虹の両翼


ゲーム・アニメなどの情報日記ブログです。
by wing00nana
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
お願い

【18禁】ギャルゲー・ブログ


PCゲームメーカー
*R-18

ALICE SOFT

light

みなとそふと

エウシュリー&エウクレイア

BISHOP

相互リンクサイト

faapoco

Caprice

萌えと燃えの日記。

猫耳と少女とメイド服。

FF13し~ねっと

Air the TOOL

アニゲーな日々

EBP

明鏡止水


期間限定応援枠

ユニオリズム・カルテットA3-DAYS


炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園
ライフログ
購入予定・注目ゲーム
お勧め書籍・アニメ
ライトノベル
購入・購入予定書籍

カテゴリ:BLACK LAGOON レビュー( 19 )

BLACK LAGOON 第24話

Aパート: 警察は白人2人と日本人1人が入った紅砂会組長の邸宅前で待機しており警察は3人が抗争に関与しているとし身分照会の為に国際担当の刑事が来る事となっていた。訪れているのはバラライカ、ボリス、ロックでバラライカに声をかけられたロックはこの前の話の続きとして抗争が終わる前に鷲峰組の存続が不可能な程、潰して欲しいと懇願しそれが雪緒を救うと主張する。呆気にとられたバラライカだが、やがてそれが雪緒を正常な世界に帰還させる唯一の方法と納得し良い悪党になると、笑う。そして紅砂組長との会談が始まり組長は共闘に応じる意思を示すがバラライカは突然、紅砂会の武装を知りたいと言い始め紅砂組長はバラライカは銃の確認の要求に従い側近の男は銃を渡す。更にバラライカは予備の銃の確認も要求し側近が差し出すと突然、バラライカはその銃を酷評し始めこんな銃を持っている輩と共闘など出来ないとし紅砂組長を始め組員を全員射殺する。全員殺した後でバラライカはなかなか悪くない銃と感想を漏らし記念にと言ってその銃をロックに渡すがロックは銃は好きじゃないが引き金を引いた事を忘れたりしないと返しバラライカ達は銃を池に捨てる。そして警察も銃声を聞き踏み込んできて同行を求めるがバラライカはロックに雪緒にホテル・モスクワの戦闘停止を告げろと言い更に捕虜からの情報として雪緒はやがてロアナプラへの進出を計画している事も教え警官を追い払いながら門を出るとそこにロシア大使館の車が迎えに来る。そこでバイクに乗って待機していたレヴィは警官の隙をつきロックを回収し追おうとする警官達にバラライカは目標は自分だろうと一喝し用があるならいつでもロシア大使館まで言い残し立ち去る。その直後、国際担当の刑事が来てあの女はモスクワに本拠を持つホテル・モスクワの大幹部バラライカと説明する。道路を疾走するレヴィとロックだが、ロックは雪緒に停戦を告げなければならないと言うがレヴィは30分程で非常線が張られるとして船へ向かうがその途中で車に轢かれる。その車に乗っていたのは雪緒と銀二で雪緒はロックやレヴィに発砲した後、帰還船への案内をして欲しいロックを拉致する。その光景を見た女子高校生にも拉致されやがったと呆れる。
Bパート: ロックは雪緒に自分は夕闇に立っているからこそ見える事もあると言いホテル・モスクワの戦闘停止を伝えるが雪緒は好き勝手やったバラライカの言葉など信用出来ないと言いロックはホテル・モスクワの前では自分は人質の価値もないと言うと雪緒は弾除けになるか見届け役になってくれれば良いと言う。ロックは行っても虐殺があるだけと怒鳴るが雪緒はそこに咲かせられる花もある、自分達はヤクザだと言い張る。先に船に着いたバラライカは兵達にロアナプラ帰還を告げる。そして雪緒達の車の後ろにトラックを奪ったレヴィが追いかけてきて車から降りたレヴィは雪緒は既に歩く死人だと言い雪緒も紅砂会がなくなった今、坂東の仇として引き続きバラライカを狙う事を断言する。そしてレヴィに向かって銀二が歩き始め二人は向かい合い戦闘を始める。レヴィの銃弾を避けた銀二は刀を抜きレヴィの弾を真っ二つにすると笑うレヴィ。二人は互角の勝負を繰り広げる最中、銀二は雪緒を連れて来るべきではなかった、ここはまともじゃない奴しか居てはいけない場所と笑う。戦う二人を見ながらロックは雪緒はバラライカと同じ道を辿るはずはないと思ってた、それが思い違いだったと言い夕闇に立っているからこそ見える事として雪緒がここに居るのは夜に同化しようと足掻いたからで銀二と一緒に銃を捨てるべきだったと言うと雪緒は遠い土地で二人で的屋になるのは笑い話だと言う。レヴィは片方の銃を銀二に斬られとどめを刺されつつあった所でロックは本当の君はどこにいる?と問いかけると雪緒はそうやって生きられたらと思う事はあるが自分は既に賽を投げたと答えるとその言葉で高町が続く事を望んでた雪緒の言葉を思い出す銀二。そしてそれが一瞬の躊躇となりレヴィは足を刺されるも銃は銀二の喉に突きつけられていた。レヴィは行き着く果ては泥の棺桶なのに生きようとしやがったと言うと銀二もしくじったと残し崩れ落ちる。レヴィは駆け寄ったロックに雪緒の一言を引き出したのがロックの弾丸と言いロックはレヴィの足から刀を引き抜く。雪緒はその刀を拾いどうしてこんな事になってしまったのかと呟くとロックは雪緒の歪さは自分の嘘で自分を騙しきれないほど頭が良すぎた事と言う。そして雪緒は冷めた今となってはロアナプラは遠すぎると言いすべての決着として自分の喉に刀を突き刺す。レヴィに傷になるから見るなと言われたロックだがその最後を直視する。数日後、船に乗り遅れたロック達にダッチから偽造パスポートが届きで何とか帰国の算段はつき電話でロックは雪緒が言っていた「人はサイコロと同じで自らの人生へと投げ込む」と言った哲学者について尋ねるとジャン=ポール・サルトルと答えるダッチだが俺が好きなのは「三つの籠に五個の卵を詰め込む奴には早めに風穴を開けるべし」と答える。帰国後、数日してロック宛にバラライカから手紙が送られてきて中には×印の入った雪緒の写真。ベニーは野蛮な力が蔓延するロアナプラが悪くないと思い始めてると言うとロックは夕闇の中からすべてを見届けると返し夜の街へ繰り出す二人。その頃、レヴィは教会でエダと飲んでおりエダはロックとヤッたのか?と聞くと言「いたくない」と答えるレヴィに「くたばりやがれ」と言うエダだが、レヴィは銃を抜き自分達、悪党は簡単にはくたばらないと言う。

雪緒ちゃんの話は難しすぎる・・・・。ロックとの会話はあんまり理解できなかったよ・・・。しかし最後まで哲学の話か。まぢで雪緒ちゃんは哲学を必要以上にかかずらったせいで不幸になってしまった。BL2期はやっぱ双子編が最高だったな。
b0092485_341773.jpg
b0092485_3411216.jpg
b0092485_341172.jpg
b0092485_3412267.jpg
b0092485_3412778.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-12-24 23:41 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第23話

