきた絢子は護に「護いつでも自分を守ってくれる、護が入れば自分は無敵」だと伝える。その頃、世界中では強大なビアトリス反応の臨時ニュースが流れるが正樹は原初への帰還に取り込まれていた絢子がミサイルへの標的だと伝えるが絢子は護と入れば無敵だと言い正樹は絢子、ヨハン、マリアの三人で迎撃案を出すがマリアは絢子と護のビアトリスには干渉出来ないと伝える。そして絢子は正樹に原初への帰還に取り込まれて知ったビアトリスの意思を伝える。力は時に意思を抑え込む、ビアトリスは制御出来ない破壊衝動を恐れ一つになりたくなかった。だから自身を破壊出来る自分を媒体に選んだと告げそして絢子自身もビアトリスと同じく誰かを求めた結果、置いて行かれるのが怖く誰かと繋がるのが怖かったと護に言う。そして絢子は護の全てが自分の恐れを壊した、もう自分は誰かと一つになのは怖くない、ビアトリスを自分を選んだのは護が壊してくれると信じたから。それを聞いたマリア達は護は絢子のビアトリスを増幅させるのは知っていたが護とビアトリスと相思相愛だと納得する。二人は成層圏まで浮上し86発のミサイル撃ち落していきやがて二人は愛を語りながら最後の1発の光に包まれる。それから逸美も護や絢子に近づく為にビアトリスの勉強を始め、正樹はマリアの研究所で研究を再開、東ビ大では生徒会主導で護と絢子の葬儀が執り行われていたがそこに絢子と護が帰還する。二人はメディカルチェックの為、2週間拘束されており帰国は明日だったが今日が卒業式だから一日早く帰ってきたと言う。その後、エレメンツィアはドイツでの二人を見て自分は護を諦めると宣言し走り去る。その後、生徒会での摩耶の卒業パーティーを始めようとするが絢子はやる事があると言うと汐音はそれを察し皆を引き連れて生徒会室から出て行く。そして絢子は生徒会室の隅に隠れていた摩耶に絢子は言いたかった事があると言い摩耶達を友達とか思いたくなかった、大切な瞬間だと思うと失ってしまう気がしていたと吐露するが摩耶はそれは護が教えてくれたと言うと卒業したくないと泣き始めるがそこで盗聴していた皆が現れエレメンツィアは日陰の女として護を諦めないと宣言し絢子は暴れ始める。帰り道、皆で絢子の暴れっぷりを魔女と評していると護は「女神です」と断言し二人は夜空に舞う桜を見て初め出会った時の桜を思い出し絢子は護と出会ってビアトリスは何でも出来るがそれがなくても自然に育っていく気持ちを知ったと言うと護は絢子と出会った事や桜を見れた事に感謝していると言い出会った頃と同じように絢子に付いた桜を取り護の笑顔は最高と微笑む絢子。

4ヶ月遅れ・・・orz
[PR]
by wing00nana | 2007-07-06 06:15 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第23話「無敵な二人」 レビュー