Aパート: 鷲峰組構成員を襲撃するホテル・モスクワ。鷲峰組はホテル・モスクワの動きを掴めず被害は増し雪緒も警察の取調べを受ける事になりホテル・モスクワの戦いがマフィアというより軍と考えているとバラライカが大尉と呼ばれる事を思い出し軍隊だと気づく。ロックとレヴィは居酒屋で飲んでおり浮かないロックと楽しそうなレヴィ。ロックがレヴィが楽しそうな事を指摘するとレヴィは弾を斬る銀二との出会いガンマンとして喜でいた。早く戦いと熱く語るレヴィに死に急いで何の得があるとぼやくとレヴィはロアナプラの住人は皆、歩く死人と言い本物の死人の違いは生きる執着心がないから地の果てまで戦えると笑う。するとロックは溝の中で死ぬのがレヴィの趣味かと言いロアナプラが遠くに感じると呟く。それを聞いたレヴィは驚きロックの機嫌が悪い事を指摘するとそこでロックも自分の悪態に気づきレヴィに謝る。その頃、雪緒は紅砂会組長に直系の血縁として鷲峰組組長就任を求めるも紅砂組長は認めずその前に不始末であるホテル・モスクワについての責任を追及する。しかし雪緒は坂東がホテル・モスクワを召喚したのは紅砂会が原因であると示唆すると紅砂組長は逆恨みと一笑するが雪緒は釈明は和平会にて行なうと言い伏せる。帰り道に銀二はホテル・モスクワが幹部を徹底的に始末している為、鷲峰組の人員は抗争前の3割以下と報告すると雪緒はそれでも自分と銀二がいると言い全構成員に潜伏を命じる。その後、銀二と雪緒は鷲峰組の事務所で破壊された監視カメラの断片を見てホテル・モスクワが電気工事のワゴンで動いている事を知る。翌日、銀行に二人の銃を持った強盗が入り車で逃走して行く。その車にはホテル・モスクワのワゴンと同じ赤いスペードのマークが入っていた。その強盗は銀二と雪緒でマークを書いた紙を外し悪漢になるのが痛快だと笑っており同じく笑う銀二。すぐに警察の無線では雪緒達の車の詳細が流れ始め二人はロックやバラライカ達のロアナプラに思いを馳せる。しかし雪緒は高町が続けば良いと思ってたが強盗とかも悪くないと言うと銀二はロアナプラに住むのはバラライカと決着を付けてからで言い張りが出来たと笑う。その時、警察の無線から東京港付近で赤いスペードのワゴンを発見したとの情報が入る。発見されたのはホテル・モスクワのワゴンで構成員は煙幕を撒く事で振り切る。雪緒も港とバラライカ達が秘密意rに大量の銃器を持ち込んだ事から船とゆう真相に辿り着く。そしてバラライカも警察に車が漏れた事に驚きつつ雪緒の仕業と気づき徹底的に潰すと笑う。
Bパート: 自宅で雪緒は現実の陶酔感を味わえる土地・ロアナプラに思いを馳せる。その頃、ロアナプラではバラライカ不在で抗争が激化しておりダッチはこの街の本当の姿と笑う。ベニーは銃が苦手なロックが居なくて幸いとぼやくとダッチはロックが銃を手にせずに済んでる事は俺達にとって最大級の幸せでロックが撃つ弾はこっちにも跳ね返ってくる弾と笑う。ロックとレヴィは打ち合わせの為、バラライカとボリスと落ち合いバラライカは最後になるかもしれない仕事として明日の紅砂会との会合と告げる。驚いたロックは雪緒の言葉を思い出し弱体化した鷲峰組よりも紅砂会を潰すべきだと進言してしまう。バラライカはロックは通訳だと言うもロックはレヴィの制止も聞かず鷲峰の組長は未成年でバラライカにも信じる正義があるだろう?と問いかける。するとバラライカはロックを掴み押し倒し銃を突きつける。すぐにレヴィはバラライカとボリスに銃を向けボリスもレヴィに銃を向ける。レヴィはバラライカに止めるよう言うがバラライカはロックに正義は素晴らしい言葉だが、他力本願で誰かの死を願うロックの正義も生臭いと言う。レヴィは必死にバラライカを宥めるがバラライカは自分達の命は軽いと言いレヴィにもロックと同じ生き方を望むべきでないと忠告する。レヴィは動揺しつつわかってると言い引き金に掛けた指も限界と言う。しかしロックはレヴィの説得も聞かず勝利は確実なのにまだ足りないのか?と問う。するとバラライカは足らないと即答し命を請う時のコツとして命を握る者を楽しませる事、その人間を納得させるだけの理由を述べる事と言いロックはどちらもまだ満たしてないと回答を聞く。するとロックはバラライカは勘違いしていると言い義理でも正義でもなく理由はたった一つ、俺の趣味と笑い根本はバラライカと同じだと断言する。するとバラライカは大笑いしロックから離れ明日から忙しくなるから馬鹿な勝負に命を賭けるのはやめろと残し立ち去る。レヴィはすぐにロックを掴み自分達が助かったのは神の恵みとイカレた戦争マニアが銃を下ろす気になったからで自分はロックの銃でどんな敵からも守る自信があるが命を捨ててる奴は守れないと怒鳴る。するとロックはもう一度、自分の街に付き合ってほしいと告げる。ロックの自宅近くの公園でレヴィはロックの国は良い所で惑ってしまったと言い自分は濁った場所でしか生きる術しかない事も忘れてた、と言う。ロックに日常へ帰るよう言うもロックは自分はレヴィと出会った日から死んでるとぼやく。ロアナプラは死人が歩く街ならここは生者の住む場所、見知った光景で俺も忘れかけていた、死人の俺にとっては生活してた頃さえ幻だったと言い俺はここに戻るのではなく起こる事のすべてを見続ける為に忘れに来たと告げる。きっと後悔すると言うレヴィに後悔なら1年前に済ませ、足りないのは覚悟だけだったが決まったと断言するロック。そこにこの前、レヴィが遊びに付き合っていた子供達が現れレヴィの銃さばきを見たいと言い二人は英語でしゃべった後にレヴィは懐から銃を取り出し子供達が用意した缶を撃ち始める。びびった子供達を尻目に二人で歩き始める。その頃、雪緒も足手まといになりたくない銀二から銃を受け取る。

バラライカさん、こえぇぇぇ (((( ;゚Д゚))) まじでこの人の半径5km以内には居たくないぜ・・・・。来週は最終回?
b0092485_15363517.jpg
b0092485_15364035.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-12-16 21:08 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第22話 レビュー

Aパート: チャカは辱められても何も言わない雪緒に銀二を殺しても買い手がつかなかったから裏世界に売ると笑う。正面から突入しレヴィはチャカ達の所まで達しチャカはレヴィが来た事に驚きつつ軽口を叩き脱がされた雪緒を見た銀二は激昂し開戦する。チャカの手下達は皆、銃を装備していたがレヴィと銀二の連携からの圧倒的な力で次々と死んでいく。そしてチャカは雪緒をひっぱって裏口へ回ろうとすると床に撒かれていた洗剤で転びそこを待ち構えていたロックにボーリングのピンで殴られる。レヴィと銀二はあらかた手下達を倒し二手に別れ雪緒とチャカを探す事にするがレヴィは怯え隠れていた手下達を一掃する。チャカは殴られた頭を押さえながら3人の手下を引き連れ雪緒を探すが仲間を仲間とも思わない発言から手下達は叛旗を翻したり逃げ出したりしチャカは全員射殺する。そこにレヴィが現れ仲間を殺したチャカは見下げた奴と言うとチャカは女のガンマンであるレヴィと寝たいと言い始め手にした缶が床に落ちたら合図だとカウントダウンを始めるが途中でレヴィはチャカに飛び蹴りをかます。レヴィはガンマン気取りで勝負したかったのかと笑い3流以下は相手にする気はなく相手は銀二に任せると言って立ち去る。相手にもされなかったチャカは激怒しレヴィを追いかけるとプールに出てそこには銀二が待ち受けていた。銀二にチャカは雪緒はもう殺したと笑うが銀二はすぐにそれがチャカの嘘だと見破り刀に手をかける。やがてチャカは銃を撃つも銀二は発射された弾を真っ二つにしてみせ驚愕するレヴィ。そして1撃目と2撃目で銃を斬り3撃目で指を断ち切りプールの中へ投げ飛ばす。雪緒を救出し隠れているロックは、戦いの終わりを感じていると雪緒はどうして助けたのか?と尋ねる。ロックは君が自分等の仕事に巻き込まれるのにほっておけなかったと言うが雪緒はロックは知らなかったのかと納得し自分は中心人物でロックは敵だと断言する。
Bパート: その言葉の意味がわからないロックに雪緒は自分が鷲峰組14代総代を継承した事を告げ巻き込まれたのではなく中心人物だと断言する。それを聞いていたロックは激怒しこの世界がどんな世界かわかっているのかと問い詰める。その頃、ボリスは部下達に鷲峰組の主要幹部の顔写真が載ったファイルを渡し出発するホテル・モスクワの構成員。そして雪緒はまたどうして来たのか?と問いかけるとロックは見捨てる事は出来なかったと答えると雪緒は自分は坂東は自殺だと思ってると言い始め坂東の最後を思い出すロック。そして雪緒は孤立した組を救えるのは自分しかいなかったら?盃には親族しか認めずとゆう決まりがあったと言いそれが馬鹿げた話でもあってもその中で筋を通さず事が自分達の秩序と言うとロックは雪緒自身も含め皆、雪緒をここへ立せない事に必死になっていたと怒鳴る。すると雪緒は自分がもっと早く決心していればこんな事にはならなかったと呟くと恨むべきは紅砂会で雪緒は自分自身に責任を負わせようとしているようにしか見えないと言う。すると雪緒は喫茶店で話した”人はサイコロと同じで自分で自分を決めた方向に投げる”とゆう話をし自分で選んだと断言する。しかしロックはそれは選ばざる得なかったと訂正するが雪緒は泣きながらロックは夕闇に留まってるから言える、ここに来るしかなかった、選んだと思わなければ覚悟も出来ず誰かのすべてが自分に掛かっているなら今夜も背負う決めなければ耐えられなかったと吐露する。そこでいつぞよ沈没船でのレヴィの話を思い出しあの頃から何も変ってないと感じ自分に雪緒の今夜の出来事に対し自分は無力だと痛感しレヴィ達の側へ転がる少女にかける言葉も見つからないと感じそしてレヴィに言った答えである「俺は俺が立っている側にいる」とゆう言葉が嘘だと自覚する。その頃、銀二はレヴィが見守る中、プールでもがくチャカを水面に出したり押し付けたりし苦しませ殺す。そして雪緒は自分がすべてを背負うことで銀二が助かるならそれで良いと決めたと言い更にロックは日常にも非日常にも踏み込めず立ち止まってるだけで自分を助けたいと言うなら鷲峰組すべてを助けてくれと懇願し絶句するロック。ロックは自分を助けたいのではなく捨てた日常を失いたくない、見殺しにすれば日本の最後の追憶の欠片さえ失ってしまいあなたは何も負おうとしないそんな事で誰を助ける事が出来るのかと怒鳴られ言葉を失うロック。私は普通に生きたかった、普通に生きる事に望まなかったロックと同じ所にいるはずとういう事がくやしくだからロックが嫌いと笑う。チャカを殺した所でレヴィは先程の銀二の芸当をもう一度見せて欲しいと銃に手をかけると銀二はレヴィとロックには義理があるとし手を抑え運が悪ければ戦う機会もあると笑う。そしてロックは去り際に雪緒に声を掛けるが雪緒の言葉は鷲峰組総代のもので二度と会わない事を願っていると残し立ち去る。その頃、バラライカは鷲峰組の戦力殲滅を命じる。

話の内容が難しくてレビューに自信なし・・・・orz 雪緒ちゃんもすっかり性格が歪んでしまった・・・。20話あたりで雪緒はハイデッガーの思想書を愛読してたけどそこでドラマCDゼーガのキョウが言ってたプラトンの「哲学は必要以上にかかずらうと身を滅ぼす」とゆう言葉を思い出した。雪緒ちゃんも哲学にのめりこんだから不幸な結末に・・・(つД`)
b0092485_2495918.jpg
b0092485_250650.jpg
b0092485_2501328.jpg
b0092485_2501894.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-12-10 04:23 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON 第21話 レビュー