・ ヨハンは実験の影響で動けず謎の生物は正樹をも倒し眠りに付く絢子を取り込む。マリアと護は研究所へ向かっており護は自分の知っている絢子は小さくなり知らない絢子は大きくなっていくと感じていた。ヨハンは外へ出た謎の生物をビアトリス砲で攻撃するが生物は黒い鳥に変異し飛び立つ。そこに正樹が現れビアトリスそのものの原初への帰還にとってビアトリスはエサになるだけと言い正樹は研究所周囲に結界を張り閉じ込めようとし摩耶達に脱出し護を連れてくるよう指示する。しかしヨハンだけは正樹の指示を無視し研究所へ残り心中覚悟の正樹は全責任を負うと言うもヨハンは研究の一旦を担ったとして原初への帰還に取り込まれた絢子と心中する覚悟と告げる。脱出した摩耶とエレメンツィアの前にマリアと護が現れ原初への帰還に取り込まれた絢子救出の為、マリアは正樹に結界を解くよう指示するが正樹とヨハンは外へ出す訳にはいかないと拒絶する。呆れたマリアは自分が結界を破壊し護は高純度のホラクルを原初への帰還へ飲み込ませる作戦を提案する。護は即答で承諾しマリアはありったけの力を注ぎ結界を破壊し護はホラクルと共に原初への帰還の内部に突入する。内部では両親に捨てられた幼少時の絢子がすべてを拒絶していた。そんな絢子に耐え切れず護は泣き始め絢子の心の痛みを知らずいつも助けられていたと吐露すると絢子は護に近寄り二人は触れ合うが絢子は更に原初への帰還に吸収されそうになり絢子を助け、守る為に護はホラクルを押し込む。その頃、正樹はバリアの破壊により原初への帰還が各国に察知され各国・各機関は対応策として暴走したビアトリスを消滅させる為に周辺へのミサイル攻撃が行なわれる事をマリア達に伝える。

・・・・・タイトル間違ってないか?
[PR]
by wing00nana | 2007-04-10 01:51 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第22話「原初への帰還」 レビュー

・ 護、絢子、摩耶はドイツへ旅立ち機内ではエレメンツィアも合流する。ドイツへ到着した一行は正樹の研究所へ向かう船の中で護は銀のマリアの襲撃を受ける。銀のマリアは幼児に化けており同乗していた者達も皆、マリアの部下だった。そこにヨハンが絢子でなく護を拉致したマリアをヨハンは護ごと葬ると構えるがエレメンツィアが必死に止めそこでエレメンツィアの想いを悟り護を更に敵視するヨハンだがその間にマリアは逃走し追いかけようとする絢子も体力温存の為にヨハンに気絶させられる。絢子が目覚めると既に研究所でヨハンと正樹から絢子のビアトリスは消失したのではなく眠らされているだけで目覚めさせるには原初への帰還でより強大なビアトリスと反応させるしかないと説明し起動間近の原初への帰還を見せる。拉致された護はマリアから解放条件として原初への帰還に協力するな、と告げる。マリアはビアトリスの意思は正か邪かわからないと危険視しており絢子が研究に協力しても自分には問題ないがそこに護が加わるとバランスが崩れる、護は自分の可能性に気づいていないと諭す。しかしそれを聞いた護はビアトリスが恐ろしいものとは思わない、それを教えてくれた絢子に協力しろと言われたら協力するが今の話を聞けば絢子は自分に協力を求めないと話す。その頃、ヨハンと絢子は原初への帰還を起動させるもその影響で周辺は大パニックとなり原初への帰還から生まれた謎の化け物は絢子に迫る。
[PR]
by wing00nana | 2007-04-10 01:00 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第21話「遠くへ行っちゃ、やだ」 レビュー

・ 絢子のビアトリス消失を察知した正樹は絢子のビアトリスは血肉と一体化しておりそれは息が出来ない事も同じ、1週間以内に解除しなければ衰弱し永遠にビアトリスを失うと言い自分のドイツの研究所での治療を勧める。絢子はドイツに行けばしばらくは帰って来れない、それにヨハンも居ると危惧するが護は前も言ったように自分も行くと微笑む。その後、護の母親にドイツ行きを報告する絢子と護だが母親はすぐに承諾するも逸美だけは危険のあるドイツに護も同行する事に猛反対し絢子はビアトリスのせいで色んな人に狙われてるのに護を守りたいと思うならビアトリスなんていらないはずと主張する。絢子はそのまま家を出て逸美の言う通り護を想うならこの力がなくなる事を歓迎しなきゃとぼやくが護はビアトリスのおかげで絢子と仲良くなれたし繋がりを感じられるようになったと言うも絢子はドイツに行かなくても何とかしてみせると笑う。しかし絢子は衰弱していき護は考え込んでいるとエレメンツィアが現れ絢子から護を奪わなきゃ意味がないと言いかけた所で絢子が倒れたと聞く。絢子は強がりながら早退し見送る護に摩耶は1年前のヨハンとの戦いで絢子の傍に立つ資格がない事を思い知ったが護が守れないのなら・・と言いかけた所で止め最後に絢子を守れるのは君だけだと残し立ち去る。その頃、恒夫の元にマリアから通信が入りビアトリスを封じたからには恒夫にチャンスだと言い力で組み伏せろと論す。一方、逸美はこの前の事を謝る為に鷹栖邸を訪れると恒夫と遭遇し二人は絢子襲撃準備を進める輩を発見し恒夫は逸美に協力を求める。それから邸内に侵入した恒夫と逸美は侵入者に見つかるが恒夫はメガネを外しマリアに与えられ封印していたビアトリスを使うが男には効かず。それは女を魅了する力で二人は逃げていると菊川と絢子が駆けつける。侵入者の攻撃に怒った恒夫は力で植物の雌しべを操り撃退するが逆に自分も巻き込まれる。絢子と逃げる逸美はビアトリスがないと絢子はただの女の子と感じていると前方に侵入者がおり絶体絶命だがそこにエレメンツィアと護が駆けつけ侵入者を撃退する。逸美は絢子に感謝の気持ちを述べるがビアトリスの使えない自分にとって二人の繋がりが寂しかったと吐露するがビアトリスの使えない絢子は自分を庇ってくれただから護もドイツへ行って絢子を守れと告げる。
b0092485_4124621.jpg
b0092485_4125169.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-03-15 00:59 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第20話「ビアトリス消失!?」 レビュー

・ 銀のマリアから送られた絢子を虜にする”箱”を手に入れた恒夫は狂気乱舞する。一方でエレメンツィアの告白後、無言で帰宅する二人だが絢子は昨夜、エレメンツィアに頼まれチョコの作り方を教えた事を思い出しつつ護を信じようとしそんな絢子の手を握る護。その夜、護はさっそく絢子のチョコを食べ感激するがエレメンツィアのチョコを見て自分に出来る事を考える。その頃、エレメンツィアは後悔に才悩むが護の姿が離れずジロー達に教えられ何かを書き始める。翌朝、絢子に美味しかったと言う護だが、そこにエレメンツィアが現れ絢子に果たし状を渡して挑発し放課後の決闘を取り付けそれを聞いた生徒会メンバーも決闘を演出しようし摩耶は反対するも皆に押し切られ恒夫も動き始める。摩耶以外の生徒会メンバーが実況中継する中、護の制止も聞かず二人は激しく戦い続けその最中に恒夫は戦闘に巻き込まれる。やがてエレメンツィアの挑発に怒った絢子は本気でエレメンツィアを吹き飛ばすも傷つきながらも立ち上がり絢子を攻撃するが効かず絢子は自分に勝てない事はエレメンツィア自身がわかってるはずと論し摩耶は機材の電源を切り中継を止める。エレメンツィアは泣きながら本気で叩きのめして欲しいと懇願し絢子はそんなエレメンツィアを抱き締めるとエレメンツィアは自分が二人の間に入る余地がない事はわかってるが自分の気持ちは抑えられないと吐露すると絢子は告白した時に護に恋人が居ても自分は諦められなかったはずと理解を示し護への告白は自分への宣戦布告と受け取って良いのかと確認しそれでも護は渡さないと断言する。エレメンツィアも引き下がらないと言い返し絢子は微笑むがそこにボロボロになった恒夫が現れ生徒会女子が制止しようとしその際にメガネがとれ恒夫の目を見た生徒会女子は次々に恒夫が自分の理想とする男に見えメロメロになる。三人の前に現れた恒夫は絢子は自分の物と叫び護に青い箱を投げつけそれを庇う絢子だが中身はホラクルでビアトリスが消失し意識を失う絢子。