Aパート: 幼少時、バラライカは叔父から父の名誉回復の為に五輪へ出ろと言われその資格を得るために数年後バラライカはボリス達を率いて戦争に参加した、それが1987年。92年、戦争は終結し顔に火傷を負ったバラライカはテレビで五輪を見ておりソ連崩壊後に残った部隊を再び率いる事になる。それを回想していたバラライカの手元には坂東の後任となった雪緒の写真。帰りに雪緒はまきに別れを告げるとそこへ迎えに来た鷲峰組の車両。鷲峰組を率いる雪緒はバラライカの行方を捜すも見つからずロシア大使館の監視を命じる。しかし雪緒の目には涙が流れ気遣う吉田に総会の時の礼を述べる。鷲峰組の総会時、押し黙る組員を鼓舞したのが吉田だったのだ。吉田は雪緒が坂東の仇をうってくれるのが嬉しいと言う。その頃、レストランに居るラプチェフ達はバラライカ達と連絡がとれずKGBを恨むバラライカに嵌められた激昂していると店頭に現れた複数の車両から銃撃を受ける。銃撃が止み入って来たのは刀を持った銀二で部下達は銃撃するも銀二は難なく斬り伏せ逃げ出そうとするラプチェフにバラライカの居場所を尋ねるもラプチェフはロシア語しか話せず斬殺する銀二。そしてレヴィもカトラスを受領し待ち受けるロックと合流するとロックの視線にはタクシーで流れる抗争のニュース。そしてロックは放っておけないから雪緒の所へ一緒に居て欲しいと言うがレヴィは今や自分達は鷲峰組の敵だと言うがロックは雪緒が鷲峰組の関係者ならバラライカの手口を考えれば確実に狙われる。あの子は自分達とは違う、普通の子でここはロアナプラではないと叫ぶがレヴィはどこが違う?と問い雪緒は既にこっち側の人間でバラライカはロアナプラの流儀で片付けると告げる。浮かないロックの顔を見たレヴィは顔を抑え自分はここではロックの銃で役目は命を守る事で生き方を邪魔する事じゃない、だから着いて行くと言う。
Bパート: バラライカはホテルに潜伏しボリスから警察が紅砂会周辺を固めていると報告を受け日本警察を賞賛する。そしてラプチェフの死は報道で知っておりバラライカは敵情偵察に役立ったと笑う。吉田は鷲峰邸まで雪緒を送り学校へ押しかけた事を謝ると雪緒はまきにも知ってもらわなければならなかったと言い気遣いに感謝する。吉田が家に入ると何故かチャカと手下達が集結していた。事情を飲み込めない吉田にチャカはいきなり発砲し自分等は得のない所にはつかない主義と言い紅砂でもホテル・モスクワにも手土産が要ると雪緒を指名し吉田は雪緒を逃がそうとするもチャカはとどめを刺す。雪緒は逃げ出そうとするも手下の男にぶつかり激昂した男は雪緒を殴り始めるがチャカは勝手な事をすると殺すと言い男を殴り始める。鷲峰邸に到着したロックとレヴィは、玄関の多数の足跡から何かあった事に気づき乗り込むと荒らされた部屋の中央に吉田の死体がありホテル・モスクワを疑うレヴィに、ロックは捕虜にする価値のない雪緒も死んでいるはずと言いレヴィが調べ始めると薬莢が落ちていない事からリボルボーと断定する。そしてレヴィは犯人に心当たりがあると言うとロックも犯人に感づきそこに無音で帰還した銀二がレヴィへ襲い掛かる。銃と刀は互いの前で止まり銀二はレヴィに硝煙の匂いがしないと言い二人は武器を納める。ロックは自分達やホテル・モスクワの仕業ではなく雪緒を戦いから遠ざける為に来たと説明し現場の状況から犯人は鷲峰組の身内で多数で待ち構えていると言いレヴィが参戦するならば敵は予想外だと提案する。そしてレヴィは車を奪い銀二の案内によりチャカの潜伏先へ疾走する。銀二はロックが肩入れする理由を尋ねると雪緒はここに居ていい人間ではない、普通に生きるべき子が生きられないのは嫌だと言うと誰かが許してくれたならそれも良かったと呟く。ボーリング場に居るチャカはストライクの度に雪緒の服を脱がしており雪緒は既にパンツ1枚で上は服で隠している状態だった。そしてボーリング場に辿り着いた3人は、レヴィと銀二が正面突破しロックは裏に回る事になる。そしてロックは言語の違いからの連携を指摘するとレヴィは自分達は戦いになれば勝手に体が動くように出来ていると答える。
b0092485_15383996.jpg
b0092485_15384568.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-12-06 21:55 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第20話 レビュー

Aパート: その後もホテル・モスクワによる紅砂会襲撃は続きバラライカは坂東に六本木に呼び出されバラライカは第二段階として攻撃目標の転換として資金源の封じ込めと紅砂会会長の家族の拉致を提言する。しかし鷲峰組は紅砂会の圧力の緩める事が目的だと激しく反発するとバラライカは笑いロックにリスクを負担しているのは自分達なので全決定権は自分達にあると宣言すると坂東は返答を先延ばしにする。そこに隅に入る男が携帯で女と電話しチャカと呼ばれたその男は鷲峰組の組員から怒鳴られる。その頃、学校で後輩と話す雪緒は夜を連想させるのは嫌いだと話す。鷲峰組の返答は時間を欲しいとの結論だが、チャカは隅に居るレヴィに興味を示す。廊下でロックを待つレヴィの元にチャカはガンマンなのか?と近づき尋ねレヴィと英語で会話する。しかしレヴィは嫌悪感を示しながら臓物が腐ってると言うとロックが戻り戻るよう言うがチャカは話し中と答えそれでも無視を続けるロックをボコボコに蹴りつける。無言のレヴィだが、手は思いっきり力が込められておりそこに坂東達が現れチャカを制止する。統制のとれていない鷲峰組のその様子を見て呆れいよいよ見限るバラライカとボリス。ロックはレヴィに自分を痛めつけている中、チャカはずっと銃に手を掛けていたと言い銃口はレヴィに向けられ挑発してたと分析するとその分析力を褒めるレヴィはカトラスの用意を示唆しいずれチャカは銃を向けてくると言いその時は必ず殺すと断言する。翌日、ロックはベニーに頼まれた精密機器を確認しつつレヴィの要望によりカトラスを要請する。電話を切ると偶然、雪緒と出会うロック。
Bパート: 雪をしのぐ為に喫茶店で話す事になった二人だが、ロックは実家に帰りたくないと苦笑すると雪緒は昔の私みたいだと言う。ロックは今の自分は宙ぶらりんだと言うと雪緒はフランス人の自分を投げ込むとゆう話をする。そこに雪緒の携帯に銀二から電話が掛かってきてその会話の中で出てきた坂東という名前に反応したロックは雪緒に苗字を尋ねると鷲峰と答える雪緒。雪緒が変えると坂東と銀二が鷲峰組の今後について話しており和平会が直系の跡継ぎの会長を要求してきたという内容だった。そして坂東が家から出ると吉田から電話が掛かってきて警察から監視されている事を伝えるも部下の話によるとホテル・モスクワが紅砂会の車を爆破したという内容だった。そしてロック、レヴィ、バラライカ、ボリスで食事をしているとロックは鷲峰組の協定破棄の場合について尋ねるとレヴィの言葉もありバラライカは過程の話をし目標が一つ増えるだけだ、と答える。坂東は短刀を忍ばせバラライカの所へ向かい吉田に後の事は銀二に従えと残し歩き去っていく。そして吉田は銀二にこの事を伝える。その頃、ロックはうなされており思い出されるのはバラライカに短刀を向けた坂東を逆にバラライカが首を絞め破壊と制圧にしか興味がないと言いへし折った光景・・・。そして雪緒も自分だけ陽のあたる道は歩く訳にはいかないと言い嫌いだった夜も認め自分が新組長になる事を決意し護衛役に銀二を命じる。

雪緒タン(;´Д`)ハァハァ。かわぇぇ。桑島ボイスもGJ。BLの良心だなwwそれが今週は・・・・・。それにしても高木渉は本当にチンピラ役が似合ってるな(笑)アカギの矢木も良かったしww
b0092485_383499.jpg
b0092485_384020.jpg
b0092485_384580.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-12-01 02:13 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON 第19話 レビュー