オリキャラの恒夫がそろそろうざくなってきたな。
b0092485_485722.jpg
b0092485_49370.jpg
b0092485_49888.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-03-13 06:00 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第18・19話「火花散るバレンタイン」 レビュー

洞窟に閉じ込められた護は、昔遭遇したトンネル崩落事故で出会った少女と奇跡を起こしたビアトリス使いを思い出す。脱出を試みる絢子だがビアトリスを封じられ途方に暮れ一方で絢子の危機を察した正樹は洞窟に駆けつけ犯人を察し摩耶達にも二人が銀のマリアに狙われていると援助を求める。銀のマリアはヨハン、絢子と並ぶ世界屈指のビアトリス使いで実力は3人の中で1番と噂されておりマリアが開発したビアトリスを封じる”ホラクル”が周囲に仕掛けられているせいでビアトリスが使えないと説明し皆でホラクルの探索・破壊を始める。護はいつかのビアトリスを学ぶ理由について絢子に幼少時に遭遇したトンネル事故で出会ったビアトリス使いと少女の事を語ると絢子も何かに気づく。外では護を想うエレメンツィアの執念でビアトリスが復活し絢子は護と協力し落石を排除し正樹が現れ護はトンネル事故でビアトリス使いを正樹を重ねる。正樹は銀のマリアの事を告げ絢子の彼氏を見に来たと言いトンネル事故の時にも言った「奇跡を起こしてくれる力、信じられるようになったか」と問いかけ答える護。そして絢子はまだヨハンの所にいるのかと問うと世界にも自分にも謎が満ちていると言う。銀のマリアは少女から一瞬にして美女に変わり恒夫に絢子の監視を命じこれが本番と笑う。そして二人は虹の岬でトンネル事故で出会っていた事がわかり絢子も護に勇気付けられたと二人はキスする。ヨハンと電話する正樹は護について興味深いと答える。そしてエレメンツィアは護への恋心を確信する。

・ バレンタインを控えたある日、校内で護と会ったエレメンツィアは護を意識してまともに話せず。放課後、エレメンツィアはジローとサブローからバレンタインは女が男にチョコを渡し愛を告白する日と教えられていると本屋でチョコ作りの本を読む絢子を発見する。絢子は好き勝手抜かすジロー、サブローを叩きのめし怒りながら立ち去っていく。絢子が読んでいた本を購入したエレメンツィアは改めてバレンタインが告白のチャンスと納得し護の顔を思い浮べるも護と絢子の間に横入り出来ないと諦める。翌日、生徒会メンバーはバレンタインのスペシャルイベントとして生徒会女子が考え抜いたシュチエーションで護にチョコを渡し護をときめかせた女子が今年のバレンタイン女王と企画しエレメンツィアも渋々参加する事に。その後、護は絢子の手を握り楽しみしてたと笑いかけ絢子も楽しみしててと笑う。その日の夜からエレメンツィアはチョコ作りに励むもうまくいかずそこである人に電話をかける。その頃、恒夫の下には銀のマリアからメールが入り絢子の心を掴む荷物を送ったとの内容だった。バレンタイン当日、杏奈と遥子はメイド服、友香と美月は三つ編みメガネの後輩、汐音は余命僅かな病弱少女、浩介は自分ごとというシュチエーションで手渡す。そして護は屋上でエレメンツィアからもチョコを貰い護は笑顔でありがとうと告げ顔を赤くして立ち去ろうとするエレメンツィアだが、そこに絢子が現れエレメンツィアのチョコを渡し方は内気な少女というシチュエーションだが本気に見えると絢子は笑いながら護にチョコを渡すがそこでエレメンツィアは護を好きになってしまったと告白し涙する。

とりあえず18話の簡易レビューいれてみました。。とりあえずエレメンツィア可愛すぎ(;´Д`)ハァハァ ってか護ひどいな・・・。エレメンツィアのチョコは手で受け取らず絢子のチョコはちゃんと受け取るとは・・・悪気がないだけに始末が悪い。銀のマリアは生天目仁美の妖艶ボイスか(笑)
b0092485_464849.jpg
b0092485_465493.jpg
b0092485_47194.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-03-09 03:08 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第17話「南の島の注意報」 レビュー

・ 南の島のホテルで世界で初めてビアトリスを発見した学者・ガードルード・マクヴリーズ、通称”銀のマリア”の著書を読む鷹栖正樹。その頃、生徒会メンバーは前回の婚約騒動のお詫びとして尚幸に南の島旅行をプレゼントされておりそれは傷心の恒夫も参加していた。機内で絢子と護は”永遠の恋が成就する虹の岬”へ二人っきりで行く事に思いを馳せる。南の島へ着くと絢子の水着を褒める護と良い雰囲気になるも生徒会女子が冷やかしたりエレメンツィアが店員に勧められたという大胆な水着を着ていたりと皆で遊びまくる。結局、1日目は岬へ行けず明日にと意気込んでいるとマリィという少女と知り合う。マリィは部屋に戻ると正樹がおり二人はお互いをオジサン、クソババアと呼び合う。翌日のショッピングの最中に何とか生徒会から抜け出せた二人だが、今度は恒夫の妨害に合い困り果てているとマリィが現れる。その頃、エレメンツィアは摩耶にこんなに楽しいのは初めてと吐露していると汐音達がエレメンツィアが婚約騒動で護に喝を入れたと聞きつけエレメンツィアを褒めるがエレメンツィアは「違う・・・私は」と立ち去ってしまいエレメンツィアの本心に気づいている摩耶は心配する。エレメンツィアは二人が悩んでいるのを見ていられなかった、二人が揺れてても、幸せでも自分の心は満たされない。護の横に絢子が居ると心が痛いと泣き続ける。虹の岬へ行きたいと察したマリィに連れられ秘密の道で岬へ向かう三人だが、道中、マリィは尚幸の自伝でパワーアップした恒夫を強力なビアトリスで一蹴する。二人に合流したマリィは恒夫を追い払った事を教えると雲行きが怪しいと見るや絢子はビアトリスで雲を止めるとマリィが絢子にお守りとペンダントを渡す。マリィの案内で岬へ続く洞窟へ辿り着くも何故か雨が降り始める。入口でマリィと分かれる二人は洞窟内を進むそこで仕掛けられたビアトリスが発動し落石が起こり絢子のビアトリスも使えず洞窟に閉じ込められてしまう。洞窟の入口で笑うマリィ。

まぁ冒頭の男が正樹ってのはすぐわかったわ。でマリィが銀のマリアなのもね。ってかエレメンツィアの水着は・・・・ (;´Д`)
b0092485_4105484.jpg
b0092485_411735.jpg
b0092485_4111394.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-02-26 00:47 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を 第16話「参上、暴れ総理!?」 レビュー