Aパート: ロアナプラのベニーと電話するロックとレヴィがいるのは新年の東京。レヴィはロックを心配して着いて来てくれたのだが銃がなくてごねていると話すと時間になり電話を切るロック。日本の雪を見てニューヨーク以来と話すレヴィだが、そんなレヴィに日本はどうかと尋ねるとナンパしてきた奴等に外人と連発されムカツク国だとぼやく。ロックの仕事はホテル・モスクワと日本の鷲峰組の交渉の通訳だった。鷲峰組若頭の坂東次男はホテル・モスクワと共同戦線を張れば怖いものなしと話し関東和平会は外人を締め出そうとしているとしホテル・モスクワ日本支部のラプツェフもそれで追い出されたと説明する。坂東が言うには鷲峰組は和平会に属しているが親の香砂会には多額の上納金を納め和平会にも尽くして来たのに鷲峰組が末席なのは我慢ならないと説明しバラライカは鷲峰組はホテル・モスクワの援助により勢力を拡大し我々は東京に拠点を作る、利害は一致していると答える。そして坂東はロシア組織の中でも実戦派であるホテル・モスクワに香砂会を抑えてもらえば和平会も断れないと説明するとバラライカは自分等は軍隊だと話し電話をし始める。そして都内で爆発が起きる。バラライカは香砂会のクラブを手始めに一軒爆破したと説明し「ホテル・モスクワの示威行動」であり「我々は・・・立ちふさがるすべてを殲滅する。その為にここに来た」とロックが訳すと気に入ったと笑う坂東。翌日、街は爆発で大騒ぎになっており「俺の国を戦場にしないで欲しい」とぼやくロックに最近ロアナプラじゃたいした騒ぎがなかったからバラライカは上機嫌だと笑うレヴィ。するとレヴィはお祭りに興味を示し射的で高得点を叩き出し続けカトラスがあれば3秒で店閉まいに出来ると話すが日本は世界でもドンパチのやり難い国で警察も賄賂が通じないと話しているとロックが遠い目をしている事に気づき家族とかいないのか?と尋ねる。ラグーン商会と出会ってもう1年、よく知る場所のはずなのに知らない場所のような気がしてきてとぼやき出来が良く省庁に入った兄と浪人して一般企業に入った自分、家族仲があまりよくなかった事を明かすロック。そんなロックに盗みも殺しもせず来てるんだから親が生きてるんなら連絡ぐらい入れろと忠告する。それを聞いたロックはラグーン商会と関わってんだからまともとは言えないと笑う。そしてレヴィは最高得点となる最後の1個を撃つも落ちず我慢出来ずレヴィは突いて落として賞品を要求するが店主は応じずレヴィが怒って英語で怒鳴り始めると店主も怒って言い合いになる。すると騒ぎを聞きつけた銀と呼ばれる男と少女が現れ仲裁に入る。
Bパート: ロックと銀二はレヴィをなだめるも聞こうともせずそこで少女はレヴィに甘酒を勧める。その後、不満顔で甘酒を飲むレヴィを尻目に少女と話すロックは少女の父がテキ屋で銀二は父の弟子で調停役も勤めていると聞かされる。ロックは少女にレヴィは日本人かと尋ねられ同僚の中国系アメリカ人でロシア人から通訳を頼まれて来たと説明する。少女と楽しそうに話すロックを見て不満気なレヴィだが、レヴィの後ろに座る銀二はレヴィの”犬”の目を見て堅気じゃねぇと察しレヴィも血と臓物の同類と答える。銀二はお嬢と呼ぶ少女を呼んで帰ろうとするとロックは帰り際に名を尋ね少女は鷲峰雪緒と名乗る。それからもホテル・モスクワによる紅砂会の襲撃は続きボリスからその報告を聞いたバラライカは、鷲峰組からの報告書の翻訳をロックに急がせろと命じる。そのやり取りを聞いていたラプツェフはバラライカを褒めるもバラライカは自分が尻拭いをしていると言いラプツェフは組織の面汚しであり遊び場の制圧一つすら出来ない、自分は早くロアナプラへ帰らなければならないと罵声を浴びせる。怒ったラプツェフにバラライカは金で上った人は印象が薄いと言うとラプツェフは「軍人崩れの牝犬」と叫ぶとバラライカはラプツェフの髪を掴みテーブルに叩きつける。そして自分はKGB崩れのクソ野郎だけは我慢出来ないと忠告する。祭りを監視する銀二の元に現れた坂東はいつまでこんな事を続けるのか?と問いシャブや女を売ったりするよりはましだと答える銀二。そして坂東はロシア人と組んで親を刺す計画を持っているがロシア人には義侠がないからこそ白鞘を握って「人斬り銀次」に戻って欲しいと頼むが銀二は雪緒の養育費は感謝するが坂東の言い分には仁義がないと言い拒否する。銀二は坂東の去り際にロシア人の通訳について尋ね坂東からガラの悪いべっぴんを連れた堅気と教えられる。その頃、ロックはレヴィの忠告通りに実家へ行って来ると言い歩いていく。公園で待つレヴィは待っててやるがコーヒーを飲み終えるまでだと呟く。レヴィは空を見ながら幼少時を思い出していると子供達のエアガンが当たり子供達からエアガンを取り空き缶を撃ち抜き子供達と遊ぶ事にwそして子供達のテレビのような倒れ方を見たレヴィは子供達相手に本当の倒れ方を実演する。その倒れ方を子供達はかっこ良くないと言いそこにロックが顔を出し顔を赤くしたレヴィはいつから見てたか?と尋ねると最初からと言い怒ったレヴィはロックを口止めしつつ親の事を尋ねるもロックは留守だったと答える。「何で帰えねぇんだよ・・こいつは。ここはこんなにもお似合いの場所なのに」とぼやくレヴィ。

第2期最後となる日本編。雪緒役の桑島法子は久しぶりに声聞いたな。種の邪教神ことフレイ様以来だ(笑)それに銀二役の梁田清之、坂東役の西村知道、バラライカ姐さん役の小山茉美と実力派揃いだwwしかも渋いwww声優トークになっちゃったけどまぁ内容としては話の冒頭なんで特に無いな。とりあえずはロックとレヴィが怪しい仲だと(笑)
b0092485_3255728.jpg
b0092485_326246.jpg
b0092485_326677.jpg
b0092485_3261157.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-11-17 07:05 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第18話「Mr.Benny's Good Fortune」レビュー

Aパート: レヴィとエダの連携によりシェンホアはダクトから落下する。エダが確認するとシェンホアのナイフのワイヤーで首を絞められ引っ張られるがレヴィが助ける。その隙にシェンホアは待機しているソーヤーに突入を促しレヴィが迎撃しようとするがエダに気をとられて屋根上への侵入を許してしまう。エダはシェンホアは囮で本命はソーヤーだと言いレヴィに助けに行くよう言いレヴィは銃を手渡しソーヤーを追う。シェンホアは再びダクトに登りレヴィにエダの命を引き換えに投降しろと叫びエダは気にせずやれと叫ぶとシェンホアはレヴィが屋内に居ない事に気づいていた。そしてシェンホアがエダに首を切り落とそうとすると背後の窓からレヴィが飛び出す。屋根上ではロックとジェーンに向かってソーヤーに近いづておりロックの提案により屋根の構造が脆い部分へ誘き寄せる。その頃、やっとラグーン号がロアナプラ沿岸へ近づくとダッチは艦ドックが炎上しているのを見て叫ぶ。レヴィとエダの二人から挟撃されたシェンホアはレヴィに向かってナイフを投擲するもエダの銃撃を食らい落下する。レヴィは屋根上へはソーヤーが梯子を切り落とした為、登れなかったのだ。炎上するドックの前に来たラッセルは命令はジェーンを捕まえる事だとクロードへ怒るとクロードはジェーンは屋根上に入ると語る。屋根上ではソーヤーは構造の脆い部分を避けて歩きながらしゃべり始め「いつもなら解体して終わりだがたまにはこんな仕事も良いもんだ」と掃除屋ではなく自分が先頭に立って仕事を出来る事を喜んでおり自分も喉首を切られたが生きていると二人を解体をしようとするもその時、爆発が起こる。ロックはジェーンにガソリンに引火したと説明しているとソーヤーは発声器を落とした事に気づき鬱病が発症しチェーンソーを捨てて暴れ始める。レヴィが駆けつけるとソーヤーはうずくまっておりそこでドックが崩落を始め皆が崩落に巻き込まれる中、レヴィの背後から現れた人物。「その命、貰い受ける。仔細あってこの狩りへ馳せ参じた俺の名は、ウィザード。ロットン・ザ・ウィザート!お前達に恨みはないが・・・」と言いかけた所でレヴィに銃撃され「あ」と間抜けな声を出しながら落下するロットン。そして倒壊した艦ドック。
Bパート: 奇跡的に全員生存しておりレヴィはラグーン号を確認し桟橋から乗り込もうとするも賞金稼ぎ達も追ってくるがダッチの援護により全員乗り込む事に成功する。しかしラッセルやクロードなど何人かの侵入を許してしまう。倒壊跡地で目を起きたロットンは重傷のシェンホアに気づき「決まってた?」と尋ねると「馬鹿の親玉にしか見えなかったからあの登場は止めた方が良い」と言いロットンはそんなシェンホアに防弾チョッキを着た方が良いと見せながら助言するもシェンホアは次はないと咳き込む。そしてロットンは「目の前で女の子に死なれるのは目覚めが悪い」とシェンホアを病院へ運び始め途中で倒れているソーヤーも回収する。その頃、エルヴィスはラッセルが帰還しない事に怒り宥めようとするロボスを怒鳴りつける。本国から兵隊を呼び寄せろと喚くエルヴィスに溜息を付くロボスの懐には銃が。甲板では銃撃戦が続いておりラッセルはクロード達にレヴィ達の始末を命じ内部へ入る。クロードは火炎を放ち始めダッチはレヴィに連中をロデオに乗せる、と言い操縦席へ向かう。内部に避難したジェーンとロックの元にベニーが現れると顔を赤らめるジェーン。ベニーは敵が居るからとりあえず自分の部屋へ避難してくれとロックとジェーンに告げる。レヴィとエダがロープを握った所でダッチは急ターンを始め次々と海中へ落下していく追っ手達だが、クロードだけが残っておりレヴィが担当しエンジンルームへ侵入したラッセルについてはエダが向かう。ジェーンはPCを紛失した事でロックと言い合っていると部屋にPCがある事に気づく。クロードの火炎放射器に苦戦するレヴィはダッチにもう一度ブルーライドを頼みエダとラッセルは原版を巡って銃撃戦を繰り広げる。ジェーンは二人に原版はネットにあるが管理者が死んだから取り出せないと説明するとロックはラグーン商会は教会から支払い済みだから良いが教会はそうはいかない、と。ジェーンはベニーにPCを貸してくれと頼み込むがベニーは即拒否する。しかしベニーは自分でいじる分には構わないと言い管理者が何をやってたか興味が湧いたと言い中学生レベルのものなら手間賃を貰うとパソコンをいじりはじめる。クロードはレヴィに観念して焼かれろと言い自分の妻も5分とかからなった、自分は肌の焼ける匂いさえ嗅げれば満足だと話しているとレヴィはダッチに合図を送りブルーライドが始まりレヴィは空中へ放り出されたクロードの腹部を銃撃すると火炎放射器に引火し爆発する。エンジンルームでもエダの勝利に終わっており銃を突きつけられたラッセルはエルヴィスを考えぼやいてるとエルヴィスはロボスが片付けると断言するエダ。サングラスの外れたエダの顔を見たラッセルはワシントンで見かけたと言い必死に昔の記憶を探りやがて”上院議員・ジャック・ボーナム”と思い出す。その頃、ベニーはパスワードの解析に成功し自画自賛しながら喜んでいるとジェーンは報酬としてキスをする。ラッセルの思い出したジャックについてエダは詳細に語り始めその女は他人だが、最後に自分の故郷はヴァージニア州・ラングレーだと言うとラッセルは「てめぇ!CIA!」と叫び銃声が響く。サングラスを着けたエダがエンジンルームから出てくるとレヴィに穴の開いたラッセルの帽子を見せる。

偽札編終了。。いやーロットンには笑ったwあんな賞金稼ぎいね~!クロードも最後は爆死かよ?それにしてもエダの過去にはちょっとびっくりした。。何?エダはCIAのエージェントなのか?でも上院議員ってたしな。。結構気になるよ。。さて、今週からは噂の日本編ですか。。
b0092485_1564153.jpg
b0092485_156463.jpg
b0092485_1565456.jpg
b0092485_1565999.jpg
b0092485_15751.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-11-12 02:11 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON 第17話 レビュー