・ 絢子の祖父・鷹栖尚幸が帰国すると聞いた護は尚幸について調べ農家出身の尚幸は警視庁→政治家→総理大臣となり引退後も政財界に多大な影響力を持っていた。翌日、絢子は尚幸に護を紹介すると迷惑がかかると言うも護は大丈夫だから紹介してほしいと言うも絢子は謝りながら今回だけは・・・と呟く。その後、二人の仲を隠す脅しメールを高校中に流し護が教室に戻ろうとすると噂の尚幸とぶつかる。尚幸は予定よりも早く帰って来たと絢子を可愛がり生徒会メンバーに絢子の恋人の存在を尋ねると皆は恋人などいないと笑う。その後、尚幸はシンポジウム内でヨハンから聞いた絢子に恋人について生徒達にも尋ねるがメールの効果で皆が無言になっている中、護が名乗り出ようとしたその時、先に恒夫が自分が絢子の恋人と主張してしまう。尚幸は恒夫を気に入り絢子の恋人として認め明日の婚約披露パーティーも計画する。護は尚幸に会い真相を話そうとするも尚幸に「人生にやり直しはきかない。君はチャンスを逃した」と告げら落ち込む護を見つめるエレメンツィア。翌日、絢子は強制的にパーティーへ参加させられていたが護は参加しておらず。尚幸を説得すると言う絢子に摩耶は先延ばしにしていると取り返しがつかなくなる事もあると忠告する。自室で落ち込む護の元を訪れたエレメンツィアは、護の事を隠す絢子も態度もおかしいが兄様に屈しなかった護はなんだったのか、チャンスがないなら自分で作れと怒鳴る。尚幸は絢子の話も聞かず恒夫とのパーティーを始めるがそこにエレメンツィアの言葉で奮起した護はジロー達の車で会場へ乱入しその際に生徒会の演出で恒夫も倒れ尚幸に二人で自分達の仲を認めて欲しいとお互いを愛していると宣言する。それを聞いた尚幸は笑いながら護にチャンスを掴んだなと言い二人の事はヨハンから聞いて最初から知っていたと明かす。会場の外では自分の行動を考えるエレメンツィア。

尚幸の声はまた若本規夫か・・・・。表・裏、問わず最近すげぇ売れてるな・・・・。まぁあのボイスは強烈だからな(笑)しかもまた総理とかそんな感じだし。コードギアスではブリタニア皇帝だし!(笑)
b0092485_695987.jpg
b0092485_610411.jpg
b0092485_610813.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-02-11 05:07 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第15話「世界一えくせれんとな髪」 レビュー

Aパート: 今日も絢子と仲良く登校した護だが、金髪の美少女に声を掛けられる。喋り方から汐音だと悟るがその髪はストレート。朝、汐音は今日も凄い髪型をセットしていると摩耶にからかわれ怒りながらもテレビを付けると悲鳴。護は汐音を心配しているとそこに美月が現れるも汐音を見て逃げ出し皆も騒ぎ始める。そして怒った汐音は周囲に強力なビアトリスを発生させるとそこに摩耶が現れるが髪型を元に戻した汐音に気づかず。駆けつけた絢子も恐怖に震え摩耶は可愛い妹を持って幸せだと泣き始める。そして摩耶と絢子は東ビ始まって以来の事件でビアトリスも震えており人々に混沌をもたらす恐れがあるから治安部長として解決すると意気込む。その後も汐音の影響で高校内では不吉の連続。そして生徒会メンバーで汐音の髪型の推理が始まり髪型は感情と直結しているとか宇宙からのメッセージ、絢子に対抗する為や陰謀など数々の可能性が挙がるも絢子は最後に恋をしたからだと自信満々に答える。
Bパート: 汐音は呆れて生徒会室から立ち去っており護と絢子で須藤邸まで押しかけると摩耶も帰宅し二人は汐音を拘束し自室の調査を開始する。部屋を物色し続け護と摩耶はアルバムを見ているとその中には摩耶達の両親と絢子の祖父が知人だった事から絢子の写真もあり更には摩耶が代わる代わる女性と写ってる写真を発見し摩耶は皆、昔の彼女と言い護はみんな髪が長い事から摩耶の好みは髪の長い人と指摘すると摩耶は動揺し始め護はそこで絢子も髪が長い事に気付く。そして拘束から逃れた汐音が襲い掛かってくるも絢子が反射的に殴りつけ汐音は泣きながら家から飛び出す。公園まで汐音を追いかけてきた護は摩耶の好みがロングストレートだから汐音もそうしてみたのではないかと推測すると汐音は動揺しブラコンじゃないと言い始める。そして汐音は護が一番近いと言う。その頃、須藤家では絢子が夕食を作っており摩耶はそれを眺め微笑んでいると護と汐音が帰宅し絢子と仲良く話し合う護を見て複雑な表情をする摩耶。翌朝、護も絢子も須藤家に泊まったが汐音は朝から髪をセットしており摩耶の好きな相手がストレートだった事から魅力的だと思ったと言いつつ見る目がないと絢子の方を向くと恋愛マンガに夢中。そして占い番組が始まりすべてはここから始まったと言い昨日のうお座は「あの人への気持ちをストレートに伝えろ」という内容で占いで髪型を変えたとは言えないとぼやきつつストレートなどにするべきではないと笑う。しかし絢子の占いはハプニングの予感。朝、皆で登校していると絢子の電話が鳴り相手は祖父からで日本に帰国したという内容だった。

汐音、ストレートの方が美人だな・・・・・。
b0092485_6103956.jpg
b0092485_6104819.jpg
b0092485_6105466.jpg
b0092485_610586.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-02-01 05:44 | 護くんに女神の祝福を!レビュー

護くんに女神の祝福を! 第14話「絢子さんの恋人」 レビュー

Aパート: 倒れた護は保健室に運ばれエレメンツィアから護が倒れたのはヨハンの力だが絢子はビアトリス制御に失敗して倒れ込んだと思い込んでると説明する。くやしがる護は叔父が居ても研究が魅力的でも絢子はドイツに行かないと信じようとしエレメンツィアは生徒会室でその研究の説明が行なわれてる事を教えると飛び出す護。護が着くとちょうど説明が終わった所で絢子はヨハンにしばらく考えさせて欲しいと答える。去り際にまた護のビアトリスに干渉し凍りつかせたヨハンは笑いながら立ち去る。絢子の返事を摩耶や汐音は非難し摩耶は護に計画書を渡す。「原初への帰還」・・・ビアトリスには意思があるが微小すぎて読み取る事が出来ない、ならば数十億ものビアトリスを連結させればビアトリスは一つの生物としての機能を持ち自らの謎を話すという計画内容だった。今日菊川の用事で電車で帰る護と絢子だが、絢子は研究の為に自分を置いて行った正樹を許せないと思っていたがあの研究は魅力的だと話す絢子に護は計画に惹かれてるだけなら絢子を応援出来るが・・・と考えていると絢子は護は自分にドイツへ行ってほしくないと思っているか?と尋ねるとそこで護は絢子はずるいと怒鳴り絢子はヨハンが怖いんだ本当はドイツへ行きたい、でも迷っているのはドイツへ行けばヨハンに惹かれてしまうと感じてるからだと叫ぶ。すると絢子は目を瞑り誰よりも護は好きだがヨハンは怖い、それでも自分の中のビアトリスが意思とは関係なくヨハンを求めてしまうと吐露する。そして無言のまま別れる二人・・・。夜、自室で考え込む護の元に逸美が現れ護の態度に深刻な何かを感じた逸美だが摩耶と汐音が尋ねて来た事を明かす。
Bパート: 訪れた摩耶と汐音はヨハンが絢子と二人で小規模だが研究を披露すると言っていると言いこれはドイツへ行くか決める前に研究に触れたいという絢子の希望と説明する。そして摩耶は一緒に行こうと誘うが護は絢子の迷惑になると言うと汐音は絢子はビアトリスへの情熱、探究心は誰にも負けない以前の絢子なら迷わずドイツへ行ってたはずだが迷ってるのは護の存在と論す。そこで意志とは無関係なビアトリスに一番、傷ついてるのは絢子なんだと理解した護は摩耶達と実験の場である学校へ向かう。そしてヨハンも護達の到着を確認すると絢子に憔悴している理由は聞かないが自分がこれまでの以上の輝きを与えると絢子の耳元で囁く。そしてヨハンは正樹と練り上げたビアトリスの集合体を取り出しこれを核として生命を誕生させると言い今から見せるのは計画に比べれば小さいが今まではそれすらも失敗していたと前置きした上で絢子に集合体を触らせる。すると核は脈動し始めるがやがて絢子やヨハンを吹き飛ばし上空に浮上する。ヨハンは失敗かと呟いた後に摩耶の権限で学校を封鎖しろと指示する。摩耶は文句を言いながらも核の発散を防ぐために高校の周囲にバリアを展開させる。それを確認している謎の中年男性。そしてヨハンは暴走しつつ核を止める為に絢子の協力を要請するが絢子は崩れ落ちたままビアトリスとうまく感応出来ないと呟く。そして摩耶と汐音は避難しヨハンとエレメンツィアはバリアを展開し絢子を守る。