Aパート: ロアナプラ・・・世界中の悪党共の中でも最も悪党らしいのが集まり東西冷戦の狭間に生まれ麻薬を影の武器と扱う大国の戦略を食い物に育ちあがった邪悪の都。この世の果て、矛盾の坩堝。破滅し生きながら既に地獄へ送り込まれてしまった魂を持つ人間達の住処。僕自身が生き延びているのは街でも名うてのラグーン商会の一員に名を列ねているからだ。イエローフラッグから出撃する賞金稼ぎチーム。エダの美味しい計画に胡散さを感じるロック、呆れているレヴィ。そんなロックをからかうエダに怒るレヴィに「ジェラシー」と笑う。そしてエダは計画を話は始めジェーンが泊まっている宿には今頃、賞金稼ぎ達が押し寄せており事前に逃げ道を確保してあるからジェーンは逃げる、と。しかしロックとレヴィがその計画に呆れて帰ろうとしているとそこを必死に逃げるジェーンが走り去りエダは計画通りに行った事を喜んでおりジェーン相手に原版と引き換えに逃走の手助けという交渉を開始する。ジェーンも背に腹は変えられぬと渋々要求を呑み込む。そこからは追跡して来る賞金稼ぎ共をレヴィとエダで相手にしつつ逃走を開始しラグーン号のドッグへ向かう。ラグーン商会とエダの参戦はすぐにシェンホア達に伝わりラッセルに賞金の値上げを要求する。しかしレヴィ達の実力を知らないラッセルは要求に怒り「腰抜け」と怒鳴るとシェンホアはここはフロリダではなくロアナプラだ、と威圧する。要求を呑めなければ撤収すると言われたラッセルは渋々、条件を呑む。レヴィはジェーンにラグーン号で逃走する算段を説明するがそこでロックはラグーン号がない事実を告げる。
Bパート: ラグーン号は飛び込みの仕事が入り出航したと教える。事務所でダッチと連絡をとったレヴィは、ダッチ達から帰港は可能だと聞き違約金は暴力教会持ちという事で結論に達する。その頃、ジェーンはネット金庫から金を引き出そうとするも情報を管理していた助手の死でパスワードがわからず・・・。帰航中のダッチはロボスと連絡をとっておりロボスはエルビス達とは同郷だが、彼等は田舎者という事に気がついていないと謝るとダッチは悪の洗礼が必要だと言う。会話を聞いていたベニーはダッチの「この街では誰もが悪党色に染められる」という言葉に自分とロックは例外だと思ってたと言うとダッチは俺は二人の底にある物に気づいていると笑う。その頃、事務所は賞金稼ぎ達に包囲され突入部隊が攻撃しながら突入するもレヴィ達は難なく突入部隊を一蹴する。しかしそこからは事務所に銃弾が降り注ぎロックはジェーンと裏口から脱出しようとするもそこにはソーヤーがおり死を覚悟するロック達だが棚を盾にする事で何とかソーヤーのチェーンソーを防ぐ。ジェーンはロックを放ってドックから逃げ出そうとするもそこにはクロードがおり火炎放射器で襲われる。レヴィの援護によりソーヤーは一度後退しエダは商会の売り物のロケットランチャーで集中砲火を浴びせていた部隊を追い払う。ロックとジェーンは屋根へ逃げ出しレヴィとエダは逃げ道を考えているとドックはクロードに焼き払われており逃走出来ず。屋根へ逃げ出した所でそこでおしまいだが敵はジェーンを確保する為、中へ突入してくる予測しているとレヴィは奇襲を受ける。何とか防ぐと相手はシェンホアだとすぐわかり相方のレガーチについて尋ねるとシェンホアは精神病院に入院してると言う。レヴィとエダはシェンホアがダクトに立っている事から正面へ誘き出しエダが仕留めるという作戦になる。そしてレヴィはシェンホアへ銃撃しダクトを伝って回避するシェンホアを撃つエダ。屋根へ逃げ出したロックとジェーンだが、ジェーンはこの状況に怒っているとロックは「黙れ・・・考えてるんだ」と呟く。

何だロットンはまだ登場しないのか。まぁ今週登場するみたいだけど。。レヴィとロックは順調にフラグたてしてるなぁ(笑)それがこの後のアレに繋がるのね。。
b0092485_129316.jpg
b0092485_1293680.jpg
b0092485_1294073.jpg
b0092485_1294667.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-11-03 04:22 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第16話 「Greenback Jane」 レビュー

Aパート: 偽札作りの期限を迫らされるも出来に満足しない女。しかし期限を迫る男達は造幣局を騙す訳でもなく予算も既にオーバーしているし幹部達からも急かされている、と。そして男は女に銃を向けるも撃ったのは横で女の助手をしていた男。そして男は怯えた女にタイムリミットを48時間に設定する。それから女は見張りの一瞬の隙を付いて逃走する。その頃、レヴィとエダは暴力協会で酒浸りでレヴィは事務所のエアコンが壊れたので逃げてきたが教会のエアコンも壊れていたのだ。そしてエダはロックの事について尋ねるもレヴィはロックをボロクソに言うがエダが聞きたいのは色恋の事で舌打ちして顔を伏せるレヴィ。そこに逃げてきた先ほどの女だが、扉の叩く音にイラついたエダが出ると女は教会に助けを求めていたのだ。そこに追っ手が来ていきなり発砲すると銃弾はエダの真横、貫通した弾はレヴィの酒に当たる。いきなり発砲した男・エルヴィスを宥める背後の男だが、完全にキレたエダとレヴィはその追っ手共に向け乱射し始める。すると新入りでエダの後輩であるリカルド(=リコ)も武器を持って参戦しようとするとエルビスをなだめた男・ロボスがレヴィに手違いだと謝罪するもキレていたレヴィ、エダに加えリコも乱射を続ける。その時、背後からヨランダが現れ教会で酒を飲んでいた事についてエダを叱責しつつ参戦するw4人から集中砲火を受けたロボスはエルヴィスを引き連れ撤退する。
Bパート: ヨランダ達から事情を求められた女は、追っ手はヌエヴォ・ラレド・カルテルで自分が依頼されたのは9ドル札の偽造。ヨランダに追われた理由を尋ねられると自分が仕事を請けたのは完璧な偽札を作れると聞いたからだと聞いたが連中には堪え性がなかったと。そこから偽札についての自論を延々と語る女。最初は黙っていたレヴィとエダだが、その話を打ち切り女はとりあえず2枚の札を見せる。レヴィが自信満々に選んだのは偽札の方だった。そして女は殺された助手が世界中に散らばる偽札チームのデータを管理するオペレーターで逃げてきた、と。事情をすべて聞いたレヴィとエダは女が悪いという結論に達するが女はあんたらには理解されないとわめき始めると銃を向けるレヴィ。ヨランダはレヴィが逃がし屋だと教え料金は偽札の原版で良いと言うが女は逆に自分に都合の良い条件を提示すると交渉は決裂。そして去り際に女に宿を紹介するエダ。女が去った後に金になる話だと喜ぶヨランダとエダ。エダはあの女の居場所の値段を調査し始める。病院に運ばれたエルヴィスは部下のラッセルに女・ジェーンの捕獲を命じる。夜になりラッセル達の呼びかけでイエローブラックには賞金稼ぎが集まり始めていた。そしてラッセルは集まった賞金稼ぎ達に賞金と女の顔写真を見せる。賞金稼ぎの中にはシェンホアもおり皆、よそ者で命令口調のラッセルに対し反発する。その時、後ろに居た女がぼそぼそとしゃべり始める。女は有名な掃除屋・ソーヤーだった。ソーヤーは新顔である奥の二人の男について指摘すると男達はクロード・トーチウィーバー、ロットン・ザ・ウィザードと名乗る。賞金稼ぎ達は二人の武器について尋ねるとロットンはマシンガン、クロードはライター型の火炎放射器だった。賞金稼ぎ達は次々と店を出て行くが統制がとれず勝手に行動する賞金稼ぎ達にイラつくラッセル。そして車を運転するロックと落ち合ったレヴィとエダだが、エダは「都合の良い事が起きる」と言いある場所に待機する。

ソーヤーすげぇ!チェーンソーで解体ですか?しかも1期に出てきたシェンホア、新キャラ・ロットンとクロードなど曲者揃い。ロットンはキョン、銀、祐一でお馴染み杉田智和だけど一瞬、石田彰かと思うような口調だった。意外。シェンホアも相変わらずあの飄々ぶりが良いな。話的には双子編より若干おもしろさは劣りそうだけど賞金稼ぎチームが気になるぜ。注:BLのレビューを書く時はwikipediaを参考にしてるんだけど偽札編がなくて苦労した・・・。
b0092485_19122759.jpg
b0092485_19123164.jpg
b0092485_19123614.jpg
b0092485_19124158.jpg
b0092485_19124579.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-10-29 03:26 | BLACK LAGOON レビュー

BLACK LAGOON TSB 第15話 「Swan Song at Dawn」 レビュー

Aパート: レヴィの提案でレヴィ対グレーテル、エダ対ヘンゼルで交戦状態に陥るもそこにホテルモスクワの部隊が追撃してきた為、双子は二手に別れ敵を混乱させつつバラライカの居場所を探る事にする。ホテルモスクワは位置を確認出来るヘンゼルのみをおびき寄せ最終作戦をボリスに命じる。一方でホテルモスクワの介入で収入0のレヴィとエダは双子の条件にのっとけば良かったと口論になる。しかし二人共、虚しくなり解散する。そして一人になったエダの背後からグレーテルが・・・。グレーテルはエダに銃を突きつけ一人になるのを待っていたと言いヴェロッキオ達を殺してしまったので信頼出来る逃がし屋を案内して欲しい、と。やがて夜が明け噴水前に座り込むバラライカの前に現れるヘンゼル。ヘンゼルはホテルモスクワは優秀だから一人も殺せなかったと軽口を叩き更に自分達が拷問で殺したメニショフの断末魔を聞かせる。しかしバラライカをそれを軽く受け流すとヘンゼルは斧を引き抜く。しかしバラライカは「あなた、ここでおしまいなのよ」と告げヘンゼルに死ぬ前に跪いて一連の事を詫びろと宣告する。しかしヘンゼルはそれを冗談としか受け取らずに入ると突然、足を撃たれる。突然の銃撃に倒れたヘンゼルは最後の力を振り絞って斧をバラライカに投擲しようとするも腕も吹き飛ばされる。大量出血しているヘンゼルは遠くのビルから狙撃兵を確認する。エサ場に飛び込み壊れた糞餓鬼のまま死ぬと宣告するバラライカにヘンゼルは自分達は一杯人を殺してきたから、殺せば殺すほど命を増やせる”ネバーダイ”と笑う。そんなヘンゼルに自分は責め殺す事も出来るが自分は死ぬまで眺める事にすると言いヘンゼルが死ぬまでの数十分をメニショフ、サハロフの鎮魂にすると告げるが顔を抑えるバラライカ。呻き声を漏らしつつ涙するヘンゼルだが、やがて事切れる。狙撃部隊を指揮していたボリスに「歳のせいか少し疲れた」と漏らすバラライカ
Bパート: その頃、グレーテルは海上のラグーン号で美声を披露していた。その歌声を天使と喩えるダッチとベニー。レヴィが依頼人であるグレーテルを監視、ロックは接待をしていた。歌い終え拍手をするロックにグレーテルはこの歌を兄様以外に聞かせたのはロックが始めてと無邪気に笑う。そしてグレーテルはロックの膝の上に座りロックは別の世界にいるみたいと笑い良い人だと言う。その時、ダッチにホテルモスクワから現在の行為の確認を求める電話が入り輸送にも多額の金を貰っていると言い「お互いやらなきゃいかん事をやるだけ」と返答するとレーダーにホテルモスクワの追手を確認する。ホテルモスクワが動かしたのはベトナム海軍でそれを避ける為に進路を変更し逃がし屋エルロイに任せる事を決定する。グレーテルはロックに海を見れないのが残念とぼやき生まれたのは岩山の中、見てたのはずっと灰色の壁ばかりだったと呟く。<とある独裁者が貧しい祖国に労働力を作る為に中絶を禁じたが貧しければ育てられる訳ない。大量の捨て子は国営孤児院に収容され秘密警察の供給源となり政変後は孤児達だけが残された>そしてグレーテルは闇の中で生きたくさんの虐待を受けたと話す。ロックは、世界の仕組みを語るグレーテルにヘンゼルが死んで悲しくないのか?と尋ねるとグレーテルはカツラを外しヘンゼルとなりいつだって姉様と一緒と言う。もう殺す事が悲しくないとむしろ、大好きだと言うヘンゼルの言葉を否定しカツラを元に戻し抱き締める。「世界は本当は君を幸せにする為にあるんだよ。血と闇なんて世界のすべてじゃないんだ」と泣くロック。するとグレーテルはロックのような優しい人は初めてだと言いお礼にとスカートをまくって秘部を見せる。絶句するロック。そして無言で部屋から出てきたロックの様子を不審に思ったレヴィは部屋に乗り込む。レヴィはグレーテルを殴りつけるとグレーテルは邪悪な瞳をし血と溝の匂いがする自分達は同じだと笑う。ロックの様子を見に来たベニーだが、ロックは泣きながら皆が双子を人食い虎にしたと激昂していた。そんなロックに「あゆうものを真っ直ぐ見るな」と冷めた声で言うベニー。それに激怒したロックは掴みかかるが「グレーテルは殺しをやめられない、誰かがほんの少し優しければ幸せに暮らせた。でもそうならなかった」やがて目的地に着きエルロイにグレーテルを引き渡すと「またいつか会いましょうね!今度は二人でランチ・バスケットを持って!」とロックに挨拶をし微笑むグレーテル。ロックが笑顔で応じていると突然、エルロイはグレーテルを射殺する。空を見ながら事切れるグレーテル。エルロイは息子がガンで多額の金が必要になりそこにホテル・モスクワから連絡が入った、と。逃がし屋失格と言ったダッチにこれが最後の仕事だと言い去るエルロイ。グレーテルの死体を丁重に扱おうとするダッチだが、ロックはグレーテルを見ながら「良いんだ、このままで。青い空を仰いで海を眺めて眠るんだよ・・・」

まじで泣けた・・・・。双子・・・・・(つД`)しかも最後のグレーテル(ヘンゼル)の結末とEDの双子.verには目頭が熱くなった・・・・。グレーテルは中の人の好演もあって本当に天使と悪魔を体現していた・・・・(つД`)双子編・・・・名作だったよ・・・・(つД`)
b0092485_234125.jpg
b0092485_234643.jpg
b0092485_2341126.jpg
b0092485_2341666.jpg
b0092485_2342075.jpg

[PR]
by wing00nana | 2006-10-22 00:32 | BLACK LAGOON レビュー


検索
最新のコメント
>>花鳥風月さん ..
by wing00nana at 02:01
>>とおりすがryさん ..
by wing00nana at 22:11
大獄はどちらかというとマ..
by とおりすがry at 23:20
>>烈火さん 初めまし..
by wing00nana at 06:16
>>姉キャラ好きです。さ..
by wing00nana at 06:13
新ガンダムついに来ました..
by 烈火 at 17:54
はじめまして、だいぶ遅い..
by 姉キャラ好きです at 02:50
最新のトラックバック
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
アマゾン ds psp ..
from アマゾン ds psp wi..
ウイニングイレブン 20..
from アマゾン ds psp wi..
サッカー スペイン代表 ..
from サッカー スペイン代表 メン..
サッカー オランダ代表 ..
from サッカー オランダ代表 メン..
サッカー ブラジル代表 ..
from サッカー ブラジル代表 メン..
サッカー アルゼンチン代..
from サッカー アルゼンチン代表 ..
最新の記事
以前の記事
ブログパーツ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