絢子の元に駆けつけた護だがヨハン達が防ぎきれなかった核の放射を食らう。そしてビアトリスの中で目覚めた護は絢子に声を掛けると絢子は思ったとおり原初への帰還はうまくいくはずがないと言い始め震えが止まらなくなり感応出来ないと泣きビアトリスがいくらヨハンを求めても護が居ないと誇りも自信も失ってしまう、護が居ないと誰よりも弱くなってしまうと吐露する。護は昨日の電車内での絢子への返答としてドイツへは行ってほしくないと告げる。すると絢子はその言葉が聞きたかったと笑い護にキスする。そこで落下していた二人はビアトリスで再浮上しヨハンは自分達が食い止めている間に核を消滅させろと指示する。摩耶達の応援も受けた絢子はやる気になると護も一緒にやらせてほしいと志願し二人でビアトリスを練り始める。護は今はヨハンには敵わないが絢子僕は強くなる、絢子さんの恋人なんだと意気込むと絢子も護が居れば無敵だと言い生まれたばかりの生命に向かってありったけのビアトリスを発射する。翌日、高校は屋根が吹き飛んだ程度で護は苦笑しているとドイツへ帰国するヨハンを見送る絢子とエレメンツィアを見る。ヨハンは共にドイツへ行くつもりだったと言うと絢子は準備が整ってないのに自分を誘うなんておこがましいと一蹴するとヨハンは整った場合の話をすると護が駆けつけ自分も絢子の手伝いの為に一緒に行く、絢子は渡さないと宣言すると顔を赤らめ喜ぶ絢子。ヨハンは足元に及ばない現実に足掻き苦しめ、その度に俺はあざ笑うと残し立ち去ろうとすると護は何と言われても絢子さんは僕の恋人ですからと力強く答える。それを聞いたヨハンは立ち止まり「お前・・・」と呟くがエレメンツィアに空港までの見送りを頼み車に乗り込む。そして護も絢子に相応しい男になると決意を秘める。

これでヨハンは退場?それとも最終話あたりにまた出てくるのか?で途中で少し映ったのが正樹なのか?
b0092485_6272364.jpg
b0092485_6272916.jpg
b0092485_6273460.jpg

[PR]
by wing00nana | 2007-01-20 18:27 | 護くんに女神の祝福を!レビュー


検索
最新のコメント
>>花鳥風月さん ..
by wing00nana at 02:01
>>とおりすがryさん ..
by wing00nana at 22:11
大獄はどちらかというとマ..
by とおりすがry at 23:20
>>烈火さん 初めまし..
by wing00nana at 06:16
>>姉キャラ好きです。さ..
by wing00nana at 06:13
新ガンダムついに来ました..
by 烈火 at 17:54
はじめまして、だいぶ遅い..
by 姉キャラ好きです at 02:50
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
アマゾン ds psp ..
from アマゾン ds psp wi..
ウイニングイレブン 20..
from アマゾン ds psp wi..
サッカー スペイン代表 ..
from サッカー スペイン代表 メン..
サッカー オランダ代表 ..
from サッカー オランダ代表 メン..
サッカー ブラジル代表 ..
from サッカー ブラジル代表 メン..
サッカー アルゼンチン代..
from サッカー アルゼンチン代表 ..
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